大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想「五歳の家臣」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 景勝くんちのお正月 | main | 景勝の実父、暗殺か事故死か  >>
天地人感想「五歳の家臣」
記念すべき『天地人』第一回感想、いきます!
 
冒頭、秀吉に金王冠を積まれて家臣になれと迫られていました。
 上杉家からは越後産の大量の金が献上されていたので、
秀吉の元にあった金は、上杉家の献上金がかなり占めています。
そんなもの積まれても、腹立つでしょうな。
 三成の頭、気になりました。三つアミ…あれで、関ヶ原まで出るのかしらん…。

謙信が長尾政景の死を聞いた時、風林火山の謙信と同じ馬上杯を使っていましたね。
 桶から酒を酌んだ、ワイングラスみたいな形の酒杯です。
本物は、鮮やかな水色で明からの渡来品、米沢・上杉神社にあります。
 謙信、まさに軍神でしたね。
坂戸城の柵の縄を斬るシーン、かっこ良くて言葉にならない〜ハートハートハート
喜平次が、謙信をブスリとやった時には、あちゃーと思いましたが。
 滴った謙信の血にドキリ…
喜平次父・長尾政景の死は、溺死なんですが、暗殺説を唱える人もいます。
謙信時代、幅を利かせていた謙信の母の出身である古志長尾氏と上田長尾氏は対立関係にありました。
 しかしその後、対立関係は緩和し、謙信は合戦時、姉の夫である政景に春日山城留守居役と言う、極めて重要な役目を負わせています。暗殺説は乱暴だと私は考えます。

 さて、信長&秀吉、これが結構笑えました。
信長が馬で円を描くように輪乗りしていましたが、すごかったですね〜。
あれ、とても難しいんです。
 謙信の流鏑馬も素晴らしかったし、皆さん本当に馬がお上手です。
 
 お船が、野ウサギを捕まえる汚い姫で笑えました。
お船はこの先も楽しませてくれそうです。

謙信が狩りに出かけ、家臣たちから喜平次をさらっちゃう所は、もう永久保存版ハート
可愛いすぎますハートハートハート
さらわれちゃったのに謙信の大きな背中で満足そうな喜平次が、
また愛いういウイ!

 番宣の時は何言ってるのかわからなかった、与六と子供らの喧嘩シーン。
お前は、父上を馬鹿にされて黙っているのか、ならば、フヌケじゃー!」だったのね。
いづな父が、年末の番宣時、「字幕字幕」と言っていました。笑
 喜平次様をお前呼ばわりし、殴ったって言うのが大笑いでした。
喜平次様、泉沢久秀だけかと思ったら、与六にもお前呼ばわりされてます。爆。
頭が良くて、口が達者な与六、これからも楽しみです。
 
 与六の父も母も、たまらなくいい人でしたね〜。
 そんな家族に愛されて育ったのに、引き離されて可愛そうでした。
だいぶ先の予告ですが、母が亡くなり、
「兄者、なぜもっと早く帰って来なかったんだ!」と言う、弟・与七の言葉がとっても辛いです。
 いづなが愛してやまない上杉家のお話で、興奮のあまり取り留めの無い感想ですみませぬ。笑
第一回「天地人」十分堪能いたしました。
大変たいへん、楽しかったです。

 赤りんご歴史解説は、また後日に付け加えたいと思います。 

【2009.01.04 Sunday 22:23】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(8) | trackbacks(1)|
この記事に関するコメント
いづなさま、こんばんは。

