大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 篤姫最終回+近代医学史 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 天地人オープニング | main | 兼続・謙信・景虎・景勝の紅白番宣 >>
篤姫最終回+近代医学史
おかつ(篤姫)に再会できたのは、史実では兄だけでしたが、ドラマでは母の幸も江戸にやって来てホロリ。

小松帯刀は大坂医学校の病院に入院し、オランダ医ボードウィンの治療を受けています。
以下の当ブログにも記事あります。
http://cafe.kenshingen.fem.jp/?day=20081002

いづな、医学史に大変興味があり、ドラマセットの病院も見入ってしまいました。
当時最新設備のあったこの病院では、歴史的有名人が幾人か入院しています。
明治3年には、ドラマにもあった様に、小松が結核で亡くなります。
前年の2年には、長州の大村益次郎が京都で刺客に襲われ入院。
右大腿部切断術を施しましたが、敗血症で亡くなっています。
大村益次郎が子守をした恩師緒方洪庵の子・緒方惟準によって執刀されました。
この病院は、現:大阪大学医学部の前身で、大阪における医学教育、近代医学の黎明期の舞台となりました。
後に引越し、跡地にはやはり病院の、現:大阪医療センターが建ちます。
ここでも、いづなが最も敬愛する作家で、幕末の物語をたくさん書いた司馬遼太郎さんが終焉を迎えています。

 小松のいる病院で、顔を合わせた、お近とお琴。
正室、側室の争いが嫌いないづな、この2人は心地よかったです。
小松とお近、小松と篤姫、2つとも何とも良い組み合わせでした。
しかし、瑛太さんほんとーに、演技上手いです!!

20:30に小松没、あと40分で篤姫没までの13年間をやるのね。
大久保似ているなーと思いつつ、瓦版屋と写真屋が同じかよ。
篤姫、縫い物をしていましたが、勝にも羽織を縫ってあげたようです。
デートを繰り返すほど仲良しだったそうな。
篤姫は、明治16年11月20日逝去。享年49歳。
ドイツ人医師ベルツは血栓であったろうと診断しています。
エコノミー症候群ですか…!泣

 とにもかくにも、元気でポジティブな篤姫、楽しゅうございました。

【2008.12.14 Sunday 22:47】 author : いづな薫 
| 篤姫 | comments(9) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづな様、こんばんは。

ふう〜。
終わってしまいましたね。
何だかとっても脱力感で一杯です。
この1年間、篤姫を観させて頂いて、感謝の気持ちで一杯になりました。

史実としては、いろいろと付け加えたい所ありますが。
こんなに、週に一度のドラマを待ち焦がれていた事は久しくありませんでした。
そして、沢山の方達とも出会えましたしね。

>小松とお近、小松と篤姫、2つとも何とも良い組み合わせでした。
本当に、どちらも素晴らしい、応援したくなりますよね。

お近さんは本当に出来たお方だと思います。
自分に置き換えると・・・ちと難しい(汗)
でも、それだけ帯刀さんを愛していたと言う事でしょう。
そして、帯刀さんも、それだけ魅力的なお方だったと思います。

>いづな、医学史に大変興味があり、ドラマセットの病院も見入ってしまいました
あっ、そうでしたか。
私の方は建物の方を見入っておりましたが(笑)

実は私も司馬さんの小説大好きです。
司馬さんのような小説を書きたいなあ〜と学生の頃によく思ったものでした。

そうですね、時間は掛かりそうですが、いつか小松さんの事を書いてみたいですね。
小説なんて大げさなものではなく・・・

この数ヶ月、いづなさんと出会えて、歴史のこと、小松さんの事、お話が出来で幸せな時を過ごす事が出来ました。
本当に本当に、ありがとうございました。
篤姫は終わってしまいましたが、またお邪魔させて頂きます。

もちろん、天地人もしっかり拝見させて頂きますね(笑)
| まりも | 2008/12/14 11:13 PM |
初めまして、この一年毎回篤姫を見終わった後にいづなさんの感想を拝見するのを楽しみにしておりました。
歴史に疎い私はいづなさんのわかりやすい解説で理解が深まることも多く楽しむことができました。
実は私はもともと瑛太さんのファンで大河ドラマを一年通して見るのは今回が初めてでした。
歴史を愛するいづなさんから、小松演じる瑛太さんに関していい感想が聴けたことがとてもうれしかったです。
おかげさまで歴史上西郷や大久保のようにスポットを浴びることのなかった小松帯刀と言う人が大好きになりました。もちろん瑛太さんが演じたということもあるのですが・・・(笑)
清廉潔白で真っ直ぐでやさしい帯刀さんを一年間見ることができて幸せでした。
最後のシーンが薩摩時代の二人の笑顔で終わったことが瑛太ファンとしては最高にうれしかったです。
一年間どうもありがとうございました。
| ゆうこ | 2008/12/15 1:19 AM |
こんばんは。篤姫終わってしまいましたね。感無量です。
篤姫さまはもちろん、一人一人がほんと魅力的でよかったわぁ。
篤姫の最後に勝海舟に話した言葉は今の私たちにも通じる言葉で。。それこそ、何百年と香る香木のように受け継がれていってもよいような想いだと思いました。
話は変わり、やはりここに集まる皆様は司馬遼太郎氏が好きですよね。私もです。主人も好きで、今年の二月の菜の花忌の少し前に司馬遼太郎館に行ってきましたよ。執筆されていたお部屋もお庭からのぞけました。皆から寄せられた菜の花の鉢が所狭しと並べてありましたよ。私の家からは車で30分ほど、新大阪からも一時間はかからないんじゃないかな。私も大阪に住まなければ行けなかっただろう記念館だけれども、一度は皆様おいでくださいませ。
前にも書きましたが、このブログのおかげで、大河が1000倍楽しかった気がします。ありがとうございます。
| ぺんた | 2008/12/15 1:47 AM |
まりも様

