大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 坂本竜馬と明智家 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 篤姫感想 「嫁の決心」 | main | 天地人熊本ロケ >>
坂本竜馬と明智家
 ご常連のタカセ様と竜馬の出自の話で盛り上がったので、書き留めたい。

坂本竜馬のご先祖様と言われている明智左馬助は、明智光秀の従兄弟とされる。
1556年明智家の居城が、美濃・斉藤義龍に攻められ落城し、光秀と共に逃げている。
 諸国を流浪後、光秀が織田信長に仕えたのは周知のごとくである。
1582年光秀は本能寺の変後、秀吉に破れ、京・伏見で”落ち武者狩り”に討たれる。
 光秀死後、左馬助は琵琶湖手前まで迫った追っ手を前に、馬を泳がせ湖を渡り琵琶湖畔の居城・坂本城まで帰ってしまった。
 彼の人生はこの時自害して終わったとされるが、子の1人が、土佐の国に渡り、一領具足になったと言う逸話がある。

 一領具足とは、当時の土佐で半農半兵の生活を送った武士のことである。
平素は槍に具足を通し農地に突き刺して、田畑を耕しているが、合戦時には具足を着て戦に出るのである。
土佐の戦国大名・長宗我部元親の輩下で、獅子奮迅の働きをしたのは彼らである。
 左馬助の子孫は、土佐の才谷村に住み着き、年月を経たと言う。
そのうち商人になる者が出て、酒造業で成功し、土佐で坂本家と言えば、知らぬ者がないほどの豪商になった。
 屋号は棲み付いた地名と同じ、才谷屋である。
 竜馬はその分家に、生まれている。
ちなみに、郷士身分は竜馬のご先祖が金で買った。
 竜馬は、身分などどうでも良い、と言いそうだが。

 本当に、竜馬が明智家の末裔なら、一家系で2度までも天下を取り替える偉業を成したことになる。
 そう考えると、また面白い。

【2008.10.28 Tuesday 22:37】 author : いづな薫 
| 篤姫 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
「一領具足」という言葉知りませんでした。
またひとつお利巧に(笑)
とても興味深く拝読しました。

色々とあーだったのだろうか?こーだったのだろうか?
想い馳せるのが楽しいですね、歴史って。
| タカセ | 2008/10/31 1:55 AM |
タカセ様

いつも御ひいきにして下さり、感謝します。
龍馬のお話楽しかったです。
 龍馬が、戦国時代の一領具足の子孫かもしれないと思うとまた感慨深いです。
 次回篤姫は、龍馬がとうとう亡くなってしまいますな〜。
う〜ん、悲しいです。
| いづな薫 | 2008/10/31 9:07 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1079157
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中