大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
おんな城主直虎「おんな城主直虎」
直親が殺されてしまった。
分かっちゃいるが、何とも無残。
直虎の曽祖父直平も、重臣中野、叔父さんの新野のみな、今川に命じられた戦で討ち死に。
成人男子がみな死ぬから、おんな城主が出て来るのだが。


直親の父は、家老小野の讒言により殺され、直親は小野の息子政次の讒言により殺される。
ドラマでは讒言ではなかったが、史実ではそうである。

今川義元が死に、従っていた国主が離反して行く。
松平元康は、織田信長との同盟を深め義元からもらった”元康”を改めこの頃、”家康”と改名している。
家康の嫡男信康と信長の娘徳姫との縁組み約束も交わされた。
家康は、今川を棄てたのである。

そんな中で、家康が内応を誘ったのが引馬城(ひくまじょう)の城主飯尾連龍(いいおつらたつ)である。
家康のいる三河国に一番近いのが、井伊谷城(いいのやじょう)の井伊と、引馬城(ひくまじょう)の飯尾連龍(いいおつらたつ)である。
殺された井伊直親が松平元康に誘いをかけられたとして、動揺するのも無理はない。
直親が、松平に内通したかどうかは史料では不明である。
今川が、離反する国衆を脅かすため、無実の罪を着せ、粛清したとも考えられる。

戦乱が起きようとする時、起きている時、冤罪は起きやすく、民衆もそれを支持するおかしな力が働く。
これだけは、間違いない。
森友事件で揺れる、今も今もそうである。

そして、引馬城(ひくまじょう)の飯尾連龍(いいおつらたつ)が今川氏真に謀反を起こした。
永禄6年(1563)12月のことである。
引馬口飯田合戦と呼ばれるものである。
今川氏真は、家臣の朝比奈、富士両氏に命じてこれを攻めさせる。
家康に組した飯尾を家康は守らねばならない所、三河で一向一揆が起きて引馬城を救えなかった。
結局、今川氏真の軍に攻められ飯尾は自害、落城している。
この時、反旗を翻したのは、引馬城(ひくまじょう)飯尾連龍(つらたつ)だけでなく、今川一門の堀川六郎と言う人物がいる。
この人も、自害している。
飯尾連龍と堀川六郎が謀反を起こした経緯について、「今川家譜」に非常に興味深い史料がある。
この謀反に、武田信玄が絡んでいるのである。
武田信玄は、「飯尾と堀川が手を組み、駿府(今川の御所)に攻め込めば、こちらも手を合わせ人数を遣わす。今川の館と、家督は差しあげましょう。」

「今川家譜」では、武田信玄の誘いに、飯尾と堀川がまんまと乗せられ、今川氏真に討取られたと言うことになっている。


この戦いの中で、井伊直平(直虎曽祖父)、重臣中野、叔父新野は討ち死にした。
この3人と、今川方として一緒に戦っていた人物に朝比奈備中守と言う人物がある。
朝比奈備中守泰朝(やすとも)、彼の家臣によって井伊直親は斬殺されたのである。

朝比奈は、今川の家臣が次々と離反していく中で最後まで氏真に付き従った。
そして、越後の上杉謙信にまで援助を要請している。

井伊には、これでもこれでもかと苦難が襲って来る。
中小の国主、時には大名にも少なからず、滅亡の危険を伴ったのが戦国時代である。
そうはなりたくないと、桶狭間を起こした織田信長、今川を裏切った徳川家康、少年時代床下に隠れていたこともあった軍神上杉謙信。

歴史の行く末を見分けることが出来るか、これは、現代人にも必要な技である。

【2017.03.27 Monday 11:59】 author : いづな薫 
| おんな城主直虎 | comments(2) | trackbacks(0)|
携帯水没
首相夫人付きの谷査恵子氏が、南アフリカに急に左遷されると言う情報がある。
これが本当なら、安倍晋三小学校の証拠隠滅に他ならない。

谷査恵子氏は、森友学園へ昭恵夫人の関与が疑われる中で、森友学園へFAXを書いた人物である。
昭恵夫人も、内容を承知していると言うあのFAXである。
このFAX、記者会見で菅官房長官がいきなり公開したが、直前まで、安倍首相らはその存在すら知らなかったと言う。
籠池氏や野党に先に公開されるよりは、衝撃が少ないと踏んだのだろう。
しかし、見つかった時、安倍首相は谷査恵子氏を呼びつけ激怒して、怒鳴り付けたと言う。

