大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 越後・川中島旅日記 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
謙信公が越えた雪の三国峠
上杉謙信公が13回通ったと言われる関東進出、三国街道界隈を今回訪ねることにした。
昔は到底困難だと言われた”雪の三国峠”を、謙信公は越えたと言われている。
それをほんのわずかながら歩いてみたい、と言うことで雪山ハイキングをして来た。

東京は桜が終わったが、越後湯沢から近い三国街道あたりは積雪量1m。桜は5月中旬だそうだ。
同行したのは、登山上級者の友人K子ちゃん。ちなみに上杉軍ではない。

東京で計画は立てていたが、地元で危険の少ない経路を教えていただき、綿密に確認。
幸い、熊はまだ寝ている。
スノーシューを装着し、兵糧、サーモ水筒、地図などを背負い、ストックを持っていざ出陣。
心の中では、毘の上り旗が背中に立っている。笑 


道すがら、お地蔵様に道中の無事を祈る。



雪解けでどんどん川幅が広がる川。
陽が当たり空気が澄み、水のせせらぎの音に癒される。


上杉謙信と敵対関係にあったのは甲斐武田信玄だけではなく、相模の北条氏康もまたそうである。
謙信の好敵手であった北条氏康は謙信に感じ入り、「信玄と信長に表裏つねなく、頼むに足らぬ。 ただ謙信だけは、請け合った以上、骨になるまで義理を通す人物である。 だからその肌着を分けて、若い大将の守り袋にさせたいと思う。」と言った人物である。
そうは言っても北条氏康、もとより謀(はかりごと)巧みな戦国武将である。
彼は、謙信が雪で動けない冬になると、その勢力拡大を図った。

埼玉県比企郡吉見町に、松山城址がある。
ここは、北条と上杉が覇権を争った地点である。
謙信が越中出陣制圧にかまけている永禄5年(1562)、上杉方の拠点となっていた松山城を北条&武田計5万が包囲する。
松山城を守る上杉軍は少なく、越中出陣から春日山に帰ったばかりの謙信に、松山城の城代・太田資正(おおたすけまさ)から救援要請が届く。
謙信は人馬を休めた後、救援に向かうと約束する。
謙信は11月9日、姉婿である長尾政景に府内越後を任せ、同月24日越後を発った。
時は、冬である。
春日山城から、松山城に行くには雪の山越えをしなければならない。

豪雪の三国峠が、謙信軍の行く手を阻む。
他の武将なら、この計画は立てなかっただろう。
一体どのように、大勢の兵士を雪の中動かしたのか。仔細は謎である。
現在のように、整備された道路もなく人の力に頼って雪山を越えねばならない。滑落者も出ただろう。
川中島でもそうだが、謙信という人物は常人にはおよそ考えも付かないことを考え、成し遂げる。
12月16日には、上州沼田に着陣している。


450年後の私は、スノーシュー(洋式かんじき)を履き、歩きやすい道を探し、雪を踏み固め道を開いて慎重に登って行く。
柔らかい雪を踏み抜き、自分の体がすっぽり落下したことも。
目印の標識や案内板の上の方が雪から出ていたり、地形図と周囲の地形を比べたりし、樹木間隔や自分の勘も頼りにして歩く。

三国街道途中には貝掛温泉や、猿ヶ京温泉がある。
貝掛温泉は謙信の隠し湯と言われたところである。
猿ヶ京は、謙信公が、今日は猿の日か?「申が今日」で猿ヶ京と命名されたと言う。
猿ヶ京近くには謙信公逆さ桜もある。謙信公が春日山から持っていらした桜の枝を挿したら根が付き、460年経った今も花を咲かせている。

