大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人or直江兼続 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
関ヶ原と上杉家 1 
上杉家は関ヶ原で戦っていないのは、皆さま周知の如くだが、その社会状況と上杉家の密接な関係について、特集したい。

慶長三年(1598年)正月十日、上杉家は会津へ国替えになる。
会津は、昔、民を悩ませた洪水がほとんど見られず、盆地のため冷害も少ない、肥沃な土地であった。
 上杉家が会津入封の前、東北の要であったこの土地の殿様だったのが、蒲生氏郷。
 信長の娘を妻に持ち、妹は秀吉の側室、日本で初めて給料制度を始めた人物である。
 蒲生よりさらに前の城主が、伊達政宗である。
政宗時代、会津黒川を呼ばれた土地を、蒲生氏郷が、会津若松とした。
 彼は教養もあり有能な武将であったが、惜しいことに40歳と言う若さで、急逝してしまった。

 氏郷は、七層の若松城建設に踏み切っている。
地震にあったり、五層に改修されたりして、激戦だった会津戦争後の、明治7年に取り壊された。
 いづな、会津戦争後の砲弾でぼろぼろに壊れ、痛ましい城を写真を見たことがある。
 今は、鉄筋コンクリート製の復元だが、城の規模、古い石垣などから城の威容を感じ取ることは出来る。
 現在の会津若松城

 氏郷亡き後、その子秀行が継いだが、力不足と感じた秀吉によって、上杉家の会津移封が成される。
 石田三成が会津を蒲生家から受け取り、上杉家へ渡すと言う手続きをしている。
 同様に越後・信濃も、上杉から堀家に渡されたと言う、記録が残っている。(塔寺八幡宮長帳)
 豊臣家の強い意向を汲んでの、会津入封であった。

 しかし、この若松城、とんでもない欠点があった。
若松城は盆地の中に建ち、越後の山城のように、要塞と言える城ではない。
 城の南東1.3kmの小田山と言う、小山がある。
幕末の戊辰戦争では、まさにここから大砲が撃たれた。
新し物好きな鍋島閑叟(かんそう)じーちゃん(鍋島藩殿様)が買った、アームストロング砲が置かれたのである。
射程距離2000m超える砲筒で新政府軍は、どっかんどっかん
鶴ヶ城(若松城の後の名前)を爆撃してしまったのである。

兼続時代に新開発された大砲でも、小田山のように高所からなら若松城が射程距離に届く。
そんなわけで、景勝兼続は、新城建設に踏み切った。
若松城の北西、神指の地である。

 神指城(こうざしじょう)である。

【2009.09.12 Saturday 22:37】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(0) | trackbacks(0)|
座談会 関ヶ原
なぜ、上杉家は、前田家や伊達家の如く、徳川家に付かなかったか?

と言う疑問を、わが盟友今参り殿からいただいた。
この議題に付き、急きょ座談会を開きたいと思います。

赤りんご参加諸将

北条家軍師 今参り殿
上杉家御用絵師&同家官房長官 いづな

特別参加
  上杉家当主 上杉景勝
  同家執政  直江兼続


        ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

今参り殿
「自らの力で領土を勝ち取ってきた我らを、オヌシごときが束ねられるわけないずら…」みたいだった?な内府殿の台詞にビッ!ときました。


いづな
 主役側でないので、天地人ではあまり書かれていないけれど、内府の子供時代からジジイに至るまでの苦労は大変なものですよね。
 弱小領主の子に生まれ今川家で送った人質時代や、妻と嫡子を死なせてしまったこと。
そして、北条家の後に新領主として入った関東の領土問題がありますね。今参り殿、良かったらココんとこ、ご解説下され。
この時代の人は皆そうだけれど、家康の人生も、本当に艱難辛苦の連続です。
 彼の言葉通り、”人の一生は、重荷を背負って遠き道を行くがごとし”、ですね。

今参り殿
小さな子供を「跡目じゃ。よろしく面倒みてやってたも」と言われてもね。しかも側室に。


いづな
 毎度思うが、淀って頭わる〜い。
推測する限り、面白みのない愚痴っぽい人物。(菊みたいな奴か)

