大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「義の戦士たち」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 景勝&菊姫トークショー | main | 前田慶次郎と、直江兼続の史跡 >>
天地人感想 「義の戦士たち」
魚津城の火の粉散る戦闘シーン、臨場感ありましたね。
血だらけの使者が、春日山城に担ぎ込まれるのもリアルで、魚津の苦戦を伝えていました。

CGに挟まれる、吉江と安部たちの死闘に手に汗握り、「魚津へ行かねば…」と言う、悲痛な景勝に胸が詰まりました。

 景勝に「すごいオナゴだ」感心されるお船、女性としてより、人間として頼りになる人物だったんでしょうな。

 魚津城内で、握り飯を食べながら、吉江と安部が家族を語るシーンがありました。
 自分が死んでも弟が取り立てられる、と言う安部。
郷に残して来た妻子を思う、吉江。
 先日、このブログでも紹介した「蓼沼泰重(たでぬまやすしげ)の手紙」をドラマ仕立てにしたんですね。

 天神山城に兼続らが居た時、厩橋城(まやばしじょう、現:前橋)から滝川一益、海津城(現:長野県松代)から森長可が春日山に攻めて来る。
 森長可は、あと1日で春日山と言う距離まで迫っており、魚津のみならず春日山も危うい状況なのである。
 上杉家はこの時、絶体絶命の危機に瀕している。
景勝自身、出馬を約束し、天神山に参陣しながら、魚津救援をあきらめざるを得なかった。
 魚津城の人たちはもちろん、兼続、景勝の心中如何ばかりであったかと推察する。
 430年経った今でも、深い心痛を感ずる。
越後は、武士道発祥の地、吉江や安部にその精神が見える。
 ちなみに余談だが、森長可は森蘭丸の実兄である。

 来週の予告にも萌えたぜ。
魚津に馬を駆り助けに行く、景勝と兼続。
 彼らの目の前で、最期を遂げる安部たち。
この予告だけで、魂が揺さぶられる感じがしました。

 最後に、今回最も印象的だった場面をひとつ記す。

説得かなわず、兼続が魚津城を後にする時の、安部とのやり取りが忘れられない。

兼続 「あふぇどの〜(安部殿)」
安部 「わしは、お前とめぐり合えて良かった。
    おまえのような者に行く末を託すことが出来るのは安心だ。
    無事を祈る。
    我らが敵に攻めかかる前に、無事に抜け出せ。」

安部が持っていた観音様、
生ある運命が、安部から兼続に手渡された感じがしました。

【2009.05.04 Monday 14:38】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(6) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづなさま☆おきゃ〜りなせ〜やし。(いや、名古屋弁のつもりじゃなくて〜)
3日の放映は、ひさしぶりに大河の醍醐味を味わいました〜。
>吉江と安部たちの死闘に手に汗握り
やっと、まともな戦闘シーンを見せてもらえたんでしょうか?
それにしても、辛いシーンでした。越後自体が危ないってことは
吉江と安部、両氏とも分かっていたと思います。
でも、配下の軍民達はそこまで思い至りませんよね。
二氏の決断は個人的には素晴らしいけど、配下の足軽とか
やっぱり降伏してあげてほしかったですね〜。
今さら言ってもどうしようもないけど、
>、握り飯を食べながら、吉江と安部が家族を語るシーンがありました。
痛恨!見逃しました〜。
(すみません、わたし子持ち主婦で8時台は何かと忙しく〜)
そんなシーンがあったのですね。まさに「蓼沼氏の遺書」の
再現化。当時の武将は自分の死に方。生き方が一族の
先行きに関わる問題だったのですよね〜。だとしたら、やっぱり
「あいつは、的に寝返って生き残ったやつだ」と、言われるよりは、死して名誉を守りたいのでしょうか?
信長も、武田を凌駕したとき、寝返った武将を全部、首をはねた
そうですね〜。
>来週の予告にも萌えたぜ。
うんうん!来週の予告編がかなり気になって
NHKに見に行きましたよ〜。
>説得かなわず、兼続が魚津城を後にする時の、安部とのやり取りが忘れられない。
「あふぇどの〜」だったのね。いや、あの泣き顔に萌えました。
身も世も無いと言うか?
かっこつけもない、子供のようなボロボロの泣き顔。
あれが、与六泣き?つ〜か、よかったです。
その前に幼名で呼んだような…。。。
「じょおきち〜〜」(ちがうかな?)
とてもとても、とても感慨深い放映でした。
主人公にとって、良い場面ばかりでなく
辛い選択を迫られた人々の懊悩や、切り捨てられる側の
苦悩と覚悟、頭で分かっていてもどうしようもない
道筋の選択で人間の嵩の厚さが出てくるんですよね〜。
語りたい、場面が多すぎてまとめられません。
次回、メチャメチャ楽しみです。
待ち遠しくて、妄想も破裂しそうです。
| poppy-23 | 2009/05/05 7:29 AM |
poppy-23様

