大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「信玄の娘」 虎穴(こけつ)一家の場合 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 天地人感想 「信玄の娘」 | main | 景勝のボーイフレンド >>
天地人感想 「信玄の娘」 虎穴(こけつ)一家の場合
娘出現に、虎穴一家、家庭内戦争勃発か!?


【2009.04.20 Monday 11:57】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(5) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
爆・笑^^v

いつまでも虎穴に守られて
二人の息子さんには幸せに暮らしていただきたいです

ところで、去年観た歌舞伎の

本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)
有名な三姫(赤姫)の内の一人ですが
            
八重垣姫(配役・玉三郎)
が、菊姫のことだったのではという情報に
今更気がついた、うっかり者です。
相手役の
武田勝頼(配役・菊之助)                
が、景勝ではなかったかとの情報に浮かれてしまってます。
なぜかというと
この中で、八重垣姫が勝頼に恋焦がれるくだりが見せ場の一つでもあるからです。
歌舞伎の演目で時代物に限らず、本名では描く事が禁止されていたので匿名での筋書きになっていて今まで観てきた出し物のルーツを
掘り起こしてお勉強中なおバカでした(苦笑)
   
| 朧 | 2009/04/20 12:49 PM |
朧さま


毎度お世話になっております。

>いつまでも虎穴に守られて
二人の息子さんには幸せに暮らしていただきたいです

 ありがとうございます。嬉しいです!
            
>八重垣姫(配役・玉三郎)
が、菊姫のことだったのではという情報に
今更気がついた、うっかり者です。

 ええええええええええーそうなんですか?!
私は菊姫がモデルだとは存じてましたが、演目を見ていないので相手役を知りませんでした。

>八重垣姫が勝頼に恋焦がれるくだりが見せ場の一つでもあるからです。
 
 このコメント見て、びっくり。
近親相姦かよ!!笑
           
>景勝ではなかったかとの情報に浮かれてしまってます。
なぜかというと

 今度、続きをぜひ聞かせてください。
| いづな薫 | 2009/04/20 3:06 PM |
今ちょっと読んでみたのですが
どうやら、ガセ??
それにしても
八重垣姫は長尾景虎(謙信)の娘で
(ここをスルーしていました)
武田勝頼の許婚という設定になっていました。
通しで上演しないので
ただただ
玉三郎丈の美しさに見とれているだけの演目でした。
もしお時間あれば↓
ttp://homepage2.nifty.com/hachisuke/yukahon/honchou24kou.html

にて、
景勝のお名前や勘助も
色々面白おかしく又ファンタジック(笑)なお話しでありまする。
お騒がせ致しました(泣)
| 朧 | 2009/04/20 6:37 PM |
何度もすみません。
モデルは菊姫みたいですね。
お家毎入れ替えての脚本だと見れば
歌舞伎では、ありの筋書きでした・・・。

| 朧 | 2009/04/20 6:38 PM |
朧さま

いろいろお調べいただいて、ありがとうございます。

>八重垣姫は長尾景虎(謙信)の娘で

 えっ!実子ですか?!養女にしても、武田勝頼の許婚?!
すごい設定ですな。

>玉三郎丈の美しさに見とれているだけの演目でした。
もしお時間あれば↓

 何かものすごい字がいっぱい書いてあったんですけれど。笑
村上義清が出てくるんですね。何か感動。

>モデルは菊姫みたいですね。

 設定が長尾景虎の娘で、勝頼の婚約者で、菊姫がモデル…。
うーん、虎穴信玄夫婦に、娘が出来て、景虎景勝兄弟が「妹だー」と騒いでいる構図が浮かびました。笑

 本当、情報ありがとうね〜。 
| いづな薫 | 2009/04/20 6:46 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1208312
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中