大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想「泣き虫与六」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 敵に塩を送る | main | 雲洞庵 >>
天地人感想「泣き虫与六」
雲洞庵の子供ら可愛いよ〜。
姿勢良くお掃除する喜平次や箒の持ち方がおかしい与六、兄貴分で背の高い安部仁介、みな可愛いです。
 与六と喜平次は、周りから浮いている者同士、接近していくんですね。

 仙桃院、樋口惣右衛門、そして謙信ら親御さんチームも、みな子供の事心配していて、いいねえ。
 仙桃院と謙信が一緒に食事しながら、子供らの事を語っていて、相変わらず夫婦みたいな姉弟で好きです。
 
 なんとこの時、いづな宅に宅急便が来て一時中断。
ちっ!と思ったが、注文しておいた米沢ラーメンじゃったラーメン

 で、もう一度録画で見ることに。
信長、毎回出てくるんですかね。
”今日の信長コーナー”の時間枠があるのかしら。笑

 子供達が、本当に演技上手ですごいです。
ご飯抜きを命じられ、おにぎり持って来てあげる優しい喜平次。
よろく、」と優しく声かける喜平次の声、いいですな。

大雪の中、家に戻っちゃって与六と喜平次が遭難しないかと、ハラハラさせられました。

与六ママも、名演技ですよね。
 ママが与六を追い返すシーン、喜平次が迎えに来るシーン、本当に泣かせます。
 与六ママが息子をおぶってくれた喜平次に、
感謝し手を合わせる所喜平次がそれを知っている所、思い出しても涙が出ます。
 いづなは若手?女性脚本家が好きですが、今回もいい脚本ですな〜。
喜平次はこの時、「与六の母御は、喜平次に与六を下されたのじゃ」と思ったんでしょうね。
 やりたいほーだいな与六と、聡明で優しい喜平次の組み合わせ、実に素敵、素敵すぎまする〜。
 14歳になった与六が泉沢と妻女山に登り、川中島を見てましたね。
私も登りましたが、この景色は今でもあまり変わりません。
 武田信玄からラブレターメールピンクもらっちゃった高坂おじさんが、出てましたね。笑
 景勝の趣味&刀好きや、妻女山のことなど書きたいことは山ほどありますが、長くなるので、またの機会に。

【2009.01.11 Sunday 22:16】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(3) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづなさん、こちらからご挨拶を〜いつもありがとうございます♪
いやあ二話には泣かされましたね〜。私も喜平次が与六をおぶって振り返るシーンが一番好きです。あれを成人キャストで想像するとちょっと遊べますよね(何が)
安部少年も分別のあるいい子でしたし(^^)ホントに来週が楽しみです〜。春日城大広間も一目でわかるようになってきました!
| きりか | 2009/01/12 4:37 PM |
ヤッホーゆき様

お写真ご提供いただき、昨夜はメールもいただきありがとうございます。

>友人からメールで「隣で親が号泣している」と報告が(笑)

 あれは、泣くよ〜。

>「与六、殿に対してえらそー過ぎなんですが・・・」と何度つぶやいたことか。

 来週もっとえらそーなのが出てくるから。
お船>与六>殿。←勢力関係。

>おにぎり持って様子見に来たり雪の中おぶって帰ったりする喜平次様が健気だったら。

 いやー喜平次可愛いですよね。
優しいんだもん。 

>主従の今後の関係を上手に匂わせていたように思います。

お船>与六>殿。←勢力関係。しつこい。笑

>雲洞庵のお小姓衆の中に、妙に髪の毛のボリュームが多い子がおりましたが、あれがのちのパパイヤさんですかね?(笑)

 そーです!
腕の立つツワモノ泉沢も、子供の時はよく泣くんですねー。笑
| いづな薫 | 2009/01/12 7:04 PM |
きりか様

毎度毎度、お世話になっております。

>いやあ二話には泣かされましたね〜。私も喜平次が与六をおぶって振り返るシーンが一番好きです。

 雪の中でくるくると回って、与六をあやしている喜平次、可愛いですよね。
 もーたまらん。

>あれを成人キャストで想像するとちょっと遊べますよね(何が)

 いつもながら、きりかさんの発想が面白いですな。
成人キャストで、いっぺんやって欲しいです!爆
腰が、グキッっとなってしまうかも。

>安部少年も分別のあるいい子でしたし(^^)ホントに来週が楽しみです〜。

 あのまま大人になると、安部政吉は成人してからも、まじめで誠実な家臣なんでしょうね。
 
>春日城大広間も一目でわかるようになってきました!

 私達、上杉家の建築物にものすごく詳しいよね。笑
| いづな薫 | 2009/01/12 7:12 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1144022
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中