今参り殿
ただ秀吉の子というだけでまだ何の実績もない、そんな世襲は納得がゆきもうさぬ(歴史の話よ)。しかもこのままいくと、石田治部の権限が益々強くなりそうやし。秀頼を引き立てようというモチベーションは上がらないだろうなと、私は思っちゃいます。


いづな 貴殿に、激しく同感です!
     今参り殿のご指摘、至極ごもっともなり。
     正義だけでは、家はなくなります。

    このお答えは、当家執政筆、直江状に出ていると思います。
(当時使われていない記述があるなど、信憑性は研究余地がありますが。今参り殿は現在ご研究中。)

 しかし、次々と婚姻政策を進め秀吉との約定を破る家康が、
上杉家の築城や道を整えることを責めるのは、上杉家としては承服しかねたはずです。

 その時、景勝、兼続乱入!

景勝 「内府様の、誤解にて候。」
兼続 「てめー家康!約束守んない、おめーに言われたくないぜっ!



いづな 当家執政は口が悪くて、申し訳ござりませぬ。
 
   景勝には、前田利長のように秀頼の御付家老を放棄し帰国などと言う、落ち度もありません。
   浪人を集め戦準備をしていると言われても、「えっ、なにそれ?わかんな〜い。」と、
寝耳に水だったのではないでしょうか。
   現に、関ヶ原の一年前、国づくりに忙しい景勝が、徳川領のご近所を通り帰国するのに、
今いそがしいの、ごあいさつに寄れなくて、ごめんねー。」と、秀忠に宛てた手紙が残っています。

 察するに、諸大名を難癖つけて潰しにかかる家康と、景勝の関係が、その後1年の間に急速に悪化したと思われまする。
 御存じの通り伊達家は、上杉と領国を接し合い争う関係、家康も伊達の力を当てにしたし、子供同士が結婚と、伊達家には家康に傾く強い理由があります。

今参り殿
   越後に戻れるように、治部と相談でもしてたんでしょうか?なら分かるが。


いづな   治部との密約があったか否かは、確たる証拠が現存しません。
     しかし、三成と兼続・景勝は密に連絡を取っていたでしょうな。
     そして、徳川方により、敗者・三成の史料は徹底的に抹殺されたはずです。 
          
   天下は狙わずとも、混乱に乗じて、越後奪還は十分考えていたでしょう。    

    当ブログ以下のページでも取り上げましたが、兼続&娘寄進の奈良春日大社の灯篭には、
「合戦勝利と、越後奪還の願い」が掛けられていたと推測されます。

   http://cafe.kenshingen.fem.jp/?day=20090424 
   http://cafe.kenshingen.fem.jp/?day=20090429

    越後会津を併呑出来れば、とてつもない巨大勢力になります。
   まさに、家康でも豊臣でもない、第3の勢力です。

    謙信の示した「義」に生き、かつ政治的には越後奪還を目指した、これが家康に反目する原因だと考えております。

                             
  赤りんご 以上、お読み下さった皆さま&議題を下さった今参り殿に、感謝申し上げ候。

【2009.09.05 Saturday 16:06】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(0) | trackbacks(0)|
天地人後半のポスター


天地人の、新しいポスターが出ています。
色合いが秋らしくて、綺麗です。
後半主要キャラ大集合です。

お涼は、会津には行かないんでしたよね。
政宗、幸村はめちゃカッコいいです。殿いないっす。

【2009.08.12 Wednesday 06:25】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(6) | trackbacks(0)|
南魚沼日記2
癒しの上杉ツアー、またまた、やって来た雲洞庵です。



赤門をくぐると、有名な石畳。


この石畳の地下1mに、一石一字法華経を刻んだ石が敷き詰められています。
踏みしめて歩くと、ご利益があります。
踏んでもご利益を下さる仏教・禅宗の教えは寛大であると、説明版にありました。もっともなり。
往きと帰り、2回ずつ歩いて参りました。踏みしめすぎ?




