大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 政治&時事問題 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
国民に知られたくない重要ニュース
貴乃花親方が辞めると、メディアが騒いでいた。
野球の広島が優勝したメディアが騒いでいた。
これ、そんなに重要なのか。
相撲に詳しいデーモン閣下にインタビューを、夜7時のNHKニュースで放送したのには正直、NHKのバカさ加減もここまで来たかと思った。

マスコミが大騒ぎしている時は、目を皿のようにして重要なニュースを探すと良い。
そう言う時は、国民に知られたくない重要ニュースが必ずある。
沖縄知事選が3日後に迫っている。
政権対基地反対派の接戦になっている。
以前は、ダブルスコアで基地反対派の玉城氏がリードと言われていたが、いやいや自民党の佐喜眞候補が猛烈に追い上げ接戦だ。

安倍とトランプが国連演説をしていた。
トランプの様変わりの北朝鮮評価と自国第一主義に、満員の聴衆から失笑が起きている。
安倍は、「金正恩と向き合い、拉致問題を解決する」と言ったが、会場は閑散としていて、誰も聞いていない。

これ、放送すべきだよね。NHKにしても民放にしても。
日本凄いとか馬鹿な番組やっている場合ではない。
安倍が、世界でどんな状況か国民は知る必要がある。

そうでないと、戦時中の大本営発表のように、勝っている、勝っているにだまされることになる。
だまされるのが悪い。
だまされたと言っている限り、何度でもだまされる。

【2018.09.28 Friday 15:26】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
安倍が続く。


安倍が三選した。
国会議員に、必ず投票で入れると言う血判状要求したわりには、自民党国会議員2割が安倍に造反した。
総裁選の直前、東京秋葉原で、全国から3000人を動員させて街頭演説を行っている。
もちろん、安倍に抗議する人々もたくさん集まった。

動員された人々の交通費は自民党から出て、参加許可証としてシールを持った人だけが、街頭演説会場に入れたり、 何だかもうごく一部の信者のための祭典のようだ。
そんな人間が、首相であり続ける異常さが恐ろしい。
総裁選で、安倍の得票は国会議員+党員で(329+224=553票)、石破が(73+181=254票)だ。
石破の党員票が結構伸びたな。
石破、45%得票している。
安倍一強はダメと考える党員が多いと見える。
次の安倍打倒の機会は、来年の地方選、参院選である。
安倍政権にとって、参院選は楽な選挙ではない。危ないと言っていい。
来夏の参院選は、自民党が65議席で圧勝した回で、その改選となる。
参院選がピークになる。
安倍政権を早く倒さないと、日本もどんどん崩壊する。
偽造、ねつ造、そして改憲へ突き進む安倍が3選されたのだ。

以前安倍政権は、地方選挙で負けていたが、最近そうでもない。
なぜか。
自民に入れなきゃ、国から予算出さないぞ!と恫喝しているのである。
典型例が、沖縄である。新潟もそうだ。
県民を恫喝して、税金を票に変えている。
やり方が汚い。

【2018.09.20 Thursday 19:39】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
地震、総裁選、沖縄県知事選

 


北海道では大きな地震があり、死者も多数出る被害が出ている。
安倍首相は、9月20日の総裁選にあたり、報道番組やネット中継で石破茂元幹事長との討論や街頭演説を中止、延期を発表している。
もともとやる気がなかったようだが、街頭で安倍反対派に意見を言われるのを恐れてのことだと思う。
実際、安倍首相が演説にするにあたり、安倍反対派が会場に集まる計画があったと言う。
以前選挙街頭演説で、批判され安倍首相が国民を「こんな人達!」呼ばわりしたことがある。
それはもちろん、国民の反感を大いに買った。

安倍首相は10日からロシア訪問を予定している。
プーチン大統領と首脳会談を行うほか、中国の習近平国家主席とも会談する方向で調整しているそうだ。
今この時期に、大地震に見舞われた日本を出て行く必要がどこにあるのか。

