大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
AIが国会答弁下書き 経産省が実証実験
人工知能AIが、あと10年もすると、医師インターンくらいの仕事をするそうだが、
国会答弁の下書きも、経産省で実験していると言う。
日経の記事である。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF05H0D_V01C16A2EAF000/

官僚答弁なんて、AIで十分と言うことだ。
安倍の仕事なんて、今からでもAIで出来るのではないか。
国会議員が官僚が作成した原稿を、ただ読んでいたが、これからは人工知能で作った原稿を読むことになる。
国会議員、脳がいらないねぇ。今も使っていないけれど。
カジノ法案審議中、時間が余ったと言い般若心経読んだ議員がいたが、この先はAIがついでにお経も読んでくれるだろう。

この先、10年いや5年くらいでもコンピュータに取って代わられる職業がたくさんある。
もちろん失業者が出る。
職を失った人々が、どうなるか。 納税額も、資産も、健康状態も人間がコンピュータに管理されるそう遠くないうちに来る。
税金をがっちり取られ、いつどこの医療機関に行った、服薬している薬は?健康状態を把握出来れば、徴兵制はやりやすい。
権力を握る側の人間は、税金の安い海外のどこかで働かず不労所得で暮らす。これは今でもやっているか。

【2016.12.07 Wednesday 21:04】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
フライド里芋






どうにも固い里芋に当たってしまうことってあります。
これを、多めのオリーブオイルで炒め、塩を振ると大変美味しいです。


材料
固い里芋  適宜
オリーブオイル 適宜
塩 少々




作り方


1)里芋の皮をむき、水につける。
  引き上げる。


2)フライパンを熱し、オリーブオイルを入れ、1を炒める。
 ふたをする。
 柔らかくなったらペーパーをお皿に敷いて盛る。
 塩を振る。


【2016.12.05 Monday 14:39】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(2) | trackbacks(0)|
とある日のおうちランチ




野沢菜のおにぎり、明太子を芯に海苔のおにぎり、お稲荷さん、サラダ大根と海草のサラダです。
サラダ、かまぼこみたいに見えるのは外側がピンクのサラダ大根です。
ワカメ、玉ねぎ、くるみが入っています。
醤油麹ドレッシングがポイントです。


醤油麹ドレッシングの作り方 
材料
醤油麹 大さじ1
ごま油 大さじ2
めんつゆ 大さじ2 醤油麹がない場合はめんつゆを大さじ3
みりん 大さじ3
すりごま 適宜
酢  大さじ3


材料を混ぜ合わせれば出来上がり。
海草によく合います。

【2016.12.03 Saturday 20:32】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(2) | trackbacks(0)|
常夜鍋




毎夜食べても美味しいから、常夜鍋。
これがまた本当に美味です。
本当は、豚肉とほうれん草のみだそうですが、私はねぎだのキノコ、油揚げも入れてしまいます。
お酒にも合うし、おつゆを雑炊にしても絶品です。


材料 4人分
豚バラか、しゃぶしゃぶ用豚肉 400g
ほうれん草か小松菜1束
ねぎ 適宜
油揚げ 3枚くらい
きのこ 1パック
丁子麩 4個 なくても可
昆布 10cm
酒  おたま1杯
みりん おたま1杯
醤油麹 大さじ1
めんつゆ おたま6分目
顆粒出汁 少々
水 5〜6人用土鍋3分の1
豚肉下味用 すりおろし生姜と酒

作り方


1)豚肉はビニール袋にすりおろし生姜と酒を一緒に入れ、1時間以上置く。
 野菜を洗う、油揚げを細く刻む。丁字麩を水に戻し柔らかくなったら軽く水をしぼる。


2)鍋に水と昆布を入れ、加熱し出汁を取る。
 昆布を煮立つ寸前に引き上げ、酒、みりんをおたま1杯ずつ入れる。
 めんつゆおたま6分目、醤油麹、顆粒出汁も入れる。醤油麹はなくてもいいです。醤油麹入れない場合はめんつゆを少し増やし味見してください。


3)2で作ったおつゆが煮立ったら、きのこ、肉、野菜を入れて行く。
 煮立ったらいただく。
 
好みで、大根おろしやぽんずをかけても可。
そのままでも十分美味しいです。
お好みの具材で召し上がれ。

【2016.12.01 Thursday 20:25】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(3) | trackbacks(0)|
酒盗バーニャカウダ




オーガニックレストランで食べる、バーニャカウダソースが美味しくて、
家でも食べたいなと思い作ったのがこれ。
本当はアンチョビを使うのですが、酒盗があったので使いました。
塩辛でも美味しいです。

材料

・バーニャカウダソース
酒盗大さじ1
にんにく 1かけ
牛乳100cc
クリームチーズ 大さじ1.5〜2
塩コショウ 適宜

・お好みの野菜


作り方

1)野菜を洗う。ニンニクを芯を取り刻む。
  2)ふかし鍋に水を入れ、野菜、耐熱容器にバーニャカウダソースの材料塩コショウ以外をすべて入れる。
 バーニャカウダ用耐熱容器は、湯豆腐鍋の中に仕掛ける温かい醤油用ステンレス容器を使いました。

3)野菜が柔らかくなるまでふかす。
 ふかしたら大皿に盛り付ける。火傷しないように。

4)バーニャカウダに、塩コショウを適宜入れ味を調える。
 大皿にバーニャカウダの器ごと載せる。  


【2016.11.29 Tuesday 20:07】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(0) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中