大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 サッカー | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
ドイツサッカー&レーウ監督


今年のW杯以来、サッカーのために早起きしてみた今朝のドイツVSロシア。

ドイツ国内の国際親善試合なんだけど。
ドイツがホームでロシアを3−0で下した。
前半だけで3点叩き込む快勝。

でも、今回の試合と日本時間20日のドイツの試合には、レーウ監督の首がかかっている。
W杯前回優勝のドイツ、今年W杯はグループリーグ最下位で敗退と言う目も当てられない状況である。同国史上初。おいおい。

その他、国際試合も負けが込んで、世界最高の監督と言われたレーウは、西ドイツ時代も合わせて年間黒星のもっとも多い監督になってしまった。(2018年10月時点)

今朝の親善試合とは別の試合なんですが、
今、ヨーロッパでは欧州サッカー連盟(UEFA)に加盟する国の国対抗試合が行われているのね。
それで、A組最下位なのよ、ドイツは。あーあー。
本日16日、その試合でオランダがフランスに勝つと、ドイツの最下位が決定しリーグB降格が決まる。 あーあー。

で、大問題なのは、レーウの首。
16日オランダが負け、日本時間20日ドイツがオランダに勝てば、レーウの留任は決まると思う。
が、あのオランダが2回続けて負けるかね。
負けるとしても、20日の試合は血みどろの試合になるのではないか。
レーウは、インタビューでは相変わらず朗らかなんだけど、負ければもちろん辞任論が再燃するわけ。
W杯敗退した時、辞任するんじゃないかと言われていたけど、サッカー連盟に必死に引き留められたんです。

辞任したら後釜がいないんですよね。
ドイツでは、ユルゲン・クロップ監督と言う人気のある人がいるんだけど、この人今英国プレミアリーグの監督です。
ボルシア・ドルトムントの元監督で、ドルトムント時代は香川君と相性良くて、香川君も大活躍していました。

他にもレーウをめぐって、スペインのレアル・マドリードと独バイエルンミュンヘンが争奪戦を繰り広げたこともありました。

レーウ監督は、若い選手の育成、巧みな戦術、選手のモチベーションを揚げることにかけて、世界最高の手腕を発揮してきました。
もう一度、彼が指揮した、手が付けられないほど強かったドイツチームを見たいなと思っています。

【2018.11.16 Friday 11:33】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(0) | trackbacks(0)|
サッカーの話


サッカーの話を書く。
私はサッカーファンである。
日韓W杯の頃は、スタジアムにも足を運び日本代表も盛んに応援していたが、
ドイツのファンでもある。
で、そのそのドイツチームのことを書く。

2014年のW杯優勝が、このドイツチームである。
当時はメッシやロナウドの全盛時代だが、そう言うスター選手も特にないのに、手堅くとにかく強かった。
ドイツに死角なしとも言われた。

そのドイツが、今や冬の時代である。
当時強かったスペインもオランダも芳しくないが。
2018年年月のFIFAランキングまでは1位で、今年のW杯も優勝候補に挙げられていた。
私も、ドイツかフランス、ブラジル、ベルギーのいずれかが優勝するのではないかと思った。
フランスは優勝したが、驚いたのはドイツ。
ドイツが、グループリーグ敗退してしまったのである。

ドイツ初のW杯グループステージ敗退…。
今年10月、ドイツ代表は、 UEFA(欧州サッカー連盟)ネーションズリーグでオランダに負けた後、レーブ監督は、朗らかにインタビューに答えていたが、 その後、対戦予定だったのは王者フランスである。

※UEFAネーションズリーグと言うのは、UEFA(欧州サッカー連盟)加盟国の大会である。
(余談だが、今年日本代表監督候補を決める時、ドイツ人のクリンスマン氏と言う監督の名が挙がったが、彼はレーブの先生である。)

そのフランスに負けた。王者フランスに。

11月16日に対ロシア、20日に対オランダがある。

ドイツのレーブ監督は、危機的状況にも希望を捨てていないようだが、これに敗れるとなるとまさに一大事。

レーブ解任論ももちろん出ているが、解任しても後釜どうするかって言う問題がある。
15人ほど候補がいるが、ドイツで大人気のユルゲン・クロップ監督は現在グのイングランドプレミアリーグのリヴァプールFCの監督である。
フランスのジダンや、元ドイツ代表のクローゼなんかも名も挙がるけどこれはない。
レアルマドリード監督を今春まで務めたジダンの声も上がるが、彼はドイツ語を話さない。
クローゼの名が挙がるのは何かの間違いか。
監督になるには、それだけの戦略知識も勉学も必要。
著名選手は選手時代が長いため、監督としてのスタートはそれだけ遅れることになる。