安倍首相は、自民党議員に自分を支持するようサインを要求している。
まさに血判書だ。
安倍の頭が、近代以前なのは知っていたが、本当に人を信用しないのだ。

安倍の対抗馬である、石破氏はこの際徹底的に潰されると思う。
もう2度と、総裁選に出て来れないのではないか。
おそらくテレビメディアなどは何も言っていないだろうが、安倍晋三、政治など預けて良い人物ではない。
危険人物である。

 

沖縄県知事選、希望の党は自公側に立つんですな。

支持率0%の政党なのでいなくていいんですけど。

 


【2018.09.09 Sunday 17:07】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | trackbacks(0)|
「正直、公正」を削除
自民党総裁選で、石破氏がスローガンに挙げた「正直、公正」を削除すると言う。
「森加計問題を想起させ、安倍首相への個人攻撃になる恐れ」があるからだと言う。
党内で、反発が強いと言う。
安倍は正直でも公正でもないことを自民党自ら認めてしまっている。
そう言う、後ろめたい安倍を支持し、くっついて行こうとする。
ただ、石破氏は安倍首相に勝てないだろう。
どちらが勝っても、たいして変わりないが。
今、自公に安倍と異なる意見言える議員がいない。

最近新聞で、森加計記事がない。
皆無と言っていいほどない。
テレビはどうか。
私はテレビをほとんど見ないため分からないが、おそらく同じだろう。

安倍首相は、自民党総裁選立候補を鹿児島で表明している。
大河ドラマで注目の西郷どん、鹿児島を自身への注目に使っている。
西郷隆盛と自分を重ねているつもりか。
インスタ映えももちろん狙っているだろう。
安倍は中身も何にもないのに、雰囲気を作ることだけは上手い。

これから沖縄では知事選挙が行われる。
故翁長知事の後継者、デニー玉城さんが勝つか、それとも自民の候補が勝つか。
下馬評だと、半々くらいの持ち票だそうだ。
翁長知事の弔い合戦になる選挙、辺野古が焦点であることは間違いない。
もし、玉城さんが勝ち、辺野古移転を認めなかったら強行するのは大変難しい。
安倍政権への影響必至である。
そしてこれは、来年の参議院選挙に多大に影響する。
参議院選挙では、自民は負ける可能性もある。
注目の沖縄知事選は9月13日告示、同30日投開票である。

【2018.08.27 Monday 09:46】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
終戦記念日で考えること


戦後73年経ち、戦争を実体験で語れる人がだいぶ少なくなっている。
そうなれば、歴史の記録に頼って、語り継ぐしかない。

日本がかつてアメリカと戦争したことを知らない人もいる。
自民党の杉田水脈衆議院議員は、「日本は400年間戦争していない。」と言った。
杉田議員は、「新しい歴史教科書をつくる会」の元理事である。
安倍首相は、戦前の日本に戻したい思想を持っている。

1945年3月11日、太平洋戦争の最中、東京大空襲が起きた。
10万人の人が亡くなり、27万戸の家屋が焼けた。
肉親を失い、焼け出された人々に、当時の小磯首相はラジオをこう述べた。
「敵は、今後ますます空襲を激化する。
 敢然として空襲に耐えることが、勝利の近道である。
 断じて一時の不幸に(肉親が戦争で死ぬことなど)屈することなく、
 国民が聖戦目的の達成にまい進することを切望する。」

もちろんあらゆるマスコミが、戦争をあおり、国民が生命財産をすべてを戦争に投入するよう勧めている。
これに盾突けば、非国民である。

この恐ろしい日本の過去は、過去ではなくなっている。
安倍政権は、日本を再び戦争する国にしてしまった。
日本が米国にくっついてどこかの国で軍事行動すれば、命を落とす人々や家を失う人が出る。
建物や水道、電気などインフラが破壊される。
戦争して壊した米国が、今度はインフラ整備で巨額の利益を得る。
作ってしまったら、破壊しないと儲からない。戦争してでも壊したいのが米国及び日本を含める巨大資本家の本音だろう。

