大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 今頃見ました、ヒストリア上杉謙信 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 上杉ゆかりの地なのに・・・ | main | お屋形さま簡単レシピ >>
今頃見ました、ヒストリア上杉謙信
 若き日の謙信が映像で見られて、うれし〜。
 修行僧姿なんて、めったにあることじゃないんだ。

 歴史番組や大河ドラマ、なんて言ったって、自分の愛する人たちの生きている姿を見られるのがたまらん。泣
 
 謙信は27歳の夏、家臣同士の土地争いで悩み出家し家出をします。
 家出をすれば家臣も困るので、争いをやめるだろうと言う、作戦だったと研究がなされています。
 高野山に向うつもりだったと言う説もありますが、春日山から25kmくらいの関山権現で、家臣の説得に応じ春日山に帰ります。
 この時、説得しに来たのが、謙信の義兄で景勝の実父長尾政景と言われています。
 景勝、2歳(今で言うと1歳)の時のことでした。
 
いろんな、謙信映像が出て来ましたね。
雄たけびを上げてた謙信、この兜、今景勝が被っていますね。鎧も同じかも。
この兜の”前立て”は、本物の謙信兜のレプリカで、上杉神社に本物があり、入場券にも印刷されています。
 
不識庵を名乗るきっかけとなった、益翁宗謙(やくおうしゅうけん)との禅問答良かったですね。
謙信の人生を考える時、強烈な仏教思想への憧れと、大変高い教養を抜きにしては語れません。
 
人を助けて軍事行動を起こすと言う思想も、また犠牲を強いるもの、それを諌めた僧・益翁宗謙は、林泉寺の高僧です。
謙信の子供の頃の先生であった、天室光育の高弟です。

上越林泉寺の「第一義」の額、謙信筆の宝物館に本物があります。
(現在山門上のは複製)
この第一義の考えを、謙信は、益翁宗謙との禅問答によって学びました。
天地人でも、景勝が第一義の”携帯ミニ掛け軸”を持ち歩く予定?笑

益翁宗謙の諫言を受け入れ、尊敬し、その名から一字授かり、謙信と名乗ります。
 
誰にも頭上に戴かぬ戦国大名として生きるのに、僧侶を常に教育者・師として仰いでいる所に、謙信の謙虚さがあります。 
謙信の”謙”は、謙虚のであるのかもしれません。 

景勝への字のお手本、イロハの”イ”一音に対し伊、井、亥など別字を10字ずつ書き幾つかの読み仮名も加えています。
どんなに忙しくとも、景勝の教育に熱心に取り組む、愛情深さが伺えます。

 謙信の”伊呂波お手本”と、”ちび勝君お守りありがとう”のお手紙は、共に国宝です!

歴史秘話ヒストリア、再放送あります!
4月15日(水)8:15〜8:58 BS2 全国
4月15日(水)16:05〜16:48 総合 全国

【2009.04.10 Friday 10:36】 author : いづな薫 
| 上杉謙信 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづな様〜

再放送情報、ありがとうござりまする!!あぁ良かった…ありがたや再放送!(笑)ムリヤリでも弟連れて見てやります。NHK総合のやつは帰りの電車の中(笑)なんで、BSの方見ますね。これでまた1つ上杉の勉強になります〜(^v^)
| ルーイ | 2009/04/10 5:00 PM |
ルーイ様

ヒストリア再放送、BSは”午前8:15〜8:58”ですよ〜。
朝です。御覧になれますか。
ぜひ見て下さいね。
いづな、録画して何度か見ました。
内容的には簡単すぎる位なんですが、益翁宗謙(やくおうしゅうけん)とのエピソードが良いですよ!


| いづな薫 | 2009/04/10 7:46 PM |
またまたお邪魔します。

もちろん録画ですよ。(笑)夕方はテレビ占領されるかもしれないんで。あはは〜(^O^;)夜やってくれりゃ見れるのにな〜
| ルーイ | 2009/04/10 10:50 PM |
ルーイ様

すっみません、今頃コメントお礼です。
どうもありがとうございます。
で、ヒストリア上杉謙信は、御覧になりましたか?
| いづな薫 | 2009/04/15 10:43 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1202767
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中