大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「直江兼続誕生」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 直江兼続の釣り灯篭(とうろう) | main | バニー景勝 その2 >>
天地人感想 「直江兼続誕生」
 信綱事件、説明があってホッとしました。笑
御館の乱で人が死に、論功行賞でまた殺害事件とは、昔って本当大変です。
「ムコとして、勤め果たさずすまぬ…。」と言う信綱、哀れですな。

 今時お船みたいな女性はたくさんいるが、当時は女性を頼りにした上杉家の家風プラス兼続のような夫も得て、
彼女も活躍出来たはずである。
 
 それはともあれ、いづなは信長の越中侵攻、織田×上杉の息詰まる攻防戦に非常に興味がある。
 いづなも先日米沢で見てきたが、極めて貴重な第一級史料が現存し、その緊迫感を今に伝えるからである。
 これらを含む『国宝・上杉家文書』を、初めて目にしたのはずいぶん前だが、見た時は、
克明な記録に足が震えるほどだった。以来、いづなを虜にしている。

 ドラマでは、吉江と安部が今回魚津に行く事になった。
 謙信時代は織田との攻防戦は加賀(石川県)のあたりだったのに、1582年には、魚津―松倉城ライン(富山県)まで攻め込まれているのである。
 
 魚津城と言うのは、謙信の寵臣・河田長親が城主であったが、天正9年(1581年)に没。
彼は近江の国(滋賀県)出身で、謙信30歳の上洛の際、近江・日枝山王権現参拝時に美貌を見初められて側近になり
官僚としても大変優秀だった人物である。こんなん多いなー笑。
 先日戦国カフェで紹介した景勝のBF清野長範みたいな人物である。
 
とにかく、重鎮河田長親が魚津城で没して、越中魚津は急に情勢不安になったのである。
 
 織田×上杉の攻防戦、これだけ抜粋して見たいものである。

大河で話さないお話を、ふたつ。

1)  三成と初音(幸村姉)は、妖しい関係を匂わせる。
  しかし、三成の妻と、真田昌幸の妻(幸村の母)は、実の姉妹である。
  つまり、初音の父真田昌幸と石田三成は義理の兄弟で、
   二人の妻の実父・宇多頼忠は娘夫婦である三成夫妻と一緒に暮らしている。
   初音は、実在の人物でないので、幸村とは母親が違う設定なのかもしれないが、同じだったら、
  三成と初音は実の叔父と姪になってしまう。笑

2)  武田へ援軍の大将に景勝が「政繁が良かろう!」と言っていた。
   彼は、謙信の養子となった人物で、景勝の姉の夫である。(謙信養子と景勝姉夫は別人説もあり。)
 景勝の義理のお兄さんなのである。
 「政繁」でなくて、「政繁殿」くらいで呼んだであろう。
  景勝は、姉夫婦をかなり頼りにしていたようで、義兄・政繁に、何かと相談する手紙が現存している。
   おにーたんに、アドバイスを求めているのである。ハート 
  しかし、政繁は、上杉家を出奔し徳川家に仕えてしまう。殿泣悲しい
   一説に、兼続と合わなかったとか言われているが、真相は不明である。 

来週、「義の戦士たち」見ごたえありそうです。
『戦国カフェ』でも、魚津城特集、組みます!

【2009.04.26 Sunday 22:37】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(5) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんにちは。

ドラマでは描かれていなかったり、ナレーションでさらっと終わってしまっている部分に、かなりの面白味が隠されていますね〜〜。

「政繁が良かろう!」と言われたときに、あ、この見知らぬ人も信頼されている重臣なのね〜と思っていました。お義兄さんでしたか・・・。

来週は見せ場ですよね。派手な攻防が見られるといいなあ。
特集も期待しています。
| Yumiko | 2009/04/27 11:53 AM |
Yumiko様

コメント、どうもありがとうございます。
仰るとおり、ドラマなので兼続以外はさらりと書かれますね。
 景勝も義父謙信同様、母や姉の影響を強く受けた人だったと思います。
 景勝が、政繁にアドバイスを求め政繁が返答している手紙が残っていて、大変興味深いです。
 来週の『義の戦士たち』、そりゃあもう辛い話なんですが、ぜひとも見たいですよね。
 こうやって義を貫いた人が本当にいたんだと思うと、感無量です。
| いづな薫 | 2009/04/27 1:22 PM |
いづなさま☆こんばんは。日曜8時に野暮用で放映が見られず。
ダンナの録画したビデオを昨日のお昼にやっと見ました。
信綱さん、事件の顛末が語られましたね。
お船ちゃん。今際の際のご主人に「のぶつなさま〜」ってのが
違和感ありましたよね〜。普通「あなた」とか「だんなさま」とか「殿」でしょうに。やっぱ婿養子であることの含みでしょうか?
合戦の場面は、相変わらず迫力無いです〜。
これは、もう仕方ないと諦めていますが。
しかし、いくら予算が無いからって、景勝お殿様の
着たきりすずめの衣裳はどうにかしてあげたいです。
景虎くんは、あんなに衣裳持ちだったのに、景勝お殿様
なんか、もう少し殿様らしい格好させてあげて〜(T0T)。
せっかく、セリフも増えてかっこいい見せ場も増えて
来ましたのに〜〜。
しかし、今回の萌えどころは、やはり兼続とお船ちゃんの
結婚を「…気が進まないのだが…」と、複雑そうな表情を
見せてくれた場面でございました〜。
(かわいいおまえを女子に娶わせたくは無いのだが〜汗)
って見えましたよね〜。(妄想視線)
婿になった後も、夫婦が顔合わせをしていないというのも
ますます、膨らむ妄想に拍車を掛けてくれました〜。
(それにしても、松方弘樹の徳川家康は何とかして欲しいです)
| poppy-23 | 2009/04/28 11:54 PM |
poppy-23様

コメント嬉しいです。ありがとうございます。

>もう少し殿様らしい格好させてあげて〜(T0T)。

 うーん、そのうち素敵なると思います…。
景虎は、確かに派手でしたね。華姫と並べると孔雀の夫婦。笑

>今回の萌えどころは、やはり兼続とお船ちゃんの
結婚を「…気が進まないのだが…」と、複雑そうな表情を
見せてくれた場面でございました〜。

 笑、実は私の母が同じ事申しておりました。母よコワイぞ、笑。
松方家康のあの頭は何なのでしょう???
何も説明がないのは、よほど素敵なサプライズでもあるんでしょうか?!
| いづな薫 | 2009/04/29 9:02 PM |
直江兼続誕生見ました(というか毎週見ていますが)。まあ御館の乱が終われば次は魚津城攻防戦(ちなみに私は魚津の隣の滑川市出身です)→本能寺の変と続きますから,今週は割りと箸休め気分で見てしまいました。ところで天地人はあくまで光秀単独犯行説で本能寺の理由を進めるのですね。まあドラマの流れからはその方が単純明快でいいかも知れませんね。ところで信長のセリフで「上杉を打てば天下統一はなったも同然」という場面がありましたが,あの当時は毛利,北条,奥州、九州とまだまだ攻める地域はあったはず。信長さんせっかちですね。
| 尊氏 | 2009/04/29 11:07 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1212716
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中