今回の宿は猿ヶ京より北の、貝掛温泉。謙信公の隠し湯に浸る。
お屋形さまが、将兵の疲れを癒すために立寄ったと伝わる秘湯である。700年の歴史があるそうだ。

美味なる夕食。お米はもちろんのこと、氷頭なます、生麩やふぐ、帆立の鍋物が美味。
海の幸山の幸豊富で、さすが越後。



温泉混合の池に泳ぐ錦鯉。暖かいので早く育つそうな。



翌朝、宿を出て越後湯沢から上越線に乗る。
駅長さんに歓迎される石打駅で下車。向かうは関興寺。
駅構内にプチ座敷とちゃぶ台。何で?と思ったが、関興寺から帰って来たらあって良かった。笑


屋根のない所は、雪に埋もれる石打駅ホーム。



関興寺も雪に埋もれる。関興寺は、御館の乱の時、戦災に遭い、伽藍が焼失。
関興寺に納められていた上杉家寄進の大般若経600巻を兵火から守るため、味噌の中に埋めた。
以来、この味噌をいただく者は大般若経のご利益にあずかることが出来るとされ、「関興寺の味噌なめたか」との言葉が生まれたと伝わる。
 
左:味噌なめたかの看板は「味噌」のみ見える。
右:夏の時期は、味噌なめたか、が全部見える。



左:お屋形さまの信仰を集めた浦佐毘沙門堂。
右:毘沙門堂後ろの浦佐城登山道入り口は、雪に埋もれている。積雪2m50cmくらいか。

【2012.04.16 Monday 16:22】 author : いづな薫 
| 越後・川中島旅日記 | comments(2) | trackbacks(0)|
雪の上杉ツアー中
CA3G0270.jpg
謙信公の厚い信仰を受けた、浦佐毘沙門堂最寄りの浦佐駅にて。
車窓から見える景色は雪と霧で真っ白。笑
駅で降り毘沙門天の旗に迎えられ和み中。

【2012.04.14 Saturday 15:22】 author : いづな薫 
| 越後・川中島旅日記 | comments(0) | trackbacks(0)|
越後の雪山
CA3G02670001.jpg
いづな只今、越後の雪の山中を行軍中。
三国街道沿いにて候。
かつては謙信公も歩いた道。
まだ1mの雪あり。
雪上で同行の友人K子ちゃんと兵糧を食しております。

【2012.04.13 Friday 11:49】 author : いづな薫 
| 越後・川中島旅日記 | comments(2) | trackbacks(0)|
お屋形さまの妻女山


忙しい時期なのですが長野出張がてら、お屋形さまが恋しくてちょっとだけ来てしまいました〜〜〜。
「妻女山」と「謙信鞍掛けの松」の左の四角が、何で”風林火山”なんだよ〜〜。毘でしょ、毘あ、大河ドラマのタイトルか?


菅おろし→内閣不信任案否決と、この期に及んで政局が混迷している。
内閣不信任案2回目を出すというふざけた案が、自民党に出ているそうだ。
(1度議決した法案などは、会期中に再審議できないと言う原則あり)
自然エネルギー20%を目指す、発送電分離を言い出した菅さんへの原発推進派の猛反発ではないかと言われている。
脱原発を叩くと世論の反感を買うので、”菅おろし”を隠れ蓑にして”原発政策見直し論、電力改革”を叩き潰そうとしている。

一方、老朽化原発を抱えた福井県、原発が古くなると安くなる税金を何とか課税して、電力会社から取ろうとしているらしい。
 電力会社は会社で、住民が不安に思う原発再稼動許可を取ろうとしている。
政府の「革新的エネルギー・環境戦略」には、「重要戦略」に原子力を明記。原発推進を堅持。
原発事故をおこした、自民(一部元民主)公明時代の原発政策に逆戻り。
これだけの事故が起きても、人命より儲け
私たち国民は、この悪しき有様をよく見て世論にして行こう。

せっかくお屋形さま関連のページなので、これ以上は日を改めて書く。

【2011.06.05 Sunday 20:53】 author : いづな薫 
| 越後・川中島旅日記 | comments(0) | trackbacks(0)|
上杉ゆかりの地なのに・・・

