大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 政治&時事問題 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
選挙いろいろ


都知事選は、下馬評通り、小池氏が2位以下を大きく引き離し続投になった。
小池氏へ投票した理由に4年間の都政評価と言うのが多かったけど、小池氏は何も公約実現していないんだけどな。
有権者も、口から出まかせで投票したと言うことになる。

NHKのアンケート結果で、小池知事の素質で「弱者への共感」を持ち合わせていないとみている人が62%。
「リーダーシップがある」と見ている人は72%。
弱者への共感がなくリーダーシップが強いって最悪でしょ。

自公支持者、立憲支持者、無党派層と、小池氏に入れた人は多い。
2位以下何人か束にしても小池氏に届かないだから、計画練り直さないといけない。
小池氏人気は高齢者向けにはテレビで、若い世代向けにはSNSか。
小池のマスクが素敵程度で入れてしまう人もいるので、そりゃ安倍が総理になるわな。
Tiktokで、たまに安倍や小池が流れて来るが、ダンスを踊っていてこんなの見て支持してしまうのか。

で、次は衆院選。
早ければ今年10月?
自民党が独自調査で、次期衆院選で66議席失うと出て真っ青になり、衆院選を延ばすのではないかと言う情報もある。
山本太郎さんはすでに立候補表明している。
今度こそ、国政に押し戻したいが衆院選も相当厳しいとは思う。
小選挙区は、2人しか立たないので有効票の40%ぐらい取らないと勝てない。
太郎さんは、都知事選でどのブロックも10%くらいの得票率だった。
太郎さんは、弱者救済を掲げているが、実際東京都民の71%は現在の生活に満足している。
ここに食い込む必要があると私も思う。

太郎さんの個人商店のようなれいわでなく、幅広い人材が必要に思う。
立憲民主党に離党届をだして受理されない、須藤元気議員は、れいわにお入りになるのかしら。
美味しいお魚レストランも経営されているそうなので、行ってみたいです。

【2020.07.07 Tuesday 10:41】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | -|
コロナ対策よりGoToキャンペーンが大事な政府

東京でこれだけ蔓延しているのに、GoToキャンペーンって、国民を殺す気か。
無対策なら、東京は8月頭には1日に1000人感染者が出る試算が出ている。
コロナ重症患者が出たら、ICUやECMO(エクモ)など高度な医療設備が必要になる。
十分準備できる地域ばかりではないのだ。

米国では、トランプがもうほぼ再選はない。
トランプの犬である安倍も、一緒に早くおさらばしたい。
森加計問題、公職選挙法違反の疑いが強い”桜を見る会”の夕食会、集団的自衛権の容認、黒川問題、コロナ対策失敗、官邸SNSは電通社員と言う情報も出て来た。安倍反対派を中傷する、ネトウヨバイトを雇っているのもこいつらか。
言論・表現の自由を委縮させる行動を官邸自ら主導したことになる。
持続化給付金問題では、官僚と電通の癒着。
こんなことを、毎回毎回追及するため、税金で国会運営費1日3億円かけてやって来たのである。
(ツィッターで1億と書いてしまいましたが訂正します。3億円だそうです。)

よくこんな政権支持しているな、である。

【2020.07.04 Saturday 10:29】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | -|
東京の感染者数124人


このまま、経済優先させ、コロナ対策打たなければ、8月頭に東京は日に1000人感染者が出ると言う試算が出る。
今の所、対策は出ていない。このままいけば、感染爆発を日本は経験することになる。
東京は、2020年3月25日、小池百合子都知事が41名の新型コロナ陽性者が出たとして、「感染爆発、重大局面」と言い放った。
本日2020年7月3日、東京都の陽性者は124人に上った。
もちろん東京だけではない。
都道府県間の移動が自由な今、いくらでも感染する。
感染者が多ければ、当然死者が増える。
死者が多ければ、仏壇屋、葬儀場に連なる人がもうかり、葬式関連株が上がると言うこと。
7月1日の新聞で首相動静見ると、安倍首相がお仏壇のはせがわ重役と会食している。
別情報では、麻生グループが大手葬儀会社を買収したとな。
コロナ対策は遅いくせに、こういう事は恐ろしく速い。
国民の皆さま、ぼやぼやしていてはいけない。
目を皿のようにして、世の中見ていないと、自分の死ですら食い物にされる。


