大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 サッカー | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
W杯日本ベルギー戦


引き続き今回のW杯を楽しむことにする。

【2018.07.03 Tuesday 08:40】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(2) | trackbacks(0)|
史上初ドイツグループステージ敗退



なんと、前回王者のドイツがグループリーグ敗退してしまった。
ドイツのメディアは、歴史的大惨事だと伝えている。
サッカーは、先に点をとると勢いがつく。一戦め勝っても同じだ。
前回王者ドイツ、初戦でまさかの黒星スタートだったが、第2戦めではスウェーデンに終了間際に劇的勝利。
ドイツは、何度もゴールを試みるもののゴールに嫌われる。
後半アディショナルタイム3分、韓国がキム・ヨングォンが押し込みゴール。
更に3分後にもカウンターからソン・フンミンが無人のゴールに流し込み勝負あり。
ゴールキーパーのノイヤーがおらん。
結局、韓国が2−0で勝った。
しかし、韓国も同じグループリーグのスウェーデンがメキシコに勝利したため、3位で大会を終えた。
王者ドイツは最下位に転落。
1986年、16カ国による決勝トーナメント方式に変更されて以降、同国史上初めてのグループステージ敗退が決まった。

確かに今回のドイツに、前回W杯のような華々しさはない。
手のつけようがないほど強かったドイツ。
それでいて、謙虚で対戦相手にいつも敬意を表すレーヴ監督。世界最高の指揮官と言われて来たが。
私はこの指揮官のファンである。
とりあえず今夜の日本戦を応援する。

【2018.06.28 Thursday 08:04】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(2) | trackbacks(0)|
W杯ドイツスウェーデン戦


今朝未明のドイツスウェーデン戦、熱狂したー!
私はフィギュアスケートなども生で見に行くが、やはりサッカーは熱狂する。

フィギュアはどこか芸術鑑賞に似ているがサッカーは闘いのスポーツだ。フィギュア選手も自分と戦っているが。
で、今朝方の試合である。
途中ドイツがイエローカード2枚で退場。
日本コロンビア戦で、コロンビアが開始3分、レッドカード退場で最後まで優勢に立てなかったのが頭をよぎる。

いやこれ、ドイツ負けたらグループリーグ敗退なのよ。
優勝候補のドイツが!
敗退したら、今回試合見られないじゃないの!
レーヴ監督も見られないじゃないの!実はレーヴファンだったりする。

試合終了間近アディショナルタイムもあと何十秒で終わりだって言う頃、ドイツに㍙入った。

左サイドの角度のないところからのFK。
クロースが蹴ったボールがサイドネットに突き刺さった。
本当に土壇場で勝ち点3を奪った。
手に汗握ったです。
今夜は日本セネガル戦、応援します。
W杯のNHKテーマソングがお通夜みたいだと不評。確かにそう。
私は、前座もハーフタイムもテレビ消し試合部分だけ見ている。

【2018.06.24 Sunday 20:11】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(2) | trackbacks(0)|
日本代表、コロンビア戦で金星


試合始まる前までは、正直勝てると思わなかった。
ぼろ負けするのではないかと予想した。
開始3分で、コロンビアがハンドでレッドカードで1発退場。
強豪とは言え、コロンビアが一人足りない10人でのプレイを強いられる。
ひとりの守備範囲が広くなり、長く走らなければならなくなる。

日本は11人。
開始6分で、香川がコロンビアレッドカードによるPKに成功。
極めて、極めて貴重なW杯先制点を叩き込む。

中盤、コロンビアに1点返されたが、再び大迫がヘディングシュート。
決定打になった2点目が入る。

南米勢を初めて破ったアジア勢になった日本!
H組では、日本がコロンビアに勝った。
F組では、世界ランキング1位のドイツがメキシコに負けた。
サッカーは何が起こるかわからない。
日本勢は最近低迷期が続いたが、また強くなって欲しい。
私はユニフォームを着て、スタジアムに足を運ぶサッカーファンだった。

久々にサッカーに熱狂した。
ありがとう日本代表。
2戦、3戦も応援する。


【2018.06.20 Wednesday 10:59】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(0) | trackbacks(0)|
W杯スペイン、ポルトガル戦


4年ぶりの熱狂のシーズンがやって来ました。
ワールドカップ、ロシア大会。
今朝方のスペインポルトガル戦を早速見た。

午後9時で気温24度湿度74%?。
場所はロシアのソチ。
ソチと言えば、前々回の冬のオリンピックの土地ではないか。
結構蒸し暑い。
スペインポルトガルの選手たちは、湿度と温度で、ひとりで長い距離走らない。