福島原発で汚染された土壌を大きなビニール袋に詰め、沢山置いてあるのを皆さまもニュース記事などで目にすると思う。
その土を、国は農地に使うと言う。
税金による、巨額の除染費用を投入して集めた土なのに、国民の口に入る野菜の土に使うのか。
これに対して、批判の声が今大きい。

しかし、現政府の考えにしてみれば、巨額税金を使い、除染して、経済を回してやった。
国民の口に入れば、病気になる人が出る。
病人が増えれば、医療ビジネスが儲かる。

「日本国民は我々の家畜だから、病気させながら長生きさせろ」と
太平洋戦争当時の米国大統領トルーマンが言った。

米国のスタンスは変わっておらず、その犬であり続ける安倍政権も考えは同じである。

【2018.08.16 Thursday 11:52】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | trackbacks(0)|
太平洋戦争化する東京オリンピック

主権者国民に背任を働いた佐川氏を恩赦することは、以前より決めていたのだろう。
天皇ですら道具の安倍政権。






落合弁護士、ツィートお借りします。
大事な家族を残して命が尽きようとする無念さ。
これは、誰もが胸に刻まねばならないと思っています。


【2018.08.07 Tuesday 14:27】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
豪雨災害の一方、大臣議員は宴会、カジノ法案



西日本が災害で大変だと言うのに、国会はカジノ法案に躍起になっている。
「国民の生命財産を守る」なんて本当に空々しく聞こえる。
カジノではなく、国会で今やらなければいけないのは災害対策である。
豪雨災害起きている一方、安倍ら議員は東京赤坂で宴会。
カジノで人が死ぬか?その審議、今必要なことか?宴会はもっての外である。

【2018.07.11 Wednesday 09:59】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
森友、加計、W杯日本戦
加計孝太郎の記者会見がメディアを賑わしている一方で、ちょっと気になるニュースが流れて来た。
森友学園めぐる文書 昭恵氏付き職員から問い合わせが記載

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180618/k10011484191000.html

おそらく、加計孝太郎の記者会見はこのニュースをカムフラージュするためのものではないかと考えている。
さもなくばカジノ法案か。

昭恵氏付きの職員谷査恵子氏が、昭恵氏付きの職員が減額要求舌のではないかと言うものである。
共産党が独自に入手したその資料は、財務省と国土交通省が協議した内容が記されている2つの文書である。

1つ目の文書には、平成27年11月12日に近畿財務局の担当者と大阪航空局の担当者が協議したとするもの。
安倍昭恵氏付きだった谷査恵子氏から問い合わせがあったことが記されている。
そして、財務局が航空局に報告したとするもの。

2つ目は森友問題の調査結果をいつ公表するかと言うもの。
省庁間でやり取りした内容を公表するか否か、先月末財務省と国土交通省が協議したとするもの。

様々な実情を知る谷査恵子氏を早々と、イタリアに栄転させたのは、この秘密隠しではなかったのか。

大阪地検特捜部が、今年5月31日に佐川前理財局長らを不起訴にしている。
これは文書の内容と同時期である。
財務省は検察の捜査結果を受けて翌週の6月4日に調査結果を公表した。

共産党の辰巳孝太郎議員が、昨日6月18日の国会で「省庁にとって得策かどうかで行政文書の提出の有無が決まるのか。
改ざんを指示された近畿財務局の職員が自殺しており、財務局と理財局のやり取りを公表することがうみを出すことになる」と述べている。
更には、「官邸が法務省を通じて検察に介入しようとしていたのではないか?」とも聞いている。

