大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 篤姫感想 「大奥の使者」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 篤姫ファンミーティング | main | 兼続の酒 >>
篤姫感想 「大奥の使者」
 昨年新しく出て来た史実が、使われましたね。
篤姫の手紙を幾島が西郷に届けたエピソードです。
篤姫ファンミーティングに行った時、プロデューサーが、次回幾島に注目して下さい!と仰ってました。
 幾島の気迫も見ものでしたが、西郷の気持ちも、わかるんだよね〜。
歴史は、当時の価値観や考え方で判断しなければなりません。
 当時、政権交代に武力を使うのはごく普通の考えです。
 人間は動物と違い、思想に左右されて行動する生き物です。
武士は死ぬ事を美学とするし、坂本龍馬や小松帯刀のような柔軟な考え方の人ばかりではありません。
 西郷も、武力行使をするけれども、私欲は微塵もなく、古い武士たちと心中しようとしている観があります。
 江戸総攻撃は回避されたのは、篤姫の手紙ばかりではなく、薩長と徳川の日本国内乱に乗じて、
外国が侵略することを怖れたためであるとされています。
 国内で争っている場合ではないのです。
 あと、安全に江戸や横浜で貿易したい英国公使パークスが、江戸城総攻撃に難色を示したことも理由です。
  まあ、ドラマなので、篤姫のおかげでいいですが。

 病身の家老・小松帯刀、かっこ良かったですねー。
そこを通しなさい!
と言って倒れる小松、もうなんと言うか、ご家老様ステキハート
我ながら妙な感想。笑
小松に会ったら、西郷の決意が揺らいでしまいますよね。
 あと、番組最後で紹介した滝山のお墓に行ったことあります。

ココにちょこっと書いてます。
http://cafe.kenshingen.fem.jp/?eid=917711
 
 昨日から商用で遠出しており、篤姫にどうにか間に合うように帰りました。
夕方東京駅で新幹線を降り、イタ飯夕食を食べ、にんにく臭いまま丸善(書店)に入る。
上杉&直江関係の本を物色してました。
 皆様のコメントお返事、遅れまして申し訳ございませぬ。
メールやコメント、歴史ブログボタン押して下さる皆様に感謝ですハート

【2008.11.23 Sunday 21:34】 author : いづな薫 
| 篤姫 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
>国内で争っている場合ではない

そうなんですよね。また「新選組!」ネタで申し訳ないですが…
「組!」の時も「国内で争ってる場合じゃない」を何度となくセリフで出てきました。
が、当時の武士たちの思いもわからなくない。
色んな思いが巡らされて泣きっぱなしでした今日(笑)

この間やった「その時歴史が動いた」でも小松帯刀の思いとは・・どんなだったろうと深く考えさせられてたばかりだったので、今回の家老の苦悩みたいなのが伝わってきて・・・
ブラウン管のこちら側で、ひとりうんうん。頷いて見てました。

帯刀の死因、肺結核という話もあるそうですが、篤姫ではどう描かれるのでしょうね。
| タカセ | 2008/11/23 11:24 PM |
いづな様、こんばんは。

今回は歴史的な要因を多く描いてましたね。
幾島の手紙の事もつい最近わかった事のようですし。
篤姫ファンミーティングでのトークを思い浮かべながら見ておりました。
そうそう、幾島が大奥に登場するときにカミナリが・・・(笑)

>病身の家老・小松帯刀、かっこ良かったですねー。
>「そこを通しなさい」
>と言って倒れる小松、もうなんと言うか、ご家老様ステキ
>我ながら妙な感想。笑
あはは、いづな様らしいです(爆)
| まりも | 2008/11/24 1:14 AM |
タカセ様

先ほどは、お世話になりました〜。

>「組!」の時も「国内で争ってる場合じゃない」を何度となくセリフで出てきました。

 おおっ、そうなのですか。

>色んな思いが巡らされて泣きっぱなしでした今日(笑)

 お優しいのですね。

>この間やった「その時歴史が動いた」でも小松帯刀の思いとは・・どんなだったろうと深く考えさせられてたばかりだったので、今回の家老の苦悩みたいなのが伝わってきて・・・

 あっそういうのやってましたね、見逃しました。笑

>帯刀の死因、肺結核という話もあるそうですが、篤姫ではどう描かれるのでしょうね。

 死期が迫ってから、結核の症状がでているんで、結核でなくなったのでしょうね。
 ドラマストーリーで、病院に入院する姿がありましたね。
| いづな薫 | 2008/11/24 9:00 PM |
まりも様

コメントサンキュ〜。

>幾島が大奥に登場するときにカミナリが・・・(笑)

雷鳴らんと出て来れんのか。笑
西郷の陣に行く時すごい迫力でしたね。

>あはは、いづな様らしいです(爆)

「通しなさい!」で、バッタリなんて、悲劇のヒーローだな〜と思って。
小松に初めて色気を感じました。笑
| いづな薫 | 2008/11/24 9:05 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1106153
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中