【2020.07.03 Friday 16:52】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | -|
なんたる傲慢さ。


今の所、新しいコロナ分科会の4人メンバーに感染症対策の専門家がいない。
疫学者もいなくて、国民をどう守るのか。
専門外のメンバー、政治家が感染症専門家の上に立ち、間違ったかじ取りをしかねない。
我々の命がかかっているのにである。
科学を信ずるに足らぬものと侮る、政府の恐ろしいほどの傲慢さ。
コロナは、安倍に忖度もしないし、被害を受けるのは我々国民である。
この4人のメンバーとスパコン富岳でコロナ対策に当たると言うが、いかにも安倍政権らしい思い付き。
みんなが知っている著名な学者(でも専門外)、久々に計算速度世界一になったスパコン富岳。
日本人のどうでもいいナショナリズムをくすぐる、「やっている感満載」のコロナ分科会である。


リモートワークのやりすぎで、自宅PCのマウスが故障。
Amazonでさっき注文したけど、早く来て。

【2020.06.30 Tuesday 11:47】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | -|
山本太郎さん新宿演説

【2020.06.28 Sunday 20:06】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | -|
山本太郎さんの葉書き書き中


太郎さんの公選葉書書いています。

都知事選なので、都民の友人知人だけですが。


リベラル派が太郎さんと宇都宮弁護士の二手に別れたのは残念です。

太郎さんは東京と言う1地方自治でなく、国政にと望む声も多いです。

私も太郎さんの最近の演説を聞きました。

彼はかねてより、いずれは総理大臣を目指すと公言しています。

しばらく米国支配下の日本は続きそうですし、そんなの到底無理と多くの日本人は考えると思います。

でも、米軍基地を追い出した国は世界でも多くあります。

日本より国力の小さな国でさえそうしています。

米国への隷属、安倍政権への従属を選んでいるのもまた日本国民です。

政治的に闘うより隷属搾取されていた方が楽なんだと思います。


米国軍事基地が沢山あり、占領下が続いているような社会です。そして、30年前と給与額が変わっていないのに消費税は3倍になりました。

物価も上昇しています。

今回、党派を超えたリベラル層を取り込める太郎さんが立候補したことは、長期的には意味があると考えています。



【2020.06.25 Thursday 11:05】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(3) | -|
100万人あたりコロナ死者、日本は中国の2倍
国会議員だけ、即200万振り込みっていったい?!
本当、バカにしています。国民の皆さま怒らなきゃダメ。

100万人あたりだと、コロナ死者、日本は中国の2倍もいる。
欧米に比べ軽微で済んだアジア・オセアニアの中では日本はワースト2位である。
欧米が重くて、アジア・オセアニアがなぜ軽微なのかはまだ分かっていない。免疫が既にあったとか、湿度温度の差とか憶測が流れるが、いまだ不明である。
今後の研究成果が待たれる。

噴火を沈める祭祀を行い、犠牲になったのだろうか。
この町長は自分の命と引き換えに民を救おうとしたのかもしれない。


【2020.06.15 Monday 10:41】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | -|
国民全員に接種 新型コロナワクチン巡る厚労省プラン


PCR検査数も少なく、アベノマスク配布も大幅遅延の政府が、ワクチン全国民接種に何でこんなにも拙速なのか。 利権だろ、利権。
ワクチンと言う、巨額利権。

感染や重症化を防ぐワクチンの実用化には通常、年単位の時間が必要である。
安全性を慎重に確認しなければならないからである。
ワクチン接種したことで、逆に悪化する場合もある。