兼続は、27歳の時初めて上洛します。
秀吉に請われ、景勝とともに京都に向かい、豊臣政権に組み込まれました。
 この同盟関係を秀吉は大いに喜び、陪臣である兼続にも、”山城守”の官名を与えました。
 兼続は帰国後、故郷の雲洞庵に制札を建て、山城守になったことをお披露目しています。
 上の制札(板)は文字が消えていますが、墨の跡が盛り上がり、現地で肉眼で見ると文字が見えます。
 雲洞庵でただひとつの、兼続直筆文です。


 

 景勝が雲洞庵から年賀のご挨拶をいただき、その返書。つまり殿直筆の年賀状。
例年の如く春陽の祝詞卯せ越せられ候 目出珍重に候〜うんたらかんたら〜と書いてあります。
殿から年賀状、欲しいですハート




 雲洞庵で買ったお守りをリュックに付け、道中の無事を祈り、次の目的地坂戸城へ出発!

【2009.07.18 Saturday 22:08】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(4) | trackbacks(0)|
上杉景勝、八王子城を攻める。


 今日は、サイトご常連兼お友達4人でお気に入りのドーナッツ屋で、おしゃべり。
行った人→今参り様、O様、ruca様、いづな

O様&ruca様(殿の中の人ファン)と、今参り様&いづな(コテコテの歴史ファン)と言う奇妙な取り合わせで、
お茶&食事をしておりました。

 落ち着いたホテルのバーで謙信や景勝と一緒に呑みたいとか、今生きている人のように語る、今参り様&いづなに、
O様&ruca様、しばし唖然そして笑。
 共通の話題は天地人を全員が見ていることのみ、たぶん、天地人がなければ、出会わなかった友人たちである。
 出会いは面白く、楽しい。
  
 そこで、八王子城によく行かれる今参り様より話を聞く。
八王子城とは、東京都八王子市にある北条氏照によって築かれた城である。
 上杉景勝がその八王子城を、秀吉の命により攻めているのである。
 標高445m、東西2km×南北1km、戦国屈指の山城である。
 天地人でも、次回出て来るかもしれない。

 氏照とは誰か?、あの三郎景虎実兄である。(父は北条氏康、氏政は長兄)

 1590年6月22夜〜23日未明、秀吉の命により、前田利家、上杉景勝&直江兼続らそうそうたるメンバーが
八王子城を攻撃した。

 城主北条氏照はこの時留守で、城を守っていたのは、横地吉信、狩野一庵ら家臣と、女性や子供の非戦闘員。
これに、前田・上杉勢1万5千に攻撃されたのだから、ひとたまりもない。
城は1日で陥落してしまう。
 氏照夫人など多くの女性や子供が、御主殿(城主氏照の館)の滝に身を投げ、小田原の役・最大の悲劇が起きている。
 7月11日には、小田原城にいた氏照も、御典医田村邸で自害。

 城が落ちた日は、太陽暦で今年は8月13日に当たるそうだ。
いづなが行きたいと言ったら、13日は避けた方がいいと、今参り様に言われた。
 北条の城が落ちた日なので、上杉勢は行ってはならぬそうである・・・。
っていうか、いづなは行ってはいけないかもしれない。 

【2009.07.16 Thursday 23:02】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(4) | trackbacks(0)|
料理好き伊達政宗


馳走とは旬の品をさり気なく出し、主人自ら調理して、もてなす事である。
by 伊達政宗チョキ


伊達政宗の料理好きは、有名である。
好きというより、和の鉄人の域である。

 人をもてなすのに料理はとても大切であり、それは主人の仕事である。

そう考えた、政宗は自分で台所に入り、包丁を握り、客に接待したそうな。
 客に出すご馳走を、メニュー、味見、配膳まで政宗が取り仕切り、その凝り性たるやいかにも、B型。笑

 政宗だけではない。
味噌が兵糧にも健康にも重要であるとし、長生きする研究を重ねた健康オタクの徳川家康もいる。
 当時、戦場では兵士たちは普通に料理したし、戦国時代版”男の料理”料理に関する関心
垣間見えて面白い。
 
 
 政宗は、「御塩味噌蔵・おえんそぐら(ごえんそぐら)」と言う、仙台城の一角に味噌製造工場までこしらえている。

 1593年朝鮮侵略の時、秀吉は大名たちに味噌持参の事を命じている。
しかし、大名たちが持って来た味噌は、暑さで腐ってしまった。
 しかし、政宗率いる伊達軍の味噌は腐りもせず美味しいままで、、他大名たちを驚かせた。
 保存方法まで、研究していたのであろう。
信憑性はイマイチの話かもしれないが、政宗が味噌を他の大名たちに分けてあげたそうだ。
 う〜ん、案外良い子な政宗くんハート


