大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 坂本龍馬の新婚旅行 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 篤姫感想「息子の死」 | main | 篤姫の籠 >>
坂本龍馬の新婚旅行
篤姫でも放送したが、坂本竜馬は薩摩に新婚旅行に出かけ、小松邸に滞在している。
司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」にも、新婚旅行場面が出て来る。
司馬さんが、取材にお出かけになった頃は、地元でも地名を忘れられたほどの秘境の温泉だったと言う。
名を、温泉塩浸温泉(しおひたおんせん)と言う。
竜馬は京都伏見の寺田屋で幕吏に襲われ、負った傷を癒しに来たが、なんとまあ、傷にしみそうな名前である。
両手に傷を受けていたが、特に左手親指の傷が動脈を切断しており、重傷であった。
療養を兼ねて、竜馬は妻お竜と、船で薩摩へ日本初の新婚旅行に出かけた。
 医師の娘であったお竜が、負傷した竜馬を献身的に介護したようである。
土佐(高知県)の実家の兄、権平に、
「お竜が、いたから竜馬の命は助かった」と手紙を書いている。
竜馬の手紙は、昔の人にしては、字も上手くないし、挿絵まで入っていて、大変面白い。
仲の良い姉・乙女に宛てた手紙がかなり現存し、竜馬の人柄、暖かな家族観が伺えて実に楽しい。

新婚旅行などない時代、女性は船に乗らない時代、竜馬は何のこだわりもなくさらりとやってのけた。
(篤姫も本当は陸路で、江戸に嫁いだ。)
新しい時代の扉を押し開けた竜馬にしてみれば、何のこともなかったであろう。

 竜馬は、故郷土佐にいる姉、乙女に、塩浸温泉から手紙を送っている。
10日ほど泊まって、この世とは思えないほど珍しい所だとか、
魚魚を釣ったとか、ピストルで鳥猟をしたとか。
屈託のない手紙を、送っている。

今では、インターネットで塩浸温泉も出てくる。
竜馬の銅像まで、建っている。
いづな、旅行番組で竜馬が浸かったと言う、露天風呂を見たことがある。
今では、苔や草がむしていて入れる状況ではないが、竜馬が浸かったと思えば、しきりと感慨深い。

【2008.10.21 Tuesday 20:03】 author : いづな薫 
| 篤姫 | comments(16) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
篤姫が江戸へ陸路で向かう途中だったのか分かりませんが、我が町鹿児島県出水市野田町に立ち寄った形跡がある様です
近くの寺には島津家初代〜5代が眠る墓もありますし
野田の民家に宿泊し、掛軸を見たとか…
また篤姫直筆の何かが残っているとか…ニュースで見ましたが忘れました
鹿児島大学の?教授が言ってました
| ヨッシー | 2008/10/21 10:33 PM |
毎日いづな様のサイト拝見して毎日コメ書くのが日課になりつつある紫遠です。ちょっとご無沙汰でしたが、すっかりいづな様ファンですわ。
寺田屋では助かると知っててもやっぱりキャー(:_;)ってなりました。動脈切れると血液て壁まで飛び散りますからねえ。
アタシ以前、指ツメた人の動血、顔にぶっかぶりました。何も知らなかったんですねぇ若かったし。

温泉いいなぁ、と思いつつ着物が好きなんでこの帯結び、どうやってはんねやろとかって視点が違いますがいづな様のおかげで篤姫来週も楽しみですわぁ。
| 紫遠 | 2008/10/22 2:15 AM |
ヨッシー様

コメントありがとうございます。
篤姫は、出水市野田町で1泊したのですか。

>近くの寺には島津家初代〜5代が眠る墓もありますし

 由緒ある町なのですね。

>篤姫直筆の何かが残っているとか…

 あ、私もそれニュースで拝見しました。
歌の書かれた短冊でした。
 大変流麗な筆致でしたよね。
 

| いづな薫 | 2008/10/22 7:14 PM |
紫遠さま

私も毎日紫遠さまとお話できて、光栄です。

>動脈切れると血液て壁まで飛び散りますからねえ。
アタシ以前、指ツメた人の動血、顔にぶっかぶりました。何も知らなかったんですねぇ若かったし。

 竜馬も貧血で大変だったようですね。
紫遠さまの専門的なコメント、いづないつも興味深々で拝見しています。
 
>温泉いいなぁ、と思いつつ着物が好きなんでこの帯結び、

 この前、小松帯刀が温泉で着ていた浴衣、素敵でしたよね〜?
若い小松に似合う、大きい粋な柄でしたよ。
 着物専門家紫遠さまとしては、どうですか。
| いづな薫 | 2008/10/22 7:22 PM |
いづな様てば、着物専門家なんてなんちゅう恐れ多い事を、、。あわわわぁ、ピーコ(おすぎとピーコ)に何となく叱られます私も何となくすみませんですわぁ。
小松帯刀たしかにお似合いでした。粋な柄の着物を着ると二割増しかっこいいです。でも男の人って着物の柄って大体ようさんないんでちょっと可哀相かも。花柄とか古典柄とかも女性向けなんですよね。
それに相反して大奥の皆様の御召し物、神々しいです。紫遠
| 紫遠 | 2008/10/23 1:44 AM |
紫遠さま

