大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 篤姫感想 「嫁の決心」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 坂本竜馬のブーツ | main | 坂本竜馬と明智家 >>
篤姫感想 「嫁の決心」
 小松帯刀、良いお父さんですね〜。

帰ってきたら、子供が増えてた、って南極の皇帝ペンギンじゃないんだから汗。笑
 ペンギンの場合、メスですが。
お琴は2人子供が生まれて、26歳で早世し、薩摩の小松家のお墓に入っています。
 本日、帯刀が抱いていた息子は、妻お近が育てたそうです。

 篤姫が敵対していたので、あんまり良く書かれませんが、史実の徳川慶喜をいづなは好きです。
 家茂が1866年7月20日に薨去します。
慶喜が将軍職を継ぐのを嫌がったため、家茂は既に死んで大阪城内で酷暑中、遺骸となっているのに、未だに将軍でした。
 幕府は家茂の名前で朝廷に、
「自分(家茂)は病気なので、慶喜へ家督をゆずりたい。」との申し出までしています。
 形骸化した幕府はその間にもどんどん衰退し、大名達は徳川幕府へ忠誠心を失くしていきます。
 慶喜がようやく将軍になったのは、同年12月5日でした。

 将軍就任した慶喜は、巻き返しに出ます。
 ドラマ中に島津久光が立ち上がり席を辞した列侯会議がありました。
 いかなる有力大名でも、慶喜に議論で勝てる者はいなく、いずれの意見も論破してしまうほどでした。
 そして、翌年には260年間握り続けた政治の実権を、あっさり朝廷に返してしまう(大政奉還)わけですから、
まさに恐るべき将軍です。
 後に西郷らが、慶喜が生きている限り、(明治)帝のお命が危ないと言ったのもうなずけます。
 薩摩の西郷や大久保らは、倒幕と慶喜の首を狙い、謀(はかりごと)をします。
慶喜は、将軍である1年に足りない短い間、片時も油断せず敵の手の内を素早く見抜き、
間髪いれず手を打って行きます。
 家臣も暗殺されていく中、慶喜の緊張感たるや、大変なものだったと思います。
 良く1年弱も、もった、と言う感じです。

 来週は、竜馬死ぬのか〜ああああ。
何度見ても彼の早すぎる死は、悔やまれます…。

 で、本日のお題でもある「嫁の決心」は?
すみません、興味がないのでカットいたします。笑

【2008.10.26 Sunday 22:20】 author : いづな薫 
| 篤姫 | comments(6) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんばんは
今日は
慶喜は徳川宗家を相続はしたが、家茂の後継として将軍職を継ぐ事は拒み続ける…事について、いづなさんに聞こうかな…と思ってたところ既に書かれてましたね
少し驚きでした

ドラマではどう様に描くのでしょう…
| ヨッシー | 2008/10/26 11:11 PM |
ヨッシー様

 コメントありがとうございます。
慶喜は身内である幕臣も大奥からも嫌われて、四面楚歌状態で徳川宗家を継ぎます。
 でも人材不足でどうしても将軍をやって欲しいと周囲は望みます。
 すんなり受けるより、懇願されてなった方が、将軍となった時、人も組織も動かしやすいのです。
 そして、慶喜は英邁であるがため、もう幕府の命が残り少ない事を見通しています。
 幕府を滅亡させた将軍になってしまった時、その罪は周りに押されてなった将軍の方が、軽いのです。
 慶喜は、知識人でいかなることも上手にこなす才能がありましたが、西郷や大久保のような革命家の胆力は欠けていました。
 滅び行く生家である徳川への思いと、自分や出身である水戸家を、敵視した徳川家への屈折した思いもあったのかもしれませんね。
| いづな薫 | 2008/10/26 11:35 PM |
いづな様、こんばんは。
いよいよ、来週は竜馬さんが逝ってしまいます。
そして、小松さん最大の大仕事である「大政奉還」の回でもあります。
けっして、見逃すわけにはいきませんね。

| まりも | 2008/10/26 11:36 PM |
まりも様

コメントいつもありがとうございます。
竜馬が逝く、になってしまいますね。泣
最近本当に、話のテンポが速くなりました。
休日出勤かもしれないので、次回録画しますわ。
| いづな薫 | 2008/10/27 8:39 AM |
総髪になった帯刀さん好きです♪
毎回なにかしらお近さんからひと泡くわされて驚いたり、突拍子もないお琴の言動に驚いたりな表情の帯刀さん、、というか瑛太クンの表情が可愛いなぁと癒されてます。

今回、久しぶりに天璋院の口から「公方様(家定)」の言葉が出て、胸キュンしちゃいました。(48話まで我慢我慢w)

早くも次週は「龍馬死すとも」でお隠れしちゃうのが残念ですが帯刀さんも無血開城後、そう長くないのですよね。
龍馬に帯刀に小栗上野介等がもう少し生き延びていたら、、、どうなっていたのだろうと親と語るのが最近楽しみになってます。
| タカセ | 2008/10/27 11:29 AM |
タカセ様

総髪の帯刀、かっこいいですよね。
でもって、あの良きパパぶりがたまりません。
いっそのこと、おぶって倒幕して下さい!!

>帯刀さん、というか瑛太クンの表情が可愛いなぁと癒されてます。

 振り回されて、きょときょと動く表情が本当に可愛いですよね。
 普段物静かな瑛太さん、演技が本当に上手です。 
「公方様(家定)」は、48話で再登板なのですね?

>帯刀さんも無血開城後、そう長くないのですよね。

 はい。明治3年ですからね。

>龍馬に帯刀に小栗上野介等がもう少し生き延びていたら、、、どうなっていたのだろうと親と語るのが最近楽しみになってます。

 親御様も歴史好きでいらっしゃるのですか。
うちと同じね。笑
| いづな薫 | 2008/10/27 2:01 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1077117
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中