大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 篤姫感想 「明治前夜の再会」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 天地人番宣 | main | 上杉景勝の兜 >>
篤姫感想 「明治前夜の再会」
頭がすっかり天地人になっているいづなですが、篤姫感想行きます!

篤姫、小松帯刀と会いましたね。
彼の恋物語は創作ですが、篤姫を好きな小松をいづなは好きでした。
 「斉彬さまの養女にならなかったら、一緒になって下さいましたか。」
の小松のセリフにじーん。
 「夫に相談しないと。」と、篤姫。
全く持ってどこまでも切ない男だのう、尚五郎は!!
 まあ、そこがいいんですが。笑 
 
 小松は、薩摩藩が他藩に先んじて版籍奉還を行うことを言っていましたが、彼自身も早々に領地返還しています。
小松清廉(きよかど)の名前にふさわしい清廉な人柄ですね。
 明治元年には参与(幕府政治を廃し王政復古の大号令時に置かれた官職)、総裁局顧問、翌2年外国官副知事となり重職に就きますが、明治3年に死去。
 
 来週は小松が亡くなりますが、お守り握っていたりするんでしょうか。
大久保利通、似ていましたね〜。
 原田さん、骨格も大久保に似ているような気がします。

【2008.12.07 Sunday 21:44】 author : いづな薫 
| 篤姫 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづな様へ

>頭がすっかり天地人になっているいづなですが、篤姫感想行きます!
あはは、後1回、最終回までは宜しくお願い致します。

しかしながら、本当に小松さんって・・・。
篤姫とのことはさて置いて、本当に律儀なお方だったようですし。
実質的にも、しっかり明治維新に貢献された方だとも思います。

これから、どんどん史実が明らかになって欲しいものです。
そして、出来うるならば何方かに、小松帯刀を主役にした小説書いて欲しいものです。

| まりも | 2008/12/07 11:15 PM |
まりも様

コメントありがとうございます!

>本当に小松さんって・・・。
篤姫とのことはさて置いて、本当に律儀なお方だったようですし。

 ええ、まじめな方ですよね。笑

>実質的にも、しっかり明治維新に貢献された方だとも思います。

 はい。彼がいなければ西郷や大久保は世に出難かったし、倒幕も維新も違うものになっていたでしょうね。

>何方かに、小松帯刀を主役にした小説書いて欲しいものです。

 まりもさん、ネット小説でお描きになっては?
いづな読みますよー。
| いづな薫 | 2008/12/08 7:03 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1117992
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中