第一回拝見しましたよ。
あっという間の75分でしたね。
子役の子達がとてもかわいかった!
謙信さんもとてもカッコ良かったです。

そして、何故だか隣で見ていた若干名が・・・涙してました(爆)
来週もとても楽しみですね。
| まりも | 2009/01/04 11:21 PM |
お久しぶりです!!
今更ながら新年あけましておめでとうございます。くぁぁあ与六かわいすぎる(笑)しかし阿部さんカッコよすぎですね。終始見とれてしまいました
| ゆっけ | 2009/01/05 12:36 AM |
はじめまして、いづなさん。いつも楽しく拝見致しております。
天地人第一話、ツッコミ処満載でしたが、その中でもいづなさんが私と同じ処にツッコんでいるのにニヤリ(笑)とし、思わず初メール致しました。
そう、あの金、上杉家が献上した金の一部に過ぎない筈なんですよね。「うちの金、しかもごく一部でなに言っとるか」て話で。あれは・・脚本ミスかなと。
しかしやはり一番のツッコミ処は謙信の背中に嬉しそうに抱き着く喜平次君でして、あのシ−ン見てまず頭よぎったのは「第三話 殿の初恋」・・っていや景勝の初恋は第一話で謙信だろ、でした・・。ヨコシマですみません・・。
しかしこのドラマの喜平次君いいですよね。ちょっと愁いを含んだ表情がいい。殿は少年の頃からセクシィだったのかも?(笑)
では、話がそれてきたのでこのへんで。毎回楽しみにしてます。これからも頑張って下さいね。時節柄お身体お大事に。
| かな | 2009/01/05 3:23 AM |
あけましておめでとうございます(^^)いよいよ始まりましたね〜!出先だったのでモバイルでしたが五分前からドキドキでした。
今回は何と言っても子役のお祭り!
喜平次…あんな清純そうな美少年が成長してあの殿に!(何があったんだ!)とか、回らぬ舌が可愛すぎるだんごパン顔の与六に大ウケしながら見てました。…もいっかい真面目に見なきゃ^^;
それではまたお会いできるのを楽しみにしてます。もうすぐかな(笑)
| きりか | 2009/01/05 10:28 AM |
まりも様

今年もよろしくお願いしますね〜。
本当に、時計を見ずに過ぎた75分でした。

>子役の子達がとてもかわいかった!
謙信さんもとてもカッコ良かったです。

 そーなの、そーなの。子役たちと謙信が見ものでしたね。

>何故だか隣で見ていた若干名が・・・涙してました(爆)

 えー私も涙しました。笑
母が与六に言い聞かせるシーン…。
| いづな薫 | 2009/01/05 10:55 AM |
ゆっき様ですよね?

あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます!
与六たち子役と&謙信、良かったですよね〜。
もう、謙信鼻血ものです。笑
今年もよろしくお付き合いくださいませね〜。
| いづな薫 | 2009/01/05 10:59 AM |
かな様

初めまして、いつも御覧くださるとのこと、大変嬉しいです。
心よりお礼申し上げます。
そうそう、あの金、全く困ったものです。笑

>謙信の背中に嬉しそうに抱き着く喜平次君でして、あのシ−ン見てまず頭よぎったのは「第三話 殿の初恋」・・っていや景勝の初恋は第一話で謙信だろ、でした・・。

 あっそれいいですね。喜平次の初恋は謙信と言うことで。
でもおじちゃんだからだめなのか〜おしかったな喜平次。笑

>ちょっと愁いを含んだ表情がいい。殿は少年の頃からセクシィだったのかも?(笑)

 元気いっぱいな与六たちとは違うタイプの、男の子ですね。
いづな、与六弟・与七もすごく好きです。
あぜ道を走る幼い兄弟、弟が転んじゃって、兄が戻って来て起こしてあげるのがのがすごく可愛いです。
 かな様、ぜひまたいらして下さいね〜。
首を長くしてお待ちしております。
| いづな薫 | 2009/01/05 11:09 AM |
きりか様

あっけまして、おめでとうござる〜
今年もよろしく遊んでね!

>今回は何と言っても子役のお祭り!

 あの背の高い子が、安部政吉かな?
雲洞庵の子供たち、面白そうですね。

>喜平次…あんな清純そうな美少年が成長してあの殿に!(何があったんだ!)

 爆笑。何があったって、私きりかさんのコメントに笑ったわよ。

>回らぬ舌が可愛すぎるだんごパン顔の与六に大ウケしながら見てました。

 肝の太そうな子だよね。
頭良いし、良くしゃべるし、次回は大人の与六が出てくるんですかね。楽しみです。
 あとでメールしますわ〜。
| いづな薫 | 2009/01/05 11:18 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1139295
トラックバック
天地人感想「北の独眼竜」
ついに北の独眼竜、伊達政宗登場。 松田龍平は、たたずまいはいいけれども、戦国武将を演じるには、少し線が細いような気がしましたね。 まあ、今回は、兼継に娘ができたこと、いわば、生まれいずる命と北から忍び寄る、血なまぐさい戦の気配、これらが強いコントラス
| 大河ドラマ天地人 | 2009/07/12 11:13 PM |

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中