大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
野党不利、そう持って行くのがマスコミ

【2016.06.27 Monday 20:14】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
三宅洋平さんを1眼レフで追いかける

東京選挙区から立候補の、三宅洋平さんの選挙フェスに行って参りました。

↑いづなもこの群衆のどこかにいます。笑 (山藤さまと仰る方のツィート転載させていただきました。)


三宅洋平さんの政策

1)原発即時停止
2)廃炉ビジネスの透明化
3)TPP入らない
4)教育の無償化(小中高大)
5)戦争よりも災害に強い自衛隊
6)基礎控除を38万から120万へ ベーシックインカム
7)破壊から再生の公共事業へ
8)R水素、小型風・水力などの地域発電を振興
9)生態系第一(憲法に生態系の権利を)
10)動物殺処分0
11)最低賃金の大幅引き上げ
12)オーガニック革命(有機、自然濃の推進)
13)1億万耕(農教育の制度化)
14)保育・介護の社会化の徹底


山本太郎議員、三宅洋平さん、応援トークに駆けつけて下さったSUGIZOさん(X−JAPAN、LUNASEA)




安倍首相の友達は言っている。
「国民主権、基本的人権、平和主義、これをなくさなければ本当の自主憲法ではないんですよ。」(第一次安倍内閣法務大臣長勢甚遠・ながせじんえん氏)
「国民生活が大事なんて言う政治は、私は間違っていると思います。」(稲田朋美自民党政調会長)


応援の山本太郎議員
「経団連は政府に消費税19%を要求。経団連の要求はみな実現して来た。労働者を使い潰す法律、日本の基幹産業を軍需産業にする。組織票と献金で政府を動かす。一般の人がつながらないといけない。命や生活の為に。」


新潟選挙区の森ゆうこさんも当ブログでは応援しております。
他、安倍政権の暴走を止める候補で応援したい人がいらしたらコメント下さい。
日に6千〜7千の方がご覧になるのでそれなりに効果あります。


【2016.06.26 Sunday 16:15】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
三宅洋平さん選挙フェスin渋谷

 


毎日東京のどこかで三宅洋平さんの選挙フェスが開催されていますが、毎週土曜日はコンサートあり演説ありの大きな選挙フェスがあります。

X−JAPAN SUGIZOさんもトークに参加されていました。
「音楽に政治を持ち込むな、と周りの人からよく言われる。はっきり言ってクソくらえだ。ベートーヴェンの音楽も社会と共にあった。」
一色紗英さんもチラシ配り?


7月2日、7月9日も夕方渋谷駅ハチ公前で大きめ選挙フェスがありますので、皆さまぜひ。


三宅洋平さんの政策

1)原発即時停止
2)廃炉ビジネスの透明化
3)TPP入らない
4)教育の無償化(小中高大)
5)戦争よりも災害に強い自衛隊
6)基礎控除を38万から120万へ ベーシックインカム
7)破壊から再生の公共事業へ
8)R水素、小型風・水力などの地域発電を振興
9)生態系第一(憲法に生態系の権利を)
10)動物殺処分0
11)最低賃金の大幅引き上げ
12)オーガニック革命(有機、自然濃の推進)
13)1億万耕(農教育の制度化)
14)保育・介護の社会化の徹底

 


【2016.06.25 Saturday 21:52】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
英 EU離脱へ 日本への影響

世界中が大騒ぎになっている英国のEU離脱問題。
日本も株価が1日で1300円も下がり、円が一時99円まで急騰した。
日本では国民から集めた年金を50%まで株につぎ込んでいる。
いったいいくら損害が出たのだ。

世界では、グローバルリズムへの反撃が経済、政治、戦争で活発になっている。
経済では、今回の英EU離脱、政治では米のトランプやサンダース、戦争ではISの台頭である。
グローバルリズムとは何か。
たくさんお金を持った人が(企業が)、世界市場から富を簒奪するシステムである。
富める者は更に富み、貧しい人が増大する。
そこでは、激しい弱肉強食が起こる。

英国の国民投票、「EU離脱」を支持したのは、庶民のみならず、政治的中立の立場を取る女王もまた離脱派だと新聞各紙が報じている。
残留派は、中流・富裕層が主だと言われている。
欧州にはたくさん移民が押し寄せ、英国でも移民と仕事を奪い合い失業する英国人がいる。
企業は安い労働力で長時間働く移民を使いたがる。

日本にも、そう言う主義を掲げる政党がある。自民党、公明党、おおさか維新、新党改革である。
彼らが掲げるポリシーは、新自由主義。

強い者はより富み、弱い者は切り捨てろである。
7月10日の参院選で、ぜひこの点選択基準にしていただきたい。

その参院選の世論調査が出ている。
自民党過半数、改憲政党で70台後半をうかがう勢いとある。
既得権益層をより富ませ、中間層以下から富を強奪するのが安倍政権である。
先日は90歳の高齢者に麻生財務相の、「いつまで生きているのか」と暴言が飛び出した。
なんでこんなものを支持するのか。
世の中不安定になると、よけい強い政権与党を支持する傾向がある。

いやもっと痛い目に遭わないと、国民は目覚めない。
どん底まで落ちないと気が付かないのが日本人の体質である。


英のEU離脱で、これまで強固だった英米連携が弱るのは避けられない。
EUの中で一人勝ちしているドイツの力が増すのは間違いない。
米国の次はドイツが世界の覇権を握るかもしれない。
しかし、特にその労働システムを考えた場合、非常に危ない国だとも私は思っている。
これはまた別の機会に書く。

今後日本はどうなるのか。
今まで、なんら生活に不自由しなかった人にも影響が出て来るかもしれない

 


【2016.06.24 Friday 20:53】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
三宅洋平さん選挙フェス高円寺

【2016.06.23 Thursday 19:42】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中