大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 魚津城攻防・後詰め | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 上杉まつり | main | 天地人感想 「本能寺の変」 >>
魚津城攻防・後詰め

虎穴の日本史の時間です。なんだそれ。笑


今日のお題は、魚津城攻防の戦法について。
この戦の勢力図として、魚津城に立てこもる吉江、安部、中条ら上杉軍、それを包囲する織田軍、魚津救援に駆けつけた
上杉景勝軍がいる。

援軍の上杉景勝軍を、戦略上、”後詰め”(ごづめ)と言う。
後詰めとは、味方(魚津城)が攻められたので、援軍として駆けつけ敵を追い払うことを意味する。

 しかし、織田軍の柴田勝家、佐々成政、前田利家らは、包囲している魚津城だけでなく、外側の敵、景勝軍に対しても、
激戦を仕掛けて来たのである。
 信長は特に、前後双方の敵に構える、この戦法を得意としていた。
 後詰軍が、逆に全滅させられた例が戦国時代に幾つもある、怖い戦法である。

 そして、援軍に行ったはずの上杉景勝軍も、織田軍の攻撃で、布陣している天神山(てんじんやま)から身動きが取れなくなってしまう。
 そこへ、厩橋城(まやばしじょう、現:前橋)にいた滝川一益が三国峠から侵入し、海津城からは森長可が5000の兵を連れて迫ってくる。
 森長可が関山の辺りまで来たと言うから、春日山まで25,6km、移動で1日の距離である。
 魚津城を包囲する柴田勝家と、滝川一益、森長可らに、越後は三方から包囲されてしまったのである。
 その上、越後国内では、信長と呼応した新発田重家が反乱を起こすという、とんでもないことが起きている。  
 
 春日山城に戻るのも、春日山防衛戦も命がけ、この時、景勝&直江ら上杉家の命運も風前の灯
であった。  
魚津城将たちも、殿様が生きるか死ぬかの瀬戸際に、降伏は出来なかったのだろう。
  
 歴史の”もし”はないが、もしも信長が生きていたら、上杉家は滅亡した可能性が高い。
そして私が考えるもうひとつの、”もし”。
もし、戦術の天才・謙信が生きていたらどのような采配を取ったであろうか。
 謙信が生きていたら、信長は攻めて来れないでしょうが。笑
近頃、謙信の戦術史料をまた読み返しているが、地の利、気象などの卓越した情報収集能力、人心を読む力、わずかなタイミングを逃さないなど、人間業じゃないです、やはり軍神だわ。

【2009.05.09 Saturday 22:25】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
ルーイでっす!

今回の虎穴の日本史、めっちゃ勉強になりましたよ〜!!&分かりやすい!私もこないだYahoo!MAPで原作に出てくる地名や距離感を確認しました。魚津から春日山って遠っ!とか、関山権現はここか〜、みたいな感じでまだまだ勉強中です〜。でもあの距離を馬で駆け通すなんて!驚きです。だから今日、殿が兼続を半ムリヤリ休ませるんだ!原作通り行けば、ですが。

絶体絶命の上杉も、超タイミングよく起きた本能寺で救われますが、魚津やその周りは信長が死んだのを知らぬまま…(泣)現代ならすぐに伝達されるものを!ホント歴史って皮肉です。

あ、兼続くんは光秀の密使の書状の「御当方へ無二の御馳走申し上ぐべきの由。(原作から抜き出し)」に、(無二の御馳走?もしや…)とは薄々気付いてたみたいですが、不確かな情報で動いちゃダメですからね。(笑)

天地人感想も楽しみにしてますね〜!!
| ルーイ | 2009/05/10 12:09 PM |
ルーイさま

ようこそお越し下さりました!
虎穴の日本史、お読み下さり感謝します。嬉しいです〜!

>殿が兼続を半ムリヤリ休ませるんだ!原作通り行けば、ですが。

 あっそんな風になっていましたか。すっかり忘れています。笑

>絶体絶命の上杉も、超タイミングよく起きた本能寺で救われますが、魚津やその周りは信長が死んだのを知らぬまま…(泣)現代ならすぐに伝達されるものを!ホント歴史って皮肉です。

 現代なら、メールや電話で、即伝わりますものね。
信長の死んだ翌日、魚津陥落…これは本当に悲劇です。

>(無二の御馳走?もしや…)とは薄々気付いてたみたいですが、不確かな情報で動いちゃダメですからね。(笑)

 笑、兼続に言い聞かせないとダメですね。

>天地人感想も楽しみにしてますね〜!!
 
 アップしときましたので、ご覧ください。
| いづな薫 | 2009/05/10 10:46 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1220563
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中