大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 篤姫と小松帯刀のお守り | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 勝海舟 | main | 都会のたぬき >>
篤姫と小松帯刀のお守り
今日は、いづなが頂いたお土産の紹介です。
ご常連のまりも様が鹿児島に旅行され、お土産にと贈られました。
もう〜なんと、お礼を申してよいやらです汗
まりも様、本当にありがとうございます。

普通のお守りより、二周りくらい大きいです。
篤姫でも大きめな感じがしましたね。
右は、写真がご趣味のまりも様が撮った、桜島と熊本城。
秋の高い空が、とっても素敵です。
実は、いづなも写真好き。
普段はコンデジですが、ここぞの時は重たい一眼レフを持ち出します。
写真の旅もしたいな〜。秋の、春日山とか行きたいです。

【2008.10.31 Friday 20:17】 author : いづな薫 
| 篤姫 | comments(6) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんばんは
お土産頂けて良かったですね…羨ましいです。
私も仙巌園でお守り買おうと思いましたが…いづなさんに渡すすでもなく、買うのを諦めました(笑)
ドラマで使われたお守りは鹿児島の篤姫館にも展示してありましたが、この島津のお守りを真似て作られたのでしょうか…
ドラマで使われたお守りは色や刺繍が違ってましたが、どちらも素敵なお守りですよね
| ヨッシー | 2008/10/31 11:14 PM |
いづな様

本日は本当にありがとうございました。
いや〜、お守りも写真も綺麗にアップ頂いて、こちらも感謝です!
鹿児島・熊本の旅は、本当に心に残る素敵なものでした。
少しは、伝える事が出来たでしょうか。。。

同じ一眼レフを持っていらした事も、ビックリでしたね(笑)
これからも、お付合い宜しくお願い致します。
| まりも | 2008/11/01 1:21 AM |
ヨッシーさま

コメント感謝します。
ヨッシー様は、お近いのですからいつでもおまもりGetできるじゃありませんか。笑
東京の●HKにも、ドラマで使われたお守りがあります。
篤姫が籠で薩摩の城下を行き、小松が土下座してお守りを篤姫に向けて出したシーンが、目に浮かびます。

 
| いづな薫 | 2008/11/01 9:25 AM |
まりも様

こちらこそ、大変お世話になり感謝申し上げます。
お守りもお写真も、いづなの宝物です。

 鹿児島・熊本の旅のお話、大変興味深かったです。
まりも様の明るいお人柄もあって、おしゃべりが楽しかったです。

>同じ一眼レフを持っていらした事も、

 これが、違いました。あほないづな。笑
あでも、EOSは同じです。いやになるくらい重いんです。笑
んじゃば、またメールしますね〜。
| いづな薫 | 2008/11/01 9:31 AM |
いづな様こんばんは〜(v_v)
写真もお好きなんですか?絵も描けて、一眼レフですか〜。かっこいい。アタシ機械弱いんでダメですわ。
でも手塗り下手なんで機械も使いたいなぁ。

ってお守り可愛いですね。お城も素敵〜。アタシも行きたくなっちゃいました。九州は空が高くて夜空も綺麗ですよね。

時期もいいし紅葉行きたいですね。いつも行ってるけどいつでも行けるけどやはり京都〜。
寒い彡(-_-;)彡っスけどね。着物着なきゃ。
| 紫遠 | 2008/11/01 9:33 AM |
紫遠さま

毎度お世話になっております。
写真は、撮り出すとはまります。
特に質の良い一眼レフは、散らかった部屋でも芸術的に撮れちゃったりして、結構笑えます。何撮ってんだ、いづな。

京都の紅葉いいですね。

>いつも行ってるけどいつでも行けるけどやはり京都〜。

 いつもって言うのが、すごい羨ましいです!
近いものね。
 歴史好きには、関西はたまらんです。
| いづな薫 | 2008/11/01 9:40 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1086648
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中