1点目は、Cロナウドのペナルティーキックから得た。
開始3分、C・ロナウドがドリブルで仕掛けて、ペナルティーエリア内で倒されPKを獲得。
これをC・ロナウドがゴール右に決めた。
巧妙だねぇ。
33歳の彼は、全く年齢を感じさせないけど、ロナウドをW杯で見るのは最後かもしれない。
よ〜く見ておこう。

スペインも、直前監督交代が日本と同様に起きた。
それでも、やはり技とチーム力は凄い。
ボールをずっと持っている。

まだまだ決勝まで1ヶ月あるが、どこが優勝するかな。
ロナウドはポルトガルの中で、ひとりだけエンジンが違うので、優勝争いにチームが加わるかどうかとなると難しい。
サッカー関連メディアは、優勝候補はドイツ、ブラジル、スペイン、フランスだとあげている。
私は、ドイツかブラジルのどちらかを予想する。

18日0:00にはそのドイツが出て来る。
ドイツの試合は全試合見るつもりである。

【2018.06.16 Saturday 09:26】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(2) | trackbacks(0)|
アジアカップ 日本対パレスチナ
結果はメディアに出ている通り、4:1で日本が初戦を勝利。
今となっては、スポーツの結果ぐらいが大マスコミを信用する時である。

パレスチナに、アジア1位の日本は勝たねばならない。
パレスチナは、チームを仕立て大会に参加するだけでも大変だろう。
欧州の覇権を争う、UEFAユーロならそのままW杯レベルの試合が見られる。
アジアはそうは行かないが、劇的な試合や中東の笛の不可思議さから気になる所は多い。

今回日本はDグループに属している。
日本、パレスチナ、イラク、ヨルダン。
政治的に見ても大変な国ばかりである。
日本は、無知無能の首相が独裁状態だし、パレスチナはイスラエルとそのバックにいる米国の攻撃にさらされる。
イラクもまた米国と戦争し、今はまたイスラム国問題で大変な地域である。
ヨルダンは、砂漠地帯なのに日本が水の冷却が必要な原発を売りつけようとしている。

前回4年前のアジア大会では、GK川島選手がレッドカード食らい、李選手の虎の子1点を守って優勝したのも覚えている。
波乱も劇的シーンも満載のアジア大会。
今回はどんな試合を見せていただけるのか、楽しみである。
 

【2015.01.12 Monday 19:38】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(0) | trackbacks(0)|
アジアカップ2015inオーストラリア
                                             

そうこうしているうちに、サッカーのアジア杯が近付いて参りました。
日本はDグループです。
日時と対戦相手は以下です。時間は日本時間です。

1月12日(月) 16:00 D 日本 -  パレスチナ 
1月16日(金) 18:00 D  イラク  - 日本 
1月20日(火) 18:00 D  日本 -  ヨルダン

初戦、パレスチナなんですね。
チームを仕立てて、試合に出て来るだけでも大変でしょうに。



【2015.01.06 Tuesday 20:34】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(0) | trackbacks(0)|
ネイマール劇場
                                              

風邪を引いたネイマールに、4得点された昨夜の試合。

「10.14 国際親善試合 日本0-4ブラジル inシンガポール」は、ほとんどネイマール劇場だった。
プレーを楽しみ、終始ピッチで遊んでいるようなネイマールに翻弄される。
役者を揃えて来たブラジルチームと、国際経験の浅い選手中心の日本代表との差を見せ付けられた。
そのブラジルも、W杯では大敗するのだから世界のレベルは凄い。

今回の試合、来年1月のアジア杯に向けた選考だと言うが、果たしてこれで良かったのか。
4日前のジャマイカ戦は、オウンゴールで日本が1−0で勝った。
ジャマイカはFIFAランキング100位、日本は48位である。

格下のチームとばかり対戦して勝ち点を重ねるのもどうかと思うが、強い相手と当たった時により効果的な戦略を立てる必要があると思う。

長谷部選手はもう、キャプテンマークを巻くことがないのだろうか。
世代交代が大きく進む時期なら、早く新しいチーム形成がなされることを望む。

                                                        

