大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人番宣 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 篤姫感想「無血開城」 | main | 篤姫感想 「明治前夜の再会」 >>
天地人番宣
天地人番宣見ました。薄緑色の直垂をひらめかせて、
との〜ハートハート」と言う兼続、無条件に可愛いです〜。
ホクトのナナホシの如くお仕えします。」って兼続が言っていました。
今朝方、眠い頭でもう一回反芻していました。
ホクトのナナホシ・・・???。
同じく実家で番宣を見ていた、母に聞いてみる。
「北極星の周りを、回っているからでしょ。」
と、上杉フリークの母は即答した。
北極星は景勝(上杉家)、自分は北斗七星、いつもおそばにいるよハート、ということね。
分かったよ、お母さんー。笑

子供時代の兼続、泣きながら喜平次に何か訴え、抱き付いていました。
2回聞いても、意味不明。
おとなしい喜平次ときかん気な与六、この兄弟じゃなかった主従、すごく可愛いね。
殿におんぶしてもらってるのもスゴく可愛い〜。
2月に新潟で撮ってた映像ですね。

本物の弟、与七も明るく清廉な感じが実にいいです。
晩年兄弟が仲違いするのが今から辛いです。

秀吉、何で口紅塗ってんですかね?
くるくるしちゃった天下人ていうこと?

謙信、髪がある時代の鎧姿はゲームの織田信長に似ています。
迫力の扮装です。
朗らかな玉山さんが綺麗でこわ〜い顔を一生懸命作っていて、景虎への意気込みが感じられます。
妻華姫とは普通の夫婦愛があって、ホッとしました。
しかし、自分の妻の兄弟と争う心境は察して余りあります。
私にとっては、歴史書で散々愛した世界がドラマになります。
歴史書は歴史書、ドラマはドラマの良さがあり、実に楽しみです。

【2008.12.03 Wednesday 22:18】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
わたしも番宣見ました!
ロケの映像見て「ここが藤原の郷!」と旦那に叫んでました(笑)
新潟のロケは、すごく間近で見れたんですねぇ。
いいなぁ。

子役君たち、すごく可愛かったですよね。
「こんなところになんか、来とうなかった!」っていうシーンがお気に入りです♪
あの子、すっごく可愛いなぁ。
| たぬき | 2008/12/03 11:44 PM |
「ホクトのナナホシのごとく・・・」
きゃあー,なんという台詞。
妄想をかき立てますね。

それにしても,素晴らしいお母様ですね。
| かなかな | 2008/12/04 2:46 AM |
かなかな様

コメント嬉しいです。ありがとうございます。

>妄想をかき立てますね。

 殺し文句のような…笑。

>それにしても,素晴らしいお母様ですね。

ありがとうございます。
上杉旅行も一緒に行く母でございます。
| いづな薫 | 2008/12/04 10:07 PM |
たぬき様

コメントサンキュ。
藤原の郷!出てましたね。

>新潟のロケは、すごく間近で見れたんですねぇ。

 子供の声で、「つまぶきくーん」ってのが笑えました。
友達だと思ってないかい?
 でも子供にも人気がありますね彼、優しそうだし。

>「こんなところになんか、来とうなかった!」っていうシーンがお気に入りです♪

 うんうん、不敵な面構えがいいよね。
内気で大人しい喜平次もええのう〜。
| いづな薫 | 2008/12/04 10:10 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1114909
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中