いつも尾贔屓にして下さり、感謝でありんす。

>越後自体が危ないってことは
吉江と安部、両氏とも分かっていたと思います。
でも、配下の軍民達はそこまで思い至りませんよね。
二氏の決断は個人的には素晴らしいけど、配下の足軽とか
やっぱり降伏してあげてほしかったですね〜。

 同様の御意見、他にもありました。
 蓼沼の手紙にもあるように、足軽も城将も生きて帰りたい気持ちは同じだと思います。
 ただこの時、春日山が危ないだけでなく、救援に来ていた景勝軍でさえ挟み撃ちにあっておかしくない状態でした。詳しくは、ブログで述べます。
 魚津城は最終防衛線でそこが落ちると言う事は、上杉家滅亡を意味すると言う意識があったと思います。
 
>うんうん!来週の予告編がかなり気になって
 
 予告良かったですよねー。あれだけで泣けます…。

>「あふぇどの〜」だったのね。いや、あの泣き顔に萌えました。
身も世も無いと言うか?
かっこつけもない、子供のようなボロボロの泣き顔。

 本当そうでしたね。
家老なんですが。笑。可愛い家老です。

>「じょおきち〜〜」(ちがうかな?)

 仁介(じんすけ)ですね。

>辛い選択を迫られた人々の懊悩や、切り捨てられる側の
苦悩と覚悟、

 彼らの辛労辛苦を思い、430年経った今でも、心痛む気持ちがいたします。
| いづな薫 | 2009/05/05 8:39 PM |
いづなさん、上杉まつり&トークショーお楽しみになられたご様子で何よりでした。

じつはやっと18話をみることができまして(^_^;)
家族が寝静まってから正座して見終わったところでございます。
泊りで出かけていたせいもあるのですが、見るのに覚悟が山ほど要りました…。

でもって感想も、何も言えません(泣)
なのにこうして、いづなさんに泣きつきにきました。
どうも、思い入れが強すぎてますね。

来週はまた、各所のフォトギャラリーの安部氏がえらくいい男で(泣)
また泣きにきます…(うっとおしくてごめんなさーい)
| きりか | 2009/05/06 1:58 AM |
素直に楽しまれているブログを見つけ、安堵。脚本やら映像やら、挙げ句の果てには兼続の泣きっぷりをけなすコメントばかりがネットに並び、腹立たしく思っていました。若くして苦渋の決断を始終迫られた兼続の瞳は、いつもいつも涙で霞んで前が見えなかった程では?と思われてなりません。兼続とともに生き兼続とともに死すと覚悟を決めた妻夫木さんの意気込みが感じられようというもの。殿も北村さんの役作り通り、見事に渋みを増してきた!山本さんのおにぎりを握りしめる手も震え、泣かせましたね。こうして天地人を楽しんで見てきた我々だからこそ、私達にしか味わえぬ感動がこれからいくつも待っていると思います!!
| アビー | 2009/05/06 7:08 PM |
きりか様

本日は、久々にお会いし、お買い物までご一緒でき、本当に楽しかったです。
どうもありがとうございます。

>家族が寝静まってから正座して見終わったところでございます。
感想も、何も言えません(泣)
なのにこうして、いづなさんに泣きつきにきました。
どうも、思い入れが強すぎてますね。

 うーん、魚津は、私たちにとっても特別なものになりましたね。
 私も感無量です。次回もまた心して見ます!
 きあさんも一緒にまた集まりましょう。

>安部氏がえらくいい男で(泣)
また泣きにきます…(うっとおしくてごめんなさーい)

 ●HKHPをしばらく見てなかったんですが、エライ替りようですな。笑
 爽やか初夏な映像になっておるわ。笑
 フォトギャラリー拝見しました。
 安部コーナーが出来ているんですね。
一番上の写真超かっこええです。
「殿は来ない方がいい」の安部の言葉に、泣けました。じーん。
| いづな薫 | 2009/05/07 8:05 PM |
アビー様

コメント大変嬉しいです。
心より感謝いたします!

>楽しまれているブログを見つけ、安堵。

 楽しい事を見つけることが好きなんです。

>始終迫られた兼続の瞳は、いつもいつも涙で霞んで前が見えなかった程では?と思われてなりません。

 はい。
 本物の兼続や景勝が書き残した物や歴史の本を見て、なんと苦難の多い人生かといつも思います。
 私は、歴史ファンなので、ドラマより史実の兼続・景勝の印象の方が強いです。
 ドラマで笑っていれば、彼らも楽しかったこともあったかな、と安堵し、泣いていれば、時には一緒になって泣きます。
 この先も、特に次回は期待できそうですね。

アビー様、ぜひまた当サイトにお越し下さいませ。
首を長くして、お待ちしております。
| いづな薫 | 2009/05/07 8:50 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1217432
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中