私も毎日紫遠さまとお話できて、光栄です。

>動脈切れると血液て壁まで飛び散りますからねえ。
アタシ以前、指ツメた人の動血、顔にぶっかぶりました。何も知らなかったんですねぇ若かったし。

 竜馬も貧血で大変だったようですね。
紫遠さまの専門的なコメント、いづないつも興味深々で拝見しています。
 
>温泉いいなぁ、と思いつつ着物が好きなんでこの帯結び、

 この前、小松帯刀が温泉で着ていた浴衣、素敵でしたよね〜?
若い小松に似合う、大きい粋な柄でした。
 着物専門家紫遠さまとしては、どうですか。
| いづな薫 | 2008/10/23 9:12 AM |
いづな様てば、着物専門家なんてなんちゅう恐れ多い事を、、。あわわわぁ、ピーコ(おすぎとピーコ)に何となく叱られます私も何となくすみませんですわぁ。
小松帯刀たしかにお似合いでした。粋な柄の着物を着ると二割増しかっこいいです。でも男の人って着物の柄って大体ようさんないんでちょっと可哀相かも。花柄とか古典柄とかも女性向けなんですよね。
それに相反して大奥の皆様の御召し物、神々しいです。紫遠
| 紫遠 | 2008/10/23 9:13 AM |
紫遠さま

毎度お世話になっております。

>粋な柄の着物を着ると二割増しかっこいいです。でも男の人って着物の柄って大体ようさんないんでちょっと可哀相かも。花柄とか古典柄とかも女性向けなんですよね。

 はい。江戸時代に、贅沢禁止になってしまいましたからね。
室町、安土桃山、戦国時代の男性の着物は、華やかで粋で、女性のよりも派手ですよね。
 あの時代の着物、いづな大好きです。慶長小袖とか。
最近、安土桃山戦国期をイメージした、メンズ着物のファッションショーがありましたね。
華やかで素敵でした。
| いづな薫 | 2008/10/23 9:17 AM |
ぇ! 篤姫、実は陸路で嫁いでたんですかぁ・・・。 Σ(・Д・ノ)ノ
それは知りませんでした。
幾島と船の上での会話は、ドラマの脚色だったのですね。

龍馬の手紙みたことないけど、よく文献として誰それへの手紙からとかあるから、よく筆とっていた人なんだろうと思ってました。
ホントそういうところから人柄が表れますねぇ。
| タカセ | 2008/10/27 11:05 AM |
タカセ様

コメントありがとうございます。
お久しぶりです。お仕事お忙しいですか。

龍馬の手紙、面白いですよ。
エライ勝海舟先生の門人になったことを姉に伝える手紙は、
エヘンエヘン、と咳払いまで記しています。笑
| いづな薫 | 2008/10/27 11:21 AM |
>いづな薫様

お久しぶりです。仕事は相変わらずで、会社の引越しがあるのでそれで少しバタバタしてるくらいです。

いやぁ龍馬可愛いなぁ♪
そのお姉さんに宛てた手紙見てみたいです!!!

| | 2008/10/27 11:31 AM |
10/27 11:31 AM のコメントも、タカセ様ですよね?

その乙女姉さん宛の手紙のエヘンの部分を抜粋、訳します。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
達人(勝海舟のこと)の見る目はすごいものだと、徒然草にも書かれています。
猶エヘンエヘン、
さようなら

龍馬
五月十七日
乙女姉
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
このあと、「お姉さん、ひとりで(手紙を)読んでね。」なんて可愛いこと書いています。
乙女姉さん、可愛い弟だったでしょうなー。
| いづな薫 | 2008/10/27 1:40 PM |
わぁ、抜粋有難う御座います。
なんて天真爛漫で可愛らしいんでしょう。(ノ∀`*)
| タカセ | 2008/10/27 3:22 PM |
タカセ様、

乙女は、姉だけど母がわりでもあったんですよね。(母が早く亡くなったため。)
こんな弟、たまんないですよね〜。笑
| いづな薫 | 2008/10/27 3:31 PM |
こんにちは。カミタクと申します。

 私が運営しておりますホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」内の「塩浸温泉福祉の里入湯記(後の「塩浸温泉龍馬公園」)」のページから、この貴ブログ記事にリンクしましたので、その旨、報告申し上げます。

 塩浸温泉は、以前の「塩浸温泉福祉の里」が老朽化したため閉鎖して一旦取り壊された上で、観光施設「塩浸温泉龍馬公園」として2010年春にリニューアル・オープンしたとの由です。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

| カミタク(リンク先は「塩浸温泉入湯記」) | 2010/07/04 3:15 PM |
カミタク様

初めまして、いづな薫です。
ありがたいコメント賜り、リンクして下さり、心よりお礼申し上げます。
 御ホームページ少し拝見させて頂きました。
温泉情報、大変詳しくていらっしゃいますね!
興味深く拝見しました。
「塩浸温泉」、ドラマでも出てきそうですね。
塩浸温泉、「塩浸温泉龍馬公園」として今年リニューアルですか。
今年観光客が押し寄せそうです。

こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。
| いづな薫 | 2010/07/04 11:46 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1071846
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中