大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 春日山城と、天地人博 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 鮫ヶ尾城の米蔵 | main | お屋形さまの命令 >>
春日山城と、天地人博
鮫ヶ尾城から、いったん東京に戻り、また越後にUターンして、春日山にいきました。
春日山城を大手道から登り、柿崎屋敷、景勝屋敷、大井戸曲輪、毘沙門堂と見て行く。
 三の丸に降り、景虎屋敷、米蔵を見る。
直江屋敷にも向かう。

左:毘沙門堂                  右:直江屋敷跡


 この後、春日山から北上し、居多神社(こたじんじゃ)に参拝。
上杉家のご本をたくさんお書きになっている、花ヶ前さんが宮司を勤める神社である。
親鸞聖人の越後七不思議の一つ、「片葉の芦(あし)」が群生する神社。
ふつう芦(あし)は、交互に葉が付くが、片方にだけ生える。
 親鸞が居多神社に参拝したら、一夜で境内の芦が片葉になったと伝えられる。
 
 そのあと、謙信が再興した五智国分寺に参拝。
そして、近所の光源寺に行く。
ここは、川中島合戦の発端となった、村上義清が葬られ、供養塔がある。
 長野県埴科郡坂城町の墓所は、分骨。
 
左:居多神社         中:五智国分寺         右:村上義清供養塔のある光源寺。


 村上義清は、死して後、実子・山浦景国(謙信養子)によって、五智に埋葬されたと言われている。

 直江津から、五智までを府内と言い、謙信の時代、城下町として繁栄を極めた。
 五智から、直江津の天地人博へ向かった。

 このキャラクター、3人セットの”けんけんず”の”けんけん”だそうだが、この日、仲間の謙信くんと、兼続くんがいない。
 スタッフさんに、「お友達はどうしたんですか?」と聞いたら、
出張中とのお返事が。
 「どちらへ?」としつこく聞いたら、
「今日はスタッフが足りないんですよー」と吐露。
あー休日で混んでいるものね。笑

お土産店で売られていた、のかんざし。勇気のある人、差して下さい。笑

【2009.04.01 Wednesday 21:23】 author : いづな薫 
| 春日山城、新潟 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
春日山旅行記アップしてくれたんですね♪
ありがとうございます^^
行きたい所がまた増えて困ってしまいます^^;
天地人博は”大河ロケ対応”って感じで米沢のより物足りなさを感じたのは私たち(だんな&娘)だけでしょうか・・・
"けんけんず"には逢えませんでしたがやっぱり"かねたん"がかわいいかなぁ・・・。
旅行記楽しみにしていますので、よろしくお願いしますm(_"_)m
| えび | 2009/04/02 9:21 PM |
えび様

コメントいただき、感謝いたします。

>春日山旅行記アップしてくれたんですね♪

ご参考になれば幸いです。
私が春日山に行った日、すごい強風だったんです。
今日は、誰もいないかなと大手道を歩いて実城へ登ったら、人がいっぱいで、驚きました。

>天地人博は”大河ロケ対応”って感じで米沢のより物足りなさを感じたのは私たち(だんな&娘)だけでしょうか・・・

 米沢は、なんと言っても博物館が付いていますからね。笑
天地人博、各地の特色があって面白いです。
上越は、やはり謙信色が強いですよね。
また、旅行記など面白いことあったら、書きます。
 いつも御贔屓にして下さり、御礼申し上げます。

 
| いづな薫 | 2009/04/03 3:02 PM |
春日山城、行ってみたいと思いながらも、遠く九州にいるので、なかなか果たせません。
天地人博のけんけんず、知りませんでした。
| 桃源児 | 2009/04/05 1:07 AM |
桃源児様

ようこそお越しくださいました!
コメント嬉しいです!

>春日山城、行ってみたいと思いながらも、遠く九州にいるので、なかなか果たせません。

 九州の方でしたか。
昨年は、篤姫ゆかりの薩摩へ近かったですね。
 春日山城、鮫ヶ尾城、坂戸城などみんないいですよ。
そこに、謙信や景虎、景勝がいたと思うとたまらないです〜。

| いづな薫 | 2009/04/05 9:52 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1195305
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中