コメントありがとうございます。
まりもさんは本当に「篤姫」を楽しんでいらっしゃいましたね。

>自分に置き換えると・・・ちと難しい(汗)

 まりもさんも、大変出来た方ですよ。
お会いして、本心からそう思います。

>私の方は建物の方を見入っておりましたが(笑)

 建物も見ていましたよ。
今は、巨大な病院ですが、昔はこの位だったんですね。
 東京にも明治初期の医学校の建物が残っていますが、こじんまりとして、おしゃれな中華料理屋さんみたいな感じです。笑

>実は私も司馬さんの小説大好きです。

 存じてます。笑

>いづなさんと出会えて、歴史のこと、小松さんの事、お話が出来で幸せな時を過ごす事が出来ました。
本当に本当に、ありがとうございました。
篤姫は終わってしまいましたが、またお邪魔させて頂きます。
もちろん、天地人もしっかり拝見させて頂きますね(笑)

 またいろいろ話しましょう。
こちらこそ、お守り頂いたり、コンサートにご招待していただいたり、感謝、感謝の数ヶ月でございます。
 またあそぼーね〜。
| いづな薫 | 2008/12/15 9:48 AM |
ゆうこ様

いつも御覧下さっていたのですね。
心よりお礼申し上げます。

瑛太さんは、本当に上手で素晴らしい俳優さんだといつも思います。
篤姫最終回で亡くなる時の、「もう別れなのだ、後を頼む。」との演技、泣けました。
 やらなければならないことが山ほどありながら、もう命の期限がそこに迫っている小松の、万感の思いがひしひしと伝わりました。
 瑛太さん、役に本当に成りきりますよね。
小松帯刀が本当にそこにいるかのように思えました。
 役によって背の高さまで違って見えるのがすごいです。

 私は小松帯刀と言う人物に以前より興味を持っていましたが、瑛太さんの演技でさらに印象深い人物になりました。
本当に魅力的な人です。
 
 ゆうこ様、コメントお寄せ下さりありがとうございます。
”小松瑛太”さんについて、共に語れて嬉しいです。
| いづな薫 | 2008/12/15 10:04 AM |
ぺんた様

コメントありがとうございます。

>一人一人がほんと魅力的でよかったわぁ。

 そうなんです、悪役?でも、その人の考えがちゃんと説明してあって説得力があるんです。
 上手い脚本だと思いました。

>二月の菜の花忌の少し前に司馬遼太郎館に行ってきましたよ。執筆されていたお部屋もお庭からのぞけました。

 菜の花忌の頃、司馬邸においでとは素敵ですね。
お近くに住んでいらっしゃると言うのも、羨ましいです。

>このブログのおかげで、大河が1000倍楽しかった気がします。ありがとうございます。

 こちらこそ、お付き合い下さり感謝申し上げます。
私もぺんた様と語れて1000倍楽しかったです。
 来年もよろしければ、お越し下さい。
| いづな薫 | 2008/12/15 10:10 AM |
ヨッシー様

コメントとご丁寧なご挨拶賜りまして、ありがとうございます。
篤姫と鹿児島についていろいろお話でき、楽しかったです。
ヨッシー様も、どうぞお元気でお過ごし下さい。
またいつかどこかで。
| いづな薫 | 2008/12/15 7:44 PM |
こんにちは、先日は大変失礼致しました
(> <;)

ボードウィン先生は大村益次郎さんも診て
ますか、著名な方々がお世話になっている
のですね。
大村さんで、大昔の大河ドラマ"花神"を
懐かしく思い出しました(彼が主人公で、
当時タイムリーで見てました・苦笑)

いづな様のブログと共に自分も楽しく篤姫を
観てました。髪を上げたあおいちゃんは、
広いおでことくしゃっと笑った時の眉間が昔亡く
なった祖母によく似ておりよくお裁縫もして
ましたので、年を取った最終回ではまんま祖母を
見てる感じでした(^ ^;)

来年も楽しく分かり易い記事を楽しみにして
おります、そして小説は早くもどきどきな
展開になりそうで(///)
お体に気を付け共に頑張ってくださいねv
| 土猫 | 2008/12/20 8:42 AM |
土猫さま

コメントありがとうございます。

>著名な方々がお世話になっているのですね。

当時、最先端の医療の医師ですから、みんな来ちゃいますよね。
ドラマ"花神"を御覧になったそうですが、この時、大村益次郎を手術した、緒方惟準は誰が演じたのですか?
覚えておいででしたら、教えてください。

あおいちゃんに似ていらっしゃるとは、土猫さんのお祖母様はお綺麗な方だったのですね。

>来年も楽しく分かり易い記事を楽しみにして

 書きたいことが、山ほどあります。
あり過ぎるくらい。笑
| いづな薫 | 2008/12/20 3:23 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1123234
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中