監督解任しても、あんまり変わらないと思うけどな。
選手が変わらないのだし。
私はレーブの戦略ファンなので、辞めてほしくない。
サッカーは、勝ち癖がつくと勝つし、負け癖がつけば負ける。
本番になると、しぶとく勝って来たドイツチームだから、挽回して欲しいと思っている。

ヨーロッパ各国の対抗試合は、ともすればW杯以上にレベルが高い。
現在FIFAランク50位の日本にとっては、およそ雲の上の話。

【2018.10.28 Sunday 14:02】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(0) | trackbacks(0)|
W杯日本ベルギー戦


引き続き今回のW杯を楽しむことにする。

【2018.07.03 Tuesday 08:40】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(2) | trackbacks(0)|
史上初ドイツグループステージ敗退



なんと、前回王者のドイツがグループリーグ敗退してしまった。
ドイツのメディアは、歴史的大惨事だと伝えている。
サッカーは、先に点をとると勢いがつく。一戦め勝っても同じだ。
前回王者ドイツ、初戦でまさかの黒星スタートだったが、第2戦めではスウェーデンに終了間際に劇的勝利。
ドイツは、何度もゴールを試みるもののゴールに嫌われる。
後半アディショナルタイム3分、韓国がキム・ヨングォンが押し込みゴール。
更に3分後にもカウンターからソン・フンミンが無人のゴールに流し込み勝負あり。
ゴールキーパーのノイヤーがおらん。
結局、韓国が2−0で勝った。
しかし、韓国も同じグループリーグのスウェーデンがメキシコに勝利したため、3位で大会を終えた。
王者ドイツは最下位に転落。
1986年、16カ国による決勝トーナメント方式に変更されて以降、同国史上初めてのグループステージ敗退が決まった。

確かに今回のドイツに、前回W杯のような華々しさはない。
手のつけようがないほど強かったドイツ。
それでいて、謙虚で対戦相手にいつも敬意を表すレーヴ監督。世界最高の指揮官と言われて来たが。
私はこの指揮官のファンである。
とりあえず今夜の日本戦を応援する。

【2018.06.28 Thursday 08:04】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(2) | trackbacks(0)|
W杯ドイツスウェーデン戦


今朝未明のドイツスウェーデン戦、熱狂したー!
私はフィギュアスケートなども生で見に行くが、やはりサッカーは熱狂する。

フィギュアはどこか芸術鑑賞に似ているがサッカーは闘いのスポーツだ。フィギュア選手も自分と戦っているが。
で、今朝方の試合である。
途中ドイツがイエローカード2枚で退場。
日本コロンビア戦で、コロンビアが開始3分、レッドカード退場で最後まで優勢に立てなかったのが頭をよぎる。

いやこれ、ドイツ負けたらグループリーグ敗退なのよ。
優勝候補のドイツが!
敗退したら、今回試合見られないじゃないの!
レーヴ監督も見られないじゃないの!実はレーヴファンだったりする。

試合終了間近アディショナルタイムもあと何十秒で終わりだって言う頃、ドイツに㍙入った。

左サイドの角度のないところからのFK。
クロースが蹴ったボールがサイドネットに突き刺さった。
本当に土壇場で勝ち点3を奪った。
手に汗握ったです。
今夜は日本セネガル戦、応援します。
W杯のNHKテーマソングがお通夜みたいだと不評。確かにそう。
私は、前座もハーフタイムもテレビ消し試合部分だけ見ている。

【2018.06.24 Sunday 20:11】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(2) | trackbacks(0)|
日本代表、コロンビア戦で金星


試合始まる前までは、正直勝てると思わなかった。
ぼろ負けするのではないかと予想した。
開始3分で、コロンビアがハンドでレッドカードで1発退場。
強豪とは言え、コロンビアが一人足りない10人でのプレイを強いられる。
ひとりの守備範囲が広くなり、長く走らなければならなくなる。

日本は11人。
開始6分で、香川がコロンビアレッドカードによるPKに成功。
極めて、極めて貴重なW杯先制点を叩き込む。

中盤、コロンビアに1点返されたが、再び大迫がヘディングシュート。
決定打になった2点目が入る。

南米勢を初めて破ったアジア勢になった日本!
H組では、日本がコロンビアに勝った。
F組では、世界ランキング1位のドイツがメキシコに負けた。
サッカーは何が起こるかわからない。
日本勢は最近低迷期が続いたが、また強くなって欲しい。
私はユニフォームを着て、スタジアムに足を運ぶサッカーファンだった。

久々にサッカーに熱狂した。
ありがとう日本代表。
2戦、3戦も応援する。


【2018.06.20 Wednesday 10:59】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(0) | trackbacks(0)|
W杯スペイン、ポルトガル戦