そして、ノンキャリの彼女が、南アフリカか南米に左遷されると言う情報がかけめぐった。

すべての罪と責任を、この女性にかぶせるつもりか。

籠池氏の証人喚問は、自公維新の偽証罪を取ろうとする姿勢、恫喝がやけに目立った。
いくつかのメディアにも出ているが、安倍政権はすでに検察と話をつけていて、偽証罪で籠池氏逮捕を目論んでいると言う。
口封じに、冤罪を作るつもりか。


昭恵夫人が、籠池理事長とメールを交わしていた携帯が急に水没したことになっている。
昭恵氏のFBによると、水没したのは昨年だそうだがその時も偶然なのか、故意なのか。
水没したって、データぐらいかなりの割合で取り出せる。
クライアントが削除しない限り、サーバーにメールは残っているが。
だいたい、水没しました、はいそうですか。で済む問題ではない。


偽証罪を問われる証人喚問で証言した、籠池氏に関わる事象なのである。
籠池氏に対する反論が、FBで行われたのも全くおかしい。

昭恵夫人は、「本当に私は普通の主婦、普通の女性だ」と強調しているそうである。
昭恵夫人の口利き疑惑は、森友だけではない。
あちこちそうした行動をしておいて、まずくなると普通の主婦づらするの無責任にもほどがある。
この国の主である、国民に対する背信行為である。




4月から使われる小学校の道徳の教科書で、「パン屋のおじさん」が登場する予定だった。
それを、「国や郷土を愛する態度」を学ぶのに「パン屋」は不適当だから、「和菓子屋」に修正させた。
道徳の教科書 初検定で出版社が修正を余儀なくされた。
しかも、感謝する対象をおじさんでなく高齢者にするため、お爺さんに差し替えている。


アスレチックの遊具で遊ぶ公園を、和楽器を売る店に差し替えた。
米山新潟県知事がこのことをコメントしているので、知事のツィッターをお借りしたい。





横文字、外来のものはだめ、高齢者限定で尊敬しろ。と言うもの。
いやいや、いづなそれは言い過ぎと思う人もいるか。
言い過ぎではない。
おい、正気か!?と私は驚いた。
森友学園に見た、戦前回帰にのような教育が一般の教科書で行われようとしている。


文科省の教科書検定なんて、何の役にも立たない。
何の役にも立たない連中が、偉そうに「不適切」とか言う。


9億円もの土地が、首相夫妻の口利きでタダになったりする疑惑、教科書の外来文化が不適切、昭恵の携帯が急に水没したり、よくこんな安倍政権支持しているな。
政治家が、国会でうそをついたり、不正を疑われたら他先進国ならお終いである。


【2017.03.25 Saturday 16:48】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
籠池氏証人喚問

 


籠池氏の元に、安倍昭恵夫人が100万円持って来た事実については、従来通りの情報である。
午後行われた衆院での証人喚問で、籠池氏は民進党の枝野幸男氏の質問に答えた。
相談後、昭恵氏のスタッフから届いたFAX(平成27年11月15日)には、「希望に沿うことは事は出来ない。」と書いてあった。
FAXを送ったスタッフとは、谷査恵子氏。この谷査恵子氏は、経産省から内閣官房への出向者である。 から届いたが、相談は昭恵氏とした。


安倍晋三小学校が建つ元国有地の定期借地権を10年から50年へ延長やに関し、工事費の立て替え払いの予算化など、安倍昭恵氏に相談していることを明らかにした。

1時間12分あたりから重要

ここ重要→相談した相手は、昭恵夫人。
スタッフの谷査恵子氏ではない。

枝野氏「にわかに信じがたい。安倍首相が従来おっしゃっていることと違う、大変重い発言。あなたの証言が事実と違っていたら偽証罪に問われる。」
籠池氏は「間違いありません。」

安倍首相が自分と妻は、森友学園と一切関係ないとして来た。
関係していれば、安倍は総理大臣首相も国会議員も辞めると言っている。

安倍夫妻が、明確に関与している事実が明らかになって来た。

 


【2017.03.23 Thursday 19:49】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(5) | trackbacks(0)|
共謀罪閣議決定
昨日、共謀罪法案が閣議決定された。
安倍は、ヨーロッパへ外遊中である。


昨日、職場近くで仲の良い仕事仲間とランチしていた。
安倍政権批判をしながら、私たちそのうち共謀罪で捕まるかも。
と冗談めかして言っていたが、
これが冗談でなくなる。


本当の犯罪を犯そうとしているのか、そうでないのか、事件が起きる前に見分けるのはかなり困難である。
しばらくは、国家権力は何もしないだろう。
でも、法律さえ作ってしまえば、濫用される恐れがある。
非常に怖いことなのだ。


ニュース映像で、テロ場面をまず流し直後共謀罪閣議決定を放送していた。
これ、ステマだろ。
だから、共謀罪が必要って宣伝以外の何ものでも無い。
ステマ:ステルスマーケティング。それが宣伝であると悟られないように宣伝を行うこと。