出張で長野に行ってきました。(昨日ですが)
買ってきたお土産です。
長野と言えば、そばと落雁じゃろう。
そして珍しく、酒はなし。
同行者がいたしなあー。苦笑。

移動中、川中島古戦場脇の道路を通り、心中雄叫びをあげながら、車窓からじーっと見る。

同行者A君(仕事関係者)、「どうかしましたか?」

いづな 「いや、何でもないですよ。(^_^;)」

A君 「今にも窓から、飛び下りそうな目付きしてますよ。」

いづな 「そっそう?!.... ( ̄□ ̄;)!!」

【2009.04.09 Thursday 22:15】 author : いづな薫 
| 越後・川中島旅日記 | comments(0) | trackbacks(0)|
上越の旅日記

謙信公祭の時に、春日山の隣・高田駅のホームでこんな素敵なプレートを見ました。
 ホームに嵌っていたのですが、点字プレートのようです。
電車を待つ間も楽しい、上越です。
 謙信公祭から早2週間、実に楽しいお祭りでした。
開催して下さった皆様全てに、お礼を申し上げたいです。
上越市役所の吉田さんと言う、超人気者もいらっしゃいましたよ、
大観衆を笑わせたり、一般の方と思えないほどの盛り上げ上手でした。
 
きのこブルー私信:上越のクニ様。御ブログに参り、コメントしたかったのですが、方法が分からず、足跡の残せませんでした。
すみませぬ。

 ぜんぜん話違うけれど、BMIってありますよね。
記事で読んだんですが、BMIが30超の人が、アメリカでは、32%、日本は3.2%なのでちょうど10倍だそうな。
 世界中で、「日本食=健康」の図式が出来上がるわけね。
日本食でも、4000cal食べりゃ普通太るわな。笑 

【2008.09.05 Friday 23:00】 author : いづな薫 
| 越後・川中島旅日記 | comments(6) | trackbacks(0)|
越後・川中島旅日記 戦国最強上杉軍!
虎穴電車撮影会で、興奮したため腹が空き、いづな「おやき」4個を平らげる。
「あ」はあんこ入り。あんことかぼちゃが特に美味でした。

妻女山方面へ電車で移動。
途中、「テクノさかき」の駅。

「さかき・坂城」とは、村上義清の居城のあった所です。
テクノさかきは、その隣の駅。
まりあさん 「村上義清が、増産されているみたいだね。ギュィ〜ンギュィ〜ンって。」笑


さて、やって来ました、妻女山!
第4回川中島、”越後の龍・我らがお屋形さま”が陣を張った所でござる!

秋の夕暮れにはためく、懸り乱れ龍と毘の旗。

妻女山を下山し、千曲川を渡って、合戦場の八幡原に向かう!!
うおおおー戦国最強上杉軍と同じコースだっ!!

いざっ、武田をぶっつぶせ!!!

我ら戦国最強上杉軍、まず、
鞭声粛々(べんせいしゅくしゅく)、川を渡らねばなるまい!

千曲川はどこだ!?
目の前にある。川はあるが、橋はどこだ?

地図にはある「松代大橋」が、見当たらない。
巨大な橋なので、見落とさないと思うのだが・・・。
戦国最強上杉軍、道に迷ったか!?
 
