大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 前田慶次郎と、直江兼続の史跡 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 天地人感想 「義の戦士たち」 | main | 謙信公に会いました! >>
前田慶次郎と、直江兼続の史跡
米沢駅を降り、サイトご常連兼友人のビビアン様と待ち合わせる。
我らは、ビビアンさんの愛車で、上杉まつりの前に前田慶次郎史跡めぐりに出発!
行った人→ビビアン様、K様、いづな
駅を降りた途端、米沢駅東口が黄色い旗の山
 ビビアンさんも車で来る途中、その黄色い旗に「工事中か!?」と驚いたと仰る。
 よく見ると、コレ


と言うわけで、慶次郎の供養塔がある善光寺
慶次郎の力石、隠棲後は里の人と力比べでもしたんでしょうか。


同じく善光寺内の。慶次郎の供養塔


慶次清水
慶次郎の屋敷、無苦庵の近くにあり生活用水だったとされる、湧き水。
今も、綺麗な水が湧いています。


直江石堤
直江兼続が、洪水から城下を守るために築かせた堤防。
堤防は江戸時代になってから、何度か大雨で決壊、1812年の改修には米沢藩士延べ1万2000人を動員したと言う。
現在、市の史跡。
米沢藩、血と汗の結晶である。


龍師火帝の碑(りょうしかていのひ)
米沢市南の最上川猿尾堰(さるおぜき)左岸にある大きな石。
龍と火、弥勒菩薩の種字(梵字)が刻まれる。
龍師は風雨を司る神で、火帝は火の神を表わす。
兼続が、猿尾堰を守り干ばつ、洪水が起きないように鎮守として設置したと言う。
龍と火の文字が薄っすらと見える。
 この石、高さ1m、幅3m、厚さ1mである。
その巨岩が、台風などで猿尾堰(さるおぜき)が決壊し、川底に沈んだと言うから、かなり荒れる場所なのである。 
今でも天災は恐いが、昔は、比べ物にならないほど恐ろしかったであろう。


【2009.05.05 Tuesday 21:16】 author : いづな薫 
| 米沢 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
慶次さんどんなイイ男だったのでしょうかねぇ
会いたいものです


それにしても
大変な混雑でしたが
本日は良き日でした、
楽しいひと時をご一緒できた事
良かったです
お子の事もツボでした^^
キの字君はあの頃も景勝のお側にいたのでしょうに・・・
なんだか、ほんとに嫉妬に見えて堪りませなんだ(笑)
| 朧 | 2009/05/06 1:08 AM |
先日はお世話様でございました。

あの旗にはビックリしましたわ!
「前日まで無かったのに、今朝は何なの!?」苦笑
”米澤前田慶次の会” 頑張っておりますね!

「慶次清水」の湧き水は今も綺麗な水でしたね。
これからあの近辺はもっと整備されるのでしょうが、
そうなったら夏なんか毎日あそこに涼を求めて
入り浸りでしょうか 笑
私、水辺が好きなのです・・

龍師火帝の碑は、川底に沈んだ事があるんですね!
あの後方に流れている川は穏やかに流れていましたが、
昔はそれは恐ろしい川に変貌していたのですね。
兼続公と米沢藩士皆様の御尽力に、心より感謝です。
| ビビアン | 2009/05/06 4:20 PM |
朧さま

今夜はお出かけですね〜。
楽しんでいらしてください。また気持ち玉押します。笑
慶次ねー、新作描いたので御覧下さいね。

>お子の事もツボでした^^
キの字君はあの頃も景勝のお側にいたのでしょうに・・・
なんだか、ほんとに嫉妬に見えて堪りませなんだ(笑)

 「俺が産めないとおもってっ!」by殿
まだ言ってんのかよー笑
| いづな薫 | 2009/05/07 7:39 PM |
ビビアン様

こちらこそ、お車を出していただいたり、ご案内していただき、本当に感謝申し上げます。
 旗、目立っていましたね。

>「慶次清水」の湧き水は今も綺麗な水でしたね。
これからあの近辺はもっと整備されるのでしょうが、
そうなったら夏なんか毎日あそこに涼を求めて
入り浸りでしょうか 笑
私、水辺が好きなのです・・

 ほほう。当然ですが、米沢は水綺麗ですよね。
猿尾堰の川も澄んでいたし。
 ところで、この日のブログに「500円●●あ」を書くか否かすげー迷いました。爆
 奴が、ネットで見ていると困るのでやめました。見てるかよ?!いや分かりませんよね。笑
慶次清水で、涼を求める時は、くれぐれもお気をつけ下さい。笑

>兼続公と米沢藩士皆様の御尽力に、心より感謝です。

 ビビアン様の御先祖さまたちは、立派な方たちですね。
| いづな薫 | 2009/05/07 8:21 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1217559
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中