【2014.10.15 Wednesday 10:36】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(0) | trackbacks(0)|
ドイツ・ブラジル戦
大変楽しみにした試合だったが、ドイツのものすごい圧勝で終わって驚いた。
ブラジルは前半11分先制点を取られた後、23分、6分間に立て続けに4失点。
前半戦だけで、勝敗を決してしまった。
スタジアムを埋めるのは黄色のブラジル大応援団、完全アウェイの中、7点も取るのだから、ドイツは本当に凄い。
日本敗退後は、ドイツを応援して来たがもう応援いらない感じ。笑

ブラジルはエースのネイマールを怪我で欠いて、守備の要チアゴシウバは出場停止。
先制点が入った時点で、ブラジルは動揺が見えた。
地元開催で、優勝候補、主力選手2人を欠いて、様々なプレッシャーが良くない形で現れたか。

ドイツのスピード、パスワーク、防御、本当にお見事。
しかも相手の動き、状況により変幻自在に攻撃パターンを変えて来る。
世界最高のGKノイヤーの守備は、通常のGKの範囲をはるかに超えて前に出て来る。
クローゼは、W杯通算16点目。
クローゼ、36歳と言うから恐れ入る。
若い時から見ていたが、まだまだ威力は健在だ。

選手よりイケ面、「ヨギィの24の秘密」と言う専用サイトまであるレーウ監督の談。
(ヨギィは、監督のニックネーム。)
ブラジル選手やスコラーリ監督、そしてファンがどのような心情なのかは理解している。
我々は謙虚にならなければいけない。

ご配慮、恐れ入りましたでござる。
ちなみにいづなは、レーウ監督とドイツで同じ街の市民でした。お住まいは知らないけれど。

落胆するブラジルを、慰めるドイツ選手、コロンビアが敗れた時はブラジルが慰めるシーンにじーん。
国対抗で戦っても、同じチームメイトだったりする。
圧巻のドイツ選手には移民が多い。
上記のクローゼの両親はポーランド人である。民族で分けない方が、功を奏する。彼はフェアプレーでも有名である。

政治外交において不仲でも、政治家やマスコミにだまされず、国民同士は仲良くありたい。
いずれ、それが全てを解決する。
そう、感じるW杯である。

【2014.07.09 Wednesday 15:46】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(2) | trackbacks(0)|
日本・コロンビア戦
終わってしまった、日本のW杯2014。
1−4の結果もさることながら、記録作りにコロンビア・ゴールキーパーが途中交代した。
W杯最年長記録を作るため、異例の交代。 

これが、力の差。

ギリシャ戦の10人対11人の時、得点が欲しかった。
幾度もチャンスは作れるのだから、決定打の打てる選手が是が非でも欲しい。
惨敗には違いない。
けれど、日本はまだ若いチーム。
W杯5回出場だそうだが、何試合目だろうか。
FIFAランキング2位のドイツは、この前のポルトガル戦が100試合目だと言っていた。
進化を見届けるため、日本代表をこれからも応援したい。
来年は、アジアカップもある。
欧州選手権(ユーロ)は、W杯並みのレベルだがさもありなんと言う感じ。

32チーム出場のW杯、日本はFIFAランキング46位なので意外な結果ではないとも言える。

日本のマスコミと企業は、政治経済だけでなく、スポーツに対する弊害も凄まじい。
W杯やその他サッカーには、巨額の金が動くのは周知の通り。
TV番組でもCMでも、サッカー関連のものが多いそうだ。
私は15分休みも含め、試合以外見ないが。
これでもかこれでもかと煽り、ファンを商業サッカーに巻き込んでいる。
実力が比例しないのに、これだけ期待だけが大きい国も珍しい。
選手も、過重な負担を背負わされる。
選手に、期待に答えられず申し訳ないと言うような発言があると、とんでもないことだと思う。
彼らは純粋にサッカーをするのに、金儲けばかりに利用する輩がたくさんいるのだから。
原発やエネルギー問題でよく出る、”商業利益に走りすぎる””企業が強すぎる”日本の悪弊がサッカーにも顕著に出ている。

さて、都議会の人権侵害ヤジだが、勝手に幕引きされようとしている。
金目発言の石原環境大臣は、謝罪したと言うがこの人の中身が変わるはずもない。
失言と言うが、皆本心である。変わることはない。
集団的自衛権行使容認では、公明党が譲歩した。
はじめから公明には期待していない。
けれど、もし阻止してくれたならこの党の見方を大いに変えただろう。

W杯、明日からはドイツを応援する。
世界のスーパープレーを楽しもう。

【2014.06.25 Wednesday 17:09】 author : いづな薫 
| サッカー | comments(2) | trackbacks(0)|
過去のページへ

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中