ここまで拙速なのは、来夏の五輪を見据えているからだろう。
五輪の金儲けがとにかく大事。そう国民の健康よりも。
国民は健康を害してもそれはそれで、病院は儲かる。
自民党の支持母体は、医師会であり製薬会社だ。

安倍政権のやっていることは、巨大な牧場orいけすで養殖魚か家畜を飼っているように見える。そう言う扱いをしているように見えるのである。
もちろん入っているのは、我々国民。
病気が流行り出したから、まとめて予防接種する。

はたして、コロナ・ワクチンは安全か?とてもじゃないが信用できない。
あらゆるワクチンは、様々な危険性が言われている。
例えばインフルエンザワクチンには、水銀とかホルムアルデヒドとか。

国民の皆さま、ご自身やご家族の命を人体実験に差し出しますか。
国民全員で全力で拒否して下さい。

【2020.06.04 Thursday 14:26】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(2) | -|
ブルーインパルスと日本のコロナ対策が成功したわけではない話


このブルーインパルス、飛ばすのに何億円かかったのか知らないが、医療従事者に感謝なら 危険手当の方が良いだろうに。
安倍のやることなすこと、国民のためと言う”振り”だけである。
安倍は、納税する国民が減っては困るが、全ての生命、国民の財産を守る気は微塵もないと思う。

非常事態宣言解除の時の記者会見も噴飯ものだった。
”国民のため”と言うのがこれほど空々しく、うそ臭く、軽薄な人間はいない。

「わずか1カ月半で流行をほぼ収束させることができた。日本モデルの力を示した」と自画自賛していた。

日本モデルって何なんだよ。
世界では、日本の評価は高くない。
アジア諸国の中で、日本は致死率第2位である。
中国や韓国の方が被害を小さく抑えている。
抑え込みに成功した台湾は、日本の19分の1の致死率である。
日本をはじめアジアで蔓延したコロナウィルスは、コウモリのコロナウィルスに近い型で、欧米型よりも悪性度が低い。
明らかに、アジア諸国は欧米より今まで被害が少なくて済んでいる。
BCGを接種している国とそうでない国、という説も上がっていたが、さてどうか。 ロシアも接種しているが、被害甚大である。
補則:BCGは、結核予防ワクチンだが、結核が発展途上国で多いため、先進国では接種が少ない。


さて、今秋、冬、欧米経由の悪性度高い型が日本に入ってくる可能性があると疫学者は言う。
日本を含めアジア諸国では、第2波は激甚な流行となるかもしれない。
だいたいどこも、第1波より第2波の方が被害が大きくなる場合が多い。
検査数が少なく、市中感染が多い日本ではそもそも感染の実態を掴んでいない。
非常事態宣言で一時的に抑え込まれていたウィルスが、感染爆発を起こしても不思議ではないのである。
安倍は、収束したと明言し、コロナは終わり!の雰囲気だけ勝手に作っている。
こう言う風に言っておけば、バカな国民は遊びに出て経済を回すだろうと言う意図が見え見え。

ウィルスは、台風と違い過ぎ去ってしまえば回復するものではない。
対策を緩めれば、たちまち蔓延する。
日本は、欧米の被害状況を詳しく分析する必要がある。政府は、第2波第3波に備え立案しなければならない。

すでに、北九州市が第2波の最中である。
東京都も、ひとケタが二けたになり、今日は半月前の20人台まで戻ってしまった。

私は、以前もリモートワークを取り入れていたが、コロナを期に100%リモートワークに入った。
昔ながらの対面を重視し、リモートワークを渋る仕事相手もいる。
申し訳ないが、そう言うビジネスはすべて断ち切った。
この状況で方針を転換できなければ、一緒に仕事しても先はない。
私は家で国際間の会議もするし、平日日中、スーパーに出かけることもある。
通勤もないし、仕事関連の飲み会に付き合わされることもなく、快適。仕事がはかどっている。


