大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
謙信公祭の入り込み“ガクっと”





今年も行って参りました、謙信公祭。
何度も言いますが、今年はあの麗しいお屋形さまはおわしませぬ。
昨年から比べると、約10万人減です。今回午後3時でこの状態。↑人影まばら。
夕方の行列は、7〜8割減ではないでしょうか。
例年、本当に沢山の観衆と素晴らしい望遠レンズがずらりと並ぶんですよ。
今年は、みんなレンズが小さいです。
望遠で撮ろうなんて思っちゃいない。笑
私も、2.8レンズは置いて行ったさ。

その午後3時、当のいづなは何していたかと言うと、謙信公好きの友人知人の皆さまとカフェでケーキとコーヒーを楽しんでいました。
その後、新鮮な美味しいお寿司をいただき、昼は手打ちそばとグルメ三昧。
越後は食べ物が抜群に美味しいです。
業務連絡:越後の美味を堪能させて下さったK様、G様心より感謝申し上げます。

全体に市としては祭は成功したと言えると思います。
でも、東京の駅にまでポスター貼るのですから、集客力のある謙信公は不可欠だと思います。
東京の非新幹線駅に謙信公祭ポスターが貼られていましたが、東京はローカル駅だって数十万の人が見るのです。
新宿だったら230万です。 地元の祭りと言うのが今年の主旨だそうですが、謙信公はネームバリューありますし、東京の駅で宣伝してしていたら地元祭りと言うわけに参りません。
いづな、上越に友人知人がたくさんいらして下手なこと言えない状態です。苦笑。
来年に、期待をかけたいと思います。




謙信公祭の朝、春日山地区で熊出たんですよね。
熊も祭見たいのでしょうか。
素敵な謙信公はいませんてば。

【2016.08.24 Wednesday 20:30】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(0) | trackbacks(0)|
謙信公祭いざ参る!

 

今年は、麗しい謙信公はいらっしゃいませんが、行って参ります。

謙信公祭にいらっしゃる方、よろしければメール下さい。


【2016.08.20 Saturday 21:53】 author : いづな薫 
| 謙信公祭り見参! | comments(6) | trackbacks(0)|
終戦記念日


稲田は、戦前軍部の亡霊か。
安倍のお気に入り稲田が首相になったら、国民の命が多数失われるのが現実化するかもしれない。
安倍政権を、選挙で勝たせると言うことはそう言うことだ。
だんだん戦争に向かうのでなく、あっという間に戦時中になる。
戦争とは無縁だと思っていた人も、予備自衛官で戦争に巻き込まれるかもしれない。

稲田にとって、”靖国は過去の慰霊施設ではなく、これから戦争で死ぬ人のための精神のよりどころ”と言うことである。
安倍や稲田だけではない。
安倍を含め、閣僚19人中15人が日本会議所属である。
前内閣の時より増え、より一層右傾化が進んでいる。

【2016.08.15 Monday 08:46】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(5) | trackbacks(0)|
ベルリンのブランデンブルグ門





夏休み、いづなの落書き。
なつかしのドイツ・ベルリンブランデンブルグ門の日没。
ドイツ好きの知人へ、私が描いてメッセージカードに作ったもの。

ドイツで日々学業に励んでいた当時、私にとって教会の鐘の音と授業、図書館が人生のすべてでした。
明治期にドイツに渡った、森鴎外や北里柴三郎の遠い後輩の隅っこに自分もいるのだと。
私と同時期、別クラスに60歳くらいの留学生がいて、うらやましいと思ったり。


あの日の情熱は未だ変わらず。


今も、生涯学び続けたいと思う私がいます。

【2016.08.14 Sunday 09:23】 author : いづな薫 
| 近況 | comments(2) | trackbacks(0)|
盛夏の帯留め



先日仕立てた青苧(あおそ)の着物に合わせた、夏の帯止めです。
手作りガラスと金箔のエンゼルフィッシュで涼しげに。
先日、茶道茶会に参りましたら、ギアマン(ガラス製品)でお茶を出していただきました。
お茶は熱いのですが、涼しげな風情を堪能しました。

茶会には、海外の方も結構いらっしゃいます。
この日は、中国、台湾、英国の方がいらしていました。

流ちょうな日本語、難しい茶道作法をこなす海外の方と、同席させていただきありがたく思いました。
お茶は、茶室に入り席に着きお茶をいただくまで10回くらいのお辞儀と細かい作法があります。
さらには、掛け軸の書、生け花、陶器、漆器の知識も必要です。
彼らはこれらを事前に知識を入れて来るのです。
外国語など言葉はまだしも、文化や作法まで深く通じるのは本当に大変なことです。

昨今の日本は国際交流どころか、排斥主義が蔓延し不寛容な世界が広がっています。
非難の対象は、外国人であり、障害者であり、その一方で日本は素晴らしいと叫んでいます。
そういう行動を取る輩が、日本の歴史や文化の良さを本当にわかっているとは思えません。

自分が、行きたいと思う国に行き、言葉、文化、歴史を学ぶ。
友人ができれば、それぞれのお国もとの話になります。
そして、自国の歴史文化の知識不足に気付くのです。
再び学び、更に友人知人は増えて行きます。
殻に閉じこもり排他的になるよりも、友達を増やすこと、それが地球全体の平和につながる道だと思っています。



【2016.08.09 Tuesday 08:29】 author : いづな薫 
| 和文化 着物 茶道etc | comments(4) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中