大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
小龍景光


特に説明もいらない、超有名な刀。女子たちの間ではすごい人気です。
小龍景光。
長船景光作 14世紀 国宝
楠木正成が佩刀したことでも有名。

直刃に逆足の入った刃文で、景光の傑作。
表裏に棒樋が入り、表に倶利伽羅龍、裏に梵字が彫刻される。
小龍の名前は、この龍の彫刻から。

【2018.12.15 Saturday 09:35】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(0) | trackbacks(0)|
モバイルバッテリーの選び方


防災用に更に1個買ったバッテリーが届いた。アンカー社の品。
普段から、モバイルバッテリー持っている方は多くていらっしゃるが、今日は防災用のお話。
電気屋でもない私が、電化製品に関して書くのもなんだが、一消費者として今日は書きたい。

大地震が来たら、電気が止まる。
2011年3月の東日本大震災の時、あちこちで停電が起き、復旧した後も計画停電になった。
今年2018年夏の北海道地震でも停電が起きている。

私の友人の中には、1日2回(1回は2時間)の計画停電を経験した人もいる。
最初の地震で2日間電気が通わなかった人もいる。スマホがバッテリー切れ寸前で地震が起き、2日間電気もなければ、いつ復旧するかの情報も得られなかったそうだ。

スマホ充電できる役所や携帯ショップには長蛇の列。3時間待って30分しか充電器できない。
人口の多い東京ではこんなものでは済まない。
そんなわけで、災害用充電器を買うことにした。
冷蔵庫を7時間くらい動かせるのと、スマートフォン用である。

冷蔵庫用のはたくさん種類はないのですぐに決まるが、iphoneスマートフォン用は物凄く種類がある。
最初、ソーラーチャージャーを見ていたが、充電まで強力日光で75時間。あほか。
75時間たったら、電気復活しているわ。日照時間75時間確保してから使うってありえん。
だいたい、うちは、周りがタワーマンションだらけで、日光がさえぎられるのじゃ。
結局、室内のコンセントから充電するバッテリーを買った。
災害にそなえて、常日頃から充電しておくタイプ。
携帯用に持ちやすいのや、急速充電ができるのとか、充電器の充電時間も4〜11時間と幅がある。
見た目が可愛かったり、カラフルで綺麗なものもある。
見た目はどうでもいいんだ。
可愛いのに惹かれたけどね、災害時に可愛さなんて役に立たない。

10000mAhは、iphoneやスマホを2〜3回は充電できる。
20000mAhはタブレット用だね。iphoneスマホなら4〜6回充電可能。
4〜6回やっているうちに、電気復旧すると思うので、結局私は、軽量、充電時間を考えて、10000mAhにした。

私は、surfaceのタブレットパソコンを使っているが、非常時にこれ持って逃げないわ。600g以上あるし。

mAhの数字が大きいほど、バッテリー容量が大きい。
でも、使える電気はバッテリー容量のうち6〜7割程度。
容量が10,000mAhなら、6,000〜7,000mAhくらい。
買う方は、ご自分の充電したい機器の容量を調べてから買うと良い。
そしてバッテリーは使っているうちに少しずつ劣化していき、容量は減って行く。

過充電、過放電、過剰電圧を防止、自動電流最適化機能
出力温度管理機能、出入力ショート防止機能などの機能が付いていることが重要。

ノーブランドの急速充電器には発熱、発火、ときには爆発などのリスクが多く、怖い。

あと、重要なのが充電の速さ。
充電の速さに大きく関係するのが「A」(アンペア)である。1A出力ってのもあるけど、これはやめよう。
2A以上の電流出力がないと充電できない場合もある。

色々考えて、私はアンカー社の製品を選んだ。
急速充電にも対応しているし、軽く、安全性も高い。
日米、ヨーロッパでも1番人気のメーカーだ。

【2018.12.13 Thursday 09:00】 author : いづな薫 
| - | comments(2) | trackbacks(0)|
安倍首相、賞与603万円

安倍にボーナス603万払う理由ってなによ。
米国には高額武器買わされ、ほか海外にも巨額の金をばらまく。
大した審議もせず、入管法、水道法は可決。
大企業と公務員は約100万のボーナスが出ているが、多くの人は豊かになったのか?
豊かにならなかった人は、東京五輪や大阪万博のイベントでごまかされてね。ということかい。
子供6人に1人が貧困なんだろ。
これで、2020年改正憲法施行めざすと言っている。
何ってるんだ、こいつ。

【2018.12.11 Tuesday 10:16】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(3) | trackbacks(0)|
光忠


長船光忠 13世紀 重要文化財
長船光忠作

これも、特に説明のいらない超絶人気の名刀。笑
景光のじーちゃんです。長光のパパ。
光忠は、小板目の地鉄に、蛙子丁子(かわずこちょうじ)の交じった刃文を焼くのが特徴です。
華やかですね〜。
織田信長が、この光忠が大好きでたくさん集めていました。

私も、光忠好きです。

【2018.12.09 Sunday 09:41】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(0) | trackbacks(0)|
太刀 豊後行平(ぶんごゆきひら)


太刀 豊後行平(ぶんごゆきひら)平安時代〜鎌倉時代(12〜13世紀)
豊後行平作 東京国立博物館

小切先で、美しい立ち姿、当時の九州鍛冶に比べ、刃文が冴える。
行平は、豊後の国(現、大分県)で活躍した刀工で、英彦山(ひこさん)の僧鍛冶定秀(じょうしゅう)の弟子と言われる。

銘を佩裏に切ることでも有名。
豊後行平は、鶴とかの彫刻を刀身に残す。
独鈷など仏教関連でない彫刻を残すのは、この時代、行平以外例を見ない。

【2018.12.07 Friday 09:26】 author : いづな薫 
| 刀剣 | comments(0) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中