 現代も売られている、仙台味噌とは、この「御塩味噌蔵・おえんそぐら」レシピを元に製造されたものである。

 辛口赤味噌、いづなも大変好きで、常に家に買ってある。
コシヒカリで握ったおにぎりに付けると、そりゃー美味い!
米沢のウコギごはんに載せる焼き味噌も仙台味噌で作ったりする。
あ、おにぎりですが、仙台で生まれたササニシキでも美味しいと思いますよ。

【2009.07.13 Monday 20:58】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(6) | trackbacks(0)|
兼続&お船 たんぼでアート


兼続とお船を種類の違う稲で描いた、田んぼアートです。
場所は、山形県米沢市。
前田慶次郎ツアーをご一緒したお友達ビビアン様が、撮って送って下さいました!
秋には、稲刈りに参加するかもよ、とのことです。

【2009.07.10 Friday 10:26】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(4) | trackbacks(0)|
兼続&お船 たんぼでアート

兼続とお船を種類の違う稲で描いた、田んぼアートです。
場所は、山形県米沢市。
前田慶次郎ツアーをご一緒したお友達ビビアン様が、撮って送って下さいました
秋には、稲刈りに参加するかもよ、とのことです。

★2つ同記事がアップされていますが、機械上の不具合です。
 コメントが表示されなかったり、削除出来なかったりすることが、時々あります。
 こちらの記事がいただいたコメントが表示出来ているので、御覧下さい。
 ややこしくてすみません。

【2009.07.10 Friday 08:34】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(5) | trackbacks(0)|
天地人ドラマストーリー後編


天地人ドラマストーリー後編、ゲットしました。
みんなヒゲオヤジになっています。笑

兼続はきれいなお顔にひげで若おやじ、殿はCafeのマスター風、コーヒー入れてくれそうなお顔です。
兼続、幸村、小早川、三成のイケ面カルテットの対談がおもしろそう。
まだ読んでないですが、笑。
4人集まった写真が素敵ですよ〜。
与六&喜平次、元気いっぱいの対談も楽しいです。
謙信に、「わしのコになれ!」と言われた時は、喜平次くんまじグッと来たそうです。
謙信に言われりゃ、誰だってそうなるべー。

追伸
その1  慶次郎のけの字もありませぬ。
    前田慶次郎、36回までは出ませぬ。
    ただドラマストーリーは3冊目が出るので、37回目以降期待していいのやら・・・。

その2 景勝も兼続も、よく似たデザインの白い陣羽織を着ています。
    ”ツインズ越後”ですな。

【2009.07.09 Thursday 13:29】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(10) | trackbacks(0)|
天神山城 与七の城
今日は、与七が城主となった天神山城(てんじんざんじょう)について話したい。

読み仮名に、留意されたい。
富山県魚津市にあり、信長の魚津城侵攻の時、景勝ら救援部隊が陣を張った、てんじんやまと読む天神山城とは、別の城である。

与七の天神山城は、弥彦や、現・新潟に近い。
海抜234m、中世遺構がそのまま残っている。
尾根には空堀が複数配置され、春日山城と同じく、山城なのに枯れない水源・瓢箪池がある。

12世紀に、源頼政の弟頼行が、小国氏を名乗り、天神山に城を築いている。
14世紀には、新田義貞と共に足利尊氏を戦ったりもしている。
1554年には川中島にて、上杉謙信の家臣として武田信玄と戦った。
以後、京都から無事帰ってきた謙信に太刀を贈り祝ったり、1575年の上杉軍団の動員名簿には、与七の義父となった、小国重頼の名が見える。

 謙信の重臣として、小国氏はその名を留めていく。

1582年、与七は小国氏の養子となり、天神山城主になるのである。
禄高、9041石、かなりの大身である。
直江家と小国家、越後の名族に婿入りした、樋口ブラザース、彼らの才腕ぶりが伺える記録である。

【2009.07.08 Wednesday 22:20】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(4) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中