政府もマスコミも、共謀罪必要ともっともらしいことを言う。
沖縄で有刺鉄線を2本切った、住民運動リーダーを5か月以上も拘留した。
87歳の婦人が日本の心(現、自民党会派)の和田参議院議員ら右翼に暴行を働いたとして、名護警察署が事情聴取のため出頭させた。
和田議員らは、84歳の島袋さんに対して「弱者装い車椅子使っている!」と罵声を浴びせかけ無断で写真を撮り、払われた。
それで、和田議員が「暴力振るわれた!ひどーい!」って警察に掛け込んだのである。

もう一度言う、和田氏は国会議員である。
自分が恥ずかしくないのか。


国家権力が、住民を弾圧する。
この恐ろしい連中に、共謀罪を任せていいのか。


犯罪は、現行法で対応可能である。
不要な法律を作る、なぜか。
別に、目的があるからである。
日本は、本当に怖い国になっている。


明日は証人喚問放送あります。
NHKに電話、メールして下さった皆様、ありがとうございます。
私は、午前中見て午後は録画です。
午前中はtwitterにいます。


【2017.03.22 Wednesday 16:48】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
おんな城主直虎「さらば愛しき人よ」
次郎法師が、おんな城主になるには、井伊の成人男子はすべて死ぬと言うことよ。
直親も、その祖父直平も、殺されるか討ち死にする。


井伊の侍たちよ、若くしてまたは不慮にして皆、死にすぎた。
情報を集め、もっと上手く立ち回らないと命がいくつあっても足りぬ。


後の徳川家康、松平元康が、今川義元が死んだので、本拠地岡崎城に帰った。
これは、家康にとって実に賢明な判断。
元康は、岡崎城周辺だけでなく東に向かっても軍事行動を起こしているのである。
それが、やがて鵜殿長照(うどのながてる)の居城西郡上之郷城(にしごおりかみのごうじょう)にまで及んだ。
元康に攻められ自害した鵜殿長照(うどのながてる)は、寿桂尼の孫である。

そこで、報復として元康の妻瀬名と子供たちが殺されることになった。
今回ドラマ冒頭で、元康からの使者が来て人質交換を申し出たのである。
家康は、今川から寝返り、鵜殿の城を攻め、その子供を人質に取るようあらかじめ計画を立てている。
妻子を救出する手段を練っていたのである。
元康の今川寝返りは、今川家臣団に大きな動揺を与えたのは間違いない。
今川からは家臣団の離反が相次ぐ。

激怒した寿桂尼が、これまた孫の今川氏真をののしり、裏切り者をあぶり出し粛清しろ!と命じた今回。

そこで、次郎法師のもとに、お礼の使者の山伏が直親宛の手紙を持って来る。
差出人は松平元康、と書いてある。
ああーそれがうその手紙。

元康の元に走ろうとする人は多いのだから、粛清しようとする今川にも最大限の注意を払いましょう。

今川に、井伊が元康に内通したことがばれ、「直親、ちょっと来いっ!」となったのである。
史実では、小野政次が今川に讒言し、「直親、ちょっと来いっ!」となっている。
ドラマでは小野政次は、結構いい人に書かれていて、そのうち父と同じ道をたどる様に描かれる。

直親は、今川氏真の家臣で掛川城主の朝比奈泰朝(あさひなやすとも)に駿府への途中殺される。
直親は、本当に元康に通じていたのか。
これは史料がないので、不明。
直親が、本当に元康に内通してばれたなら、駿府にはもう行かないはずである。
では、内通していなかったのか。
それも、不明。
元康に通じることを予測した今川が、先に殺してしまったのか。


プチメモ。
うちのお屋形様はこの頃何しているでしょう。
信玄との最大の戦いであった、第4回川中島を終え、破竹の勢いで関東の諸城を攻略しています。
直虎らとさして年の変わらぬ謙信公、勢いが止まりません。
井伊が信濃あたりにいたならば、謙信公が助けてくれた可能性は高いですね。
井伊直親の没年と同じ年、謙信公の師であり当時最高の知識人(僧)であった天室光育も没。94歳。すごい。


3月23日の籠池氏の国会・証人喚問をNHKが高校野球のため中継しない、との情報が入りました。
先ほど、中継しろのお電話いたしました。携帯に番号入っています。笑
よろしければ、皆さまもお電話かメール、お願いいたします。
以下がNHKへのご意見サイトです。

https://www.nhk.or.jp/css/sp/



【2017.03.20 Monday 17:19】 author : いづな薫 
| おんな城主直虎 | comments(0) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中