安倍首相「架空の状況で、答えようがない」

加計孝太郎記者会見より、こちらの方が重大な問題をはらんでいる。

先進国で、首相に口利きしてもらうなんて絶対有り得ない。
全くもって恥ずかしい連中だ。

さて、W杯今宵は日本コロンビア戦。あまり期待しないで見るわ。
前回W杯けがで欠場した、コロンビアの主将ファルカオも出て来る。
だいたい南米勢はアジア勢に対しこれまで無敗。レベルが違いすぎる。
コロンビアは24年前のW杯で、対戦相手の米国にオウンゴールを献上した選手が射殺されると言う悲劇が起きている。
社会情勢の厳しいコロンビア、選手も命がけである。
平和な祭典であることを望んでやまない。

安倍がユニフォーム着ていて↓ 吐きそー。
https://twitter.com/AbeShinzo/status/1009011311391342592

【2018.06.19 Tuesday 17:30】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
新潟県知事選

新潟県知事選は、花角知事誕生で終わった。

花角候補には、福祉、防災、原発の選挙公約を守ってくれるよう望む。


選挙は負けてはいけない。負けたら意味がない。

しかし、失望している暇があったら次に進まねばならない。


今回の選挙で、60歳以上のシニア層が池田氏支持者が多く、それより下の若い世代で花角候補支持者が多かったと言う。

若い世代は、新潟県に多い土建関連の雇用を心配しているのだろうか。

私には、新潟の知人友人が幅広い年代でいる。

高校生から90歳くらいまでいる。


政治の踏み込んだ話が出来る親しい人は、皆池田さん支持である。

ふと疑問に思ったことがある。

私と政治の話をする友人知人の中に、幾人か、政治問題を世間や職場で「言っていいのだ」と言った人がいた。

私は少なからずこの言葉に驚いた。


原発事故の話をすることが、職場や社会においてタブーと言うことか。

それは、主に、脱原発がタブーと言うことではないか。


安倍政権が嫌う、脱原発や護憲もタブーにされていないか。
憲法改正反対を雑談ですら職場で言うと、浮いた存在になるとも聞いたことがある。

ある知人がいった。
「政治的なことは言わないことにしている。」

安倍政権は、日本国民を脅かす政策しかしていない。
これを止めることすら、タブーと言うことか。
何も言わない、言わせない風潮がどれほど民主主義にとって悪いか良く考えた方が良い。
政治を語るのは良くない風潮があるとしたら、そうさせているのは何かよくよく考えた方が良い。

新潟県知事選運動期間が始まる前に、友人が私に言った。
「新潟県は、土建屋が多いので女性知事は難しい。」

花角陣営の応援に来た長岡商工会会長が「女性知事はいらない」と言った。

私は、これまで、東京や欧州に住み働き、女性であることがハンディに感じたことはない。
それどころか、押し上げてくれるような素晴らしい人々に出会って来た。男女性別問わずだ。
これは日本では普通ではないのかもしれない。

ある地域へ、仕事で出かけて行き、何気なく土地の方と話したら軽くあしらわれたことがある。
私はめったにそういう目に遭わないので、それが差別だと気づくまでに時間を要した。
しかし、名刺を見せてこれこれこういう事情で仕事で来ていると言うと途端に扱いが丁重になった。

どこの地域でも言える事だが、知事など女性政治家が普通に出て来て、原発の危険性も普通に話せる社会でないと、 安倍政権のような政権がのさばり続けるだろう。
既得権益の代弁者が政治家である限り、一般国民は搾取される対象でしかない。

本来政治家は、苦労を知っている人がなるべきである。

安倍のような既得権益層出身で、且つ無知無能な者が真の政治家になれるわけがない。

安倍政権は、米国の植民地日本の代官である。
私の友人は、「安倍の首の皮がつながったと思うと耐えられない」と言った。

花角新・新潟県知事は、「将来的には脱原発」と言った。
それが、1000年後でないことを祈る。


【2018.06.11 Monday 10:02】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | trackbacks(0)|
決戦は明日

【2018.06.09 Saturday 19:41】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中