大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 龍馬暗殺 その2 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 龍馬暗殺 その1 | main | 篤姫感想「龍馬死すとも」 >>
龍馬暗殺 その2
 客を2階に案内しようとした下僕・藤吉は、階段途中で背中から斬られ、絶命した。
龍馬と中岡が刺客に気付いた時には、刺客はすでに龍馬の部屋に侵入してしまっていた。
 当日風邪をこじらせていて、綿入れで厚着をし、佩刀(はいとう)は床の間にあった。
 龍馬は腕はそこそこたったが、惜しむらく用心深さがいまひとつ足りない。

 龍馬は前頭部、中岡は後頭部を斬られる。
頭に傷を受けた後、刀を掴んで応戦したが、なおも斬られた。
刺客は龍馬と中岡を幾たびも斬り付けた後、逃走した。
 龍馬は、行灯を持って階段のある廊下に這っていったと言う。
「石川または清、刀はないか」と叫び、絶命した。
「石川」、「清」とは、倒幕活動のため中岡慎太郎が使った偽名、「石川清之助」のことである。
頭に致命的な重傷を負いながら、中岡を偽名で呼んでいるのである。
これは、瀕死の重傷を負い2日生きていた中岡慎太郎が証言している。
 
 まもなく、軍鶏肉を買いに行っていた峰吉少年が帰宅し、驚いて土佐藩士谷干城と、
元土佐藩士で陸援隊の田中光顕に事件を通報した。

 その3に続く。

【2008.11.03 Monday 08:46】 author : いづな薫 
| 篤姫 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
ふむふむ。
用心深さには、ちぃーとかけてるが気遣いはご立派だったのですね。

篤姫でも新選組でも同じだ!と思ったシーンは、懐から拳銃を抜いて刀で弾き飛ばされるシーンでした。

って、これ以上書くといづなさんが見る前にペラペラしゃべってしまいそうなので・・・やめときますw
| タカセ | 2008/11/03 9:21 AM |
タカセ様

連投嬉しいです〜!

>用心深さには、ちぃーとかけてるが気遣いはご立派だったのですね。

 その大雑把な所が、人に対しても鷹揚だったのでしょう。
人望はすごくあったようですね。

>篤姫でも新選組でも同じだ!と思ったシーンは、懐から拳銃を抜いて刀で弾き飛ばされるシーンでした。

 ああああ、見ましたよ、それ。
拳銃を拾ってあげたいですよねえええ!!
| いづな薫 | 2008/11/03 10:46 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1085635
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中