大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
日本の、美の系譜



9月に、袋帯を新調しました。
上のオレンジ色のがそうです。
京都の西陣織で、京都の呉服屋さんで買いました。
琳派(りんぱ)と言われる意匠の帯で、本阿弥光悦、尾形光琳、俵屋宗達などの”美の系譜”を受け継ぐ作品です。




緑と金銀色の2つの帯は、今年の春買い求めたもの。
春から夏にかけて、茶道で散々しめたので、若干しわが出ました。
茶道や、クラッシック演奏会、仕事のパーティも時々着物で参ります。
秋の空気が澄んだころ、虫干ししたいと思います。



【2016.09.27 Tuesday 16:30】 author : いづな薫 
| 海外知ってこその和文化 着物 茶道etc | comments(0) | trackbacks(0)|
百日草


庭に咲いた百日草。
ジニアとも言いますね。
もちろん、微生物資材で育てています。
名前の通り、長く長く咲き続けています。
7月から11月くらいまで次から次へ咲き続けます。
バラを庭植えにし、鉢が空になったので代わりに種から植えたものです。

【2016.09.26 Monday 14:05】 author : いづな薫 
| バイオ園芸 | comments(0) | trackbacks(0)|
京都のパン



京都に行く用事が出来ました。
そこで、京都に行くと買ってしまうのが、進々堂のパン。
醍醐味と言う、普通の1.5倍ぐらいある食パンが美味です。
100年以上前、内村鑑三の門下生であった一続斉(つづきひとし)が「パン作りを通して神と人とに奉仕する」と言って
始めたパン屋さんです。

近代思想とキリスト教を学んだ一続(つづき)の進々堂、混じりけなしの粉とイースト菌の美味しさが味わえます。


【2016.09.24 Saturday 17:21】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(0) | trackbacks(0)|
京都の旅 養源院血天井



商用が出来たので、京都に行き養源院に立ち寄る。
秀吉側室・淀や、その妹で徳川秀忠夫人の江与、徳川家康家臣・鳥居元忠ゆかりのお寺である。

関ヶ原の戦いの3カ月前、徳川家康は上洛して来ない上杉景勝を逆臣として征伐すると言い会津の上杉攻めを始める。
秀吉、前田利家はすでになく、家康は天下の覇権をかけて戦に乗り出したのである。
家康は、上杉攻めにあたり、伏見城に畿内を守るためと称し、鳥居元忠ら1800名の家臣を残す。
家康の大軍勢が上杉にかかっているすきに、伏見城を攻めたのが石田三成である。
実際の総大将は宇喜多秀家、副将は小早川秀秋である。
4万ともいわれる大軍勢を相手に、1800名の鳥居元忠軍は死を覚悟しての防戦である。
伏見城は落城し、鳥居元忠らは討ち死にして果てた。

その時の血にまみれた床板が、この養源院の天井に供養のために張られた。
養源院はもとは、浅井長政の菩提を弔うため長女の淀が造ったものである。
しかし火災で焼失し、再建したのが長政3女の江与である。
豊臣がこしらえたものをすぐに徳川が再建することは出来ない。
江与は、鳥居元忠ら伏見常駐軍供養のため再建し、伏見城の床板を天井に張るということにしたと言う。

血天井は、養源院のほか京都に源光庵、正伝寺などいくつかある。
私はすべてお参りしたが、養源院のが一番形としてわかる。
没後、1カ月ほど放置されたため、手や足、顔など血の跡が床にしみついたのである。
鳥居元忠の倒れた甲冑姿、目鼻だちもうっすらと分かる。

だいぶ前、初めて見た時、鳥居元忠大将はかのようなお顔だったかと思った。
風化が進んだのか、以前来た時よりも薄くなっているように感じた。
合掌


【2016.09.23 Friday 19:40】 author : いづな薫 
| | comments(0) | trackbacks(0)|
ぼたんこしょう味噌


この野菜、ご存知ですか。ピーマンじゃありません。
信濃の伝統野菜で「ぼたんこしょう」と言います。
唐辛子の一種です。
長野県ではおなじみですね。
気温の低い所で育つそうです。



これが、激辛。
生で食べるともう辛いのなんのって。
触った指が一晩ヒリヒリしました。
あまりの辛さに、辛みの元の種とワタの部分を庭の害虫にくれてやるため、ホワイトリカーに漬けました。

ですが、油でいためてキビ糖(砂糖)と、八丁味噌、みりんを同量ぐらいずつ入れ甘辛みそを作ると、これが絶品です!
激辛はどこかに行ってしまい、ほのかな辛みと甘みがごはんやおかゆに大変合います。
ぼたんこしょうを、見つけたらぜひお試しください。


【2016.09.20 Tuesday 19:55】 author : いづな薫 
| 武将キッチン | comments(2) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中