 しばらく行軍し、畑で大根を掘っていらした御婦人に道を尋ねる。


戦国最強上杉軍  「すみません、合戦場はどこですか?」

御婦人       「今いらした道を、戻らないとなりませんよ。」

戦国最強上杉軍  「えっ?」

この御婦人はとても親切な方で、私たちを車に乗せて、川中島まで送って下さると仰る。

御婦人      「今大根を積むから、待っていて。」
戦国最強上杉軍  「はい。ありがとうございます。」


ご好意に甘えて、戦国最強上杉軍大根”と共に運ばれる。

車で、千曲川を渡る。
我らの渡る小さな橋の向こうに、大きな鉄筋の橋が見える。
 
御婦人      「あれが、松代大橋ね。」
戦国最強上杉軍  「・・・あっ橋が、途中で切れてる!」

そーなんです。あるかのように書かれていた、松代大橋、建設途中で一部橋げたがありませんでした。
 
送って下さったこの御婦人に、厚くお礼を申し上げたいです。
本当に、ありがとうございました。

日も暮れた頃、川中島古戦場に着く。
石碑が建っているけれど、ライトアップもないので、暗くて見えない。
どれどれと近付いて、石碑の文字をを見る。

「・・・く、び、づ、か。首塚?!ひょおおおえ〜!」
なんまいだ、なんまいだ・・・。
 
 これは、三太刀七太刀の石碑。謙信の太刀を3回受けた、信玄の軍配に7箇所傷が付いたと言うアレです。
 真っ暗けっけでした。

この後バスに乗り、長野から新幹線に乗る。
帰りの新幹線の中でまた虎穴話で盛り上がり、
まりあさんに、「もう下車だよ。」と指摘される。

 いや〜楽しい旅でござった。
戦国最強上杉軍、旅先で出会ったご親切な皆様、そしてこれを読んで下さる皆々様に厚く御礼を申し上げます。

越後・川中島旅日記、これにて終了でござる。

【2007.11.22 Thursday 14:15】 author : いづな薫 
| 越後・川中島旅日記 | comments(4) | trackbacks(0)|
越後・川中島旅日記  謙信電車
春日山登城の翌早朝、長野の善光寺に詣でる。
目当ては、信玄&謙信のお位牌。
ふたつ仲良く並んで、立っています。
左が信玄、高さ117cm豪壮な感じがします。
右が謙信で116cm、細身で華麗なこしらえです。



善光寺で見つけたお守り。

左・情熱の赤が信玄お守り、右・紫が謙信お守りです。
”風林火山と、毘”のデザインは同じです。
信玄お守りは、SNさんといづなで買い、東京で待つ友人Iさんに贈呈。

善光寺を後にし、本日のメインイベント謙信電車を見に行く。
小淵沢―小諸間の小海線に、風林火山のラッピング電車が走っているのです。

12:09小諸駅に付く。
   止まっている電車があるが、謙信電車ではない。

12:42電車が来るが、またもや違う。

13:38電車が出発するがこれも違う。

   駅員さんに、「ラッピング電車はいつ来ますか?」と聞いてみる。

駅員さん「分からないんですよ。」

事前に、電話で問い合わせた時も、同じお答えでした。

 この日、妻女山に行く予定だったので、あまり電車ばかりにも時間をかけられない私たち。
仕方ない、謙信電車はあきらめるか・・・。
 
 妻女山方面行きの電車に、トボトボ乗り換える。
座席に付いていると、他のお客さんも乗って来て、発車時間が迫る。
その時、先程の駅員さんが、私たちの所にやって来て、

「当駅着13:53の電車が、ラッピング電車です!!」

「あっありがとう〜駅員さん!!!!!!」
駅員さんは調べてくれて、電車の中にいる大勢のお客さんの中から、私たちを探して下さったのでした。

”しなの鉄道・小諸駅の駅員さん”、ご親切深く感謝申し上げます。
どうもありがとう〜!!
 ビバ!しなの鉄道!!
しなの鉄道の駅員さんたち、ハンサム君が多いです。本当です。

 いづなたちは、13:53分の電車を待つことに!
この後、妻女山に行くため、その方面の電車の時間を調べる。

13:57分!!!!!!

うげ〜、撮影と乗り換えで4分しかない!!
でもそれを逃したら、妻女山は夢のまた夢〜。

失敗が許されない撮影に、私たち3人に緊張が走る。
いづな、カメラ動作を確認・・・大丈夫ちゃんと動く。

待つこと、1時間。
いよいよ、13:53分、”運命の電車”がホームの前方に現れました!