4年ぶりの熱狂のシーズンがやって来ました。
ワールドカップ、ロシア大会。
今朝方のスペインポルトガル戦を早速見た。

午後9時で気温24度湿度74%?。
場所はロシアのソチ。
ソチと言えば、前々回の冬のオリンピックの土地ではないか。
結構蒸し暑い。
スペインポルトガルの選手たちは、湿度と温度で、ひとりで長い距離走らない。

1点目は、Cロナウドのペナルティーキックから得た。
開始3分、C・ロナウドがドリブルで仕掛けて、ペナルティーエリア内で倒されPKを獲得。
これをC・ロナウドがゴール右に決めた。
巧妙だねぇ。
33歳の彼は、全く年齢を感じさせないけど、ロナウドをW杯で見るのは最後かもしれない。
よ〜く見ておこう。

スペインも、直前監督交代が日本と同様に起きた。
それでも、やはり技とチーム力は凄い。
ボールをずっと持っている。

まだまだ決勝まで1ヶ月あるが、どこが優勝するかな。
ロナウドはポルトガルの中で、ひとりだけエンジンが違うので、優勝争いにチームが加わるかどうかとなると難しい。
サッカー関連メディアは、優勝候補はドイツ、ブラジル、スペイン、フランスだとあげている。
私は、ドイツかブラジルのどちらかを予想する。

18日0:00にはそのドイツが出て来る。
ドイツの試合は全試合見るつもりである。

【2018.06.16 Saturday 09:26】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(2) | trackbacks(0)|
アジアカップ 日本対パレスチナ
結果はメディアに出ている通り、4:1で日本が初戦を勝利。
今となっては、スポーツの結果ぐらいが大マスコミを信用する時である。

パレスチナに、アジア1位の日本は勝たねばならない。
パレスチナは、チームを仕立て大会に参加するだけでも大変だろう。
欧州の覇権を争う、UEFAユーロならそのままW杯レベルの試合が見られる。
アジアはそうは行かないが、劇的な試合や中東の笛の不可思議さから気になる所は多い。

今回日本はDグループに属している。
日本、パレスチナ、イラク、ヨルダン。
政治的に見ても大変な国ばかりである。
日本は、無知無能の首相が独裁状態だし、パレスチナはイスラエルとそのバックにいる米国の攻撃にさらされる。
イラクもまた米国と戦争し、今はまたイスラム国問題で大変な地域である。
ヨルダンは、砂漠地帯なのに日本が水の冷却が必要な原発を売りつけようとしている。

前回4年前のアジア大会では、GK川島選手がレッドカード食らい、李選手の虎の子1点を守って優勝したのも覚えている。
波乱も劇的シーンも満載のアジア大会。
今回はどんな試合を見せていただけるのか、楽しみである。
 

【2015.01.12 Monday 19:38】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(0) | trackbacks(0)|
アジアカップ2015inオーストラリア
                                             

そうこうしているうちに、サッカーのアジア杯が近付いて参りました。
日本はDグループです。
日時と対戦相手は以下です。時間は日本時間です。

1月12日(月) 16:00 D 日本 -  パレスチナ 
1月16日(金) 18:00 D  イラク  - 日本 
1月20日(火) 18:00 D  日本 -  ヨルダン

初戦、パレスチナなんですね。
チームを仕立てて、試合に出て来るだけでも大変でしょうに。



【2015.01.06 Tuesday 20:34】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(0) | trackbacks(0)|
ネイマール劇場
                                              

風邪を引いたネイマールに、4得点された昨夜の試合。

「10.14 国際親善試合 日本0-4ブラジル inシンガポール」は、ほとんどネイマール劇場だった。
プレーを楽しみ、終始ピッチで遊んでいるようなネイマールに翻弄される。
役者を揃えて来たブラジルチームと、国際経験の浅い選手中心の日本代表との差を見せ付けられた。
そのブラジルも、W杯では大敗するのだから世界のレベルは凄い。

今回の試合、来年1月のアジア杯に向けた選考だと言うが、果たしてこれで良かったのか。
4日前のジャマイカ戦は、オウンゴールで日本が1−0で勝った。
ジャマイカはFIFAランキング100位、日本は48位である。

格下のチームとばかり対戦して勝ち点を重ねるのもどうかと思うが、強い相手と当たった時により効果的な戦略を立てる必要があると思う。

長谷部選手はもう、キャプテンマークを巻くことがないのだろうか。
世代交代が大きく進む時期なら、早く新しいチーム形成がなされることを望む。

                                                        

【2014.10.15 Wednesday 10:36】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(0) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中