【2020.05.29 Friday 21:13】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(0) | -|
黒川をめぐる一連の、安倍政権と検察の争い
東京高検の前検事長・黒川氏が辞任に追い込まれた。
黒川を任命した安倍内閣支持率が27%に落ちて来た。

この黒川、賭け麻雀の次は、韓国で買春したと文春に書いてある。
底なしにろくでもない奴である。
黒川氏は、検察庁法改正案と賭け麻雀事件がなければ、検察1になっていた人物である。

黒川氏が、賭け麻雀をやっていることは、今分かったことではないはずだ。
麻雀は相手がいるし、黒川氏が賭け麻雀をしていることは周囲はよく知っていたはずである。
それを、今回文春にリークしたのは誰か。なぜか。

リークしたのは、検察か官邸か。まあ、そこら辺であろう。
検察庁法改正案が今国会で成立できなかったので、黒川が邪魔になった。
だから、社会から消すために、文春にリークした。

賭け麻雀は法律違反である。
それを、検事である黒川がなぜやったか。
文春記事によると、黒川は常習犯である。

賭け麻雀常習犯であること、買春したことを弱みを握られていたか。
弱みを握られていたからこそ、黒川は政権の用心棒として働いたか。
黒川氏が不起訴にした事件は、小渕優子ドリル事件、甘利明口利き現金授受疑惑、森加計、福島原発に反対した佐藤元知事を贈収賄0円で逮捕などである。

黒川氏の事件は、実は、安倍政権と検察の争いでもある。
安倍政権は、政権に都合の良い黒川弘務東京高検検事長を検事総長にしたい。

すると、稲田・現検事総長(63)が邪魔である。
稲田氏は、まだ定年(65歳)まで2年もある。
しかし、安倍政権は、稲田検事総長に辞めろと迫った。
更には、黒川の定年延長を閣議決定した。
黙っていなかったのが、稲田現検事総長。
稲田氏検事総長は、安倍に抗い河井夫妻の捜査に着手したのである。

さて、ここで、贈収賄疑惑で良く出て来る、河井克行衆議院議員、河井案里参議院議員に触れねばならない。
夫婦で自民党国会議員である。

妻の河井案里(かわいあんり)参議院議員は、2019年の参議院選挙で初当選している。
この選挙の前に、案里と夫の政党支部に、自民党本部から合わせて1億5000万円が振り込まれている。
案里はこの金の出どころについて「違法性はない」と述べている。
しかし、1.5億円は、相場の10倍である。
自民党本部の金と言うことは、安倍総裁の指示であった可能性が否めない。
なぜ、河井夫妻だけ高額の資金が振り込まれたのか?
なぜ、10倍もの金が必要だったのか。
案里を当選させるため、金をばらまけ!、の自民党本部の指示ではなかったのか?

自民党本部が、買収のため1.5億円出したのなら、自民党本部、安倍総裁、菅官房長官らの幹部への捜査は必須である。

河井夫妻捜査にやる気満々なのが、現検事総長の稲田氏。
安倍は、稲田検事総長追い落としに失敗し、黒川も賭け麻雀で辞任に追い込まれた。
黒川の代わりに新しく、東京高検検事長になりそうなのは稲田氏派の名古屋高検の林検事長である。
こうしてみると、安倍政権と争いは、検察の勝利のように見える。

所がこの争いには、まだまだ続きがある。

安倍は、黒川を切り捨てて、河井夫妻から連座する追及から逃れようとしている。
河井氏在宅起訴になるか、逮捕になるか。捜査は自民党本部や総裁に及ぶのか。
官邸と検察の暗闘は、まだ続いているのである。


【2020.05.23 Saturday 21:12】 author : いづな薫 
| 政治&時事問題 | comments(4) | -|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto→東京

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中