「来た来た、謙信電車だぁー!!

謙信がラッピングされているのは、車体お尻の部分だと調べてあったので、
その位置に、電車を追いかけホームを走る。
電車が定位置に停車し、ドアが開く直前1秒間位で、シャッターを押す。

その瞬間ドアがガラ〜と開き、なッなんと謙信様の上にドアが乗ってしまう!!
けっ謙信様が、見えないっ―!!!

ドアが謙信の上に乗り上げる。冷や汗SNさん撮影。
 
 いずれドアはまた閉まりますが、撮影&乗り換えが4分しかないので、撮り直しは出来ませんっ!!

ドアが謙信に乗っかかるとは、フェイントだったぜ!
全くいろんなモノにのっかられるよ、虎穴。

階段を駆け上がり、急いで、違うホームに停車中の妻女山方面行きの電車に乗り込む。
車窓をこじ開け、望遠を効かせて、時間の許される限り撮影。
ほんの1分程度で、電車発車。

以下いづな撮影、渾身の作品でござる。

ドアが開く直前に撮った、貴重な1枚。

以下、望遠で撮った謙信電車。



いや〜、燃えたぜ、虎穴電車!!


【2007.11.21 Wednesday 20:47】 author : いづな薫 
| 越後・川中島旅日記 | comments(6) | trackbacks(0)|
越後・川中島旅日記 Gackt謙信公
今日は、すごいです。
謙信公、お忍び旅でござる。

16日午後、SNさん、まりあさん、いづな、春日山城を下り、林泉寺に行く。
林泉寺の山門、春日山城の裏門を移築したもの。
謙信の時代の門です。

宝物館にて、謙信および上杉家ゆかりの品々を拝見する。

さてそこで、            
お寺の御婦人(たぶんお寺の奥様)に、耳寄りなお話を伺いました。
先月末、Gackt謙信様がこのお寺にお越しになった時のことです。

撮影用クレーンも用意され、何やら映像をお撮りになる。
仏間で出されたお菓子?を召し上がり、御滞在何と4時間半!
この御婦人からGackt謙信様に、「勝守」が贈られたそうです。

その「勝守」を、しげしげと見ているSN嬢といづなをよそに、
まりあさんが、七福神おみくじを引いたらしい。

まりあさん 「やったー!毘沙門で大吉だぁ!!」

いづな   「えっー!いいな!!!」 

SNさんも引く
      「おじいさんが出た・・・」(寿老人か?)
         
いづなも引く・・・

いづな    「大黒様で、大吉!」

御婦人 「Gacktさんも、大黒様で大吉でしたよ。」 

いづな 「そうなんですか〜。」

お守り&おみくじ販売所で、お財布を持って来てもらい、おみくじを引かれたそうです。
Gacktさん、おみくじを広げ、静かな澄んだあのお声で、運勢を読み上げられたとか。
ほほー、声を上げてお読みになるのね・・・。
読み終わり、丁寧にたたんで、お財布にしまわれたそうです。

林泉寺のおみくじ、中に小さな金色の大黒様が入っていました。

いづな   「毘沙門いいな〜」未練がましく、まりあさんの引き当てた毘沙門を見る。

まりあさん 「あげないよっ!」 

いづな   「林泉寺のいくつかのお守りも謙信公シャツも、
       偶然G氏と一緒なのよね。趣味似てるのかしらん。」

まりあさんの不吉な声 「赤い荒縄が見える・・・。」
          注:赤い荒縄、11/12日記ご参照下さい。

GacファンのSN嬢(やけっぱち気味に)
      「ゆっとくけれど、Gは趣味悪いよっ!」笑

悲喜こもごもな、おみくじ事件でござりました。


 お祭りの時は、Gacktさん大勢で謙信公墓所にお参りしていましたが、今回はお独りで参拝されたそうです。
 
ここは神聖な場所で、謙信公の御魂が降りて来ているようで、懐かしい感じがします。
と、Gackt謙信公はおっしゃられたそうな。

林泉寺墓地にある、謙信公のお墓

 打ち合わせで、マネージャーさんは何度もお寺にお越しになったそうですが、ご本人様来訪が分かったのは2日前だったそうです。
  
「警戒が厳しく、近付くのも難しいGackt謙信様で、陽に当たったら溶けるんじゃないかと思っていました。
でも、サインをお願いしたら快く書いてくださったのですよ。」
と、お寺のご婦人は仰られていました。笑

お寺を後にされる時、
ご住職様の90歳を超えた、お祖母様の手を握りしめ、

また、来るからね。

とおっしゃられたとか。

 ひ孫?の小さいお子様3人をも、撫でていらっしゃったそうです。
お年寄りと子供さんに優しく、モテモテな謙信公〜。

 暖かな気持ちにさせられた、小春日和の林泉寺でした。
楽しいお話をして下さった、この御婦人に御礼を申し上げたいと思います。

お寺のわんこ、プルちゃん。おなかが空いてやや不機嫌。笑
 




【2007.11.20 Tuesday 20:25】 author : いづな薫 
| 越後・川中島旅日記 | comments(2) | trackbacks(0)|
越後・川中島旅日記


先週末、春日山と川中島に行って参りました。
行った人→まりあさん、SNさん、いづな

いづな 「越後は雪の季節になるので、今年は今回が最後だな〜。」
SNさん 「行きすぎだってば!」

10時台に通いなれた春日山の駅に、降り立つ。快晴。
新潟は雨が多いので、晴れて本当にラッキーでした。

道路案内板にも”毘”の文字が!
警察車両、自衛隊にも”毘”の文字を見かけます。さすが!

登城する前に、埋蔵文化センターに『上杉謙信公企画展』を見に行く。
8月の祭り時に、謙信の白い愛馬がつながっていた所です。

謙信公祭りの映像が、ダイジェスト版で見られます。
あーいづな、写っているよ。笑。

埋蔵文化センターの、優しい笑みの謙信様


同建物内に飾られた、Gacktさんのサイン。
なぜか、”景虎”と書かれている・・・???


Gackt謙信公ご所用のペン。飾っちゃうとこが、すごい。

「謙信のお墓の前では、違う空気が流れている、あそこだけ。」と話しておられます。
もしかして、謙信とお話とかしちゃったのかな。
その不思議なお力、いづなにも分けて下さりませ〜。

埋蔵文化センターを後にし、いよいよ春日山へ登城。

城の正面玄関、大手道。
大手道脇の謙信公が飲んだと言う「御前清水」で、いつもの様に水を汲む。
山に上がる前に、荷物を少しでも軽くするため、低地の南三の丸で弁当を広げる。
昼食後、柿崎景家、上杉ちび勝などの屋敷跡を見て、頂上へ向かう。

頂上近くの井戸。今でもこんこんと水を湛える、直径8mの大井戸です。
周りの連山からサイフォン式に、水が押し上げられ、標高180mの春日山頂上に水が湧いています。
数十年前の調査では、柄杓やつるべが発見されたそうです。
水面に空が、紫色に映っていました。


春日山天守から見た、日本海。
同じく天守から望む、高田方面(南)

上越は、空が青くて本当に広いです。
この日は暖かく素晴らしいお天気で、とても遠くまで良く見えました。
現代の街が、城下には広がるけれど、海は変わらないはずです。
謙信の見た、青き日本海…。
そう思うとたまらない感慨が、こみ上げて参りました。

次回に続く…


【2007.11.19 Monday 22:31】 author : いづな薫 
| 越後・川中島旅日記 | comments(6) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中