大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 本能寺の変  | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 天地人感想 「本能寺の変」 虎穴一家の場合 | main | 上杉景勝ステラ >>
本能寺の変 
またまた登場、虎穴の日本史
 本日、お題は本能寺

 信長が死んだ本能寺の変については、『信長公記』や、南蛮人宣教師・ルイスフロイスが『日本史』で克明な記録を残している。
 フロイスは、当時、近くの南蛮寺(イエズス会教会)にいた。
 いづなも京都の本能寺址と南蛮寺址を訪ねたことがあるが、この二寺は歩いて程近い。
 フロイスが、臨場感あふれる記述をしているので紹介したい。
 
 明智光秀軍は、本能寺に着くと、まず門番を殺害した。
本能寺内ではこの事件に気付かず、しかも小姓と茶坊主と女性以外いなかった。
 明智軍が中に侵入すると、信長はちょうど起床し、顔を洗っている所だった。
 矢が飛んで来て、信長の背肋骨にあたり、直ちに引き抜き、長刀(なぎなた)を掴み出て来た。
 しばらく戦い、肘に銃弾を受け、自室入り襖を閉ざし、切腹したと言われる。
 また、(現場に居合わせた)とある者は、彼は生きながら焼死したと言った。

 別の宣教師によると、信長は小銃で銃殺されたと言う説や、
敵が光秀だと分かった時、「自ら死を招いた」と、信長が言った記載まである。


 さくらんぼ余談ですが、私の親は、私が”フロイス”と言うと、”風呂椅子”と冗談を言います。笑


一方、久々に引っ張り出した『信長公記』の記録。

 六月一日夜から明智光秀の動きが記録され、二日に払暁(明け方)には信長の泊まる本能寺を取り囲んだとある。
 その騒ぎを信長方は、最初喧嘩かと思ったが、ときの声と鉄砲音に、謀反に気付いた。
 信長   「如何なる者の企てぞ?」
 森蘭丸  「明智でございます!」
 信長   「是非に及ばす!」(ドラマでも、よく使われるセリフですな。)
 
信長の若き家臣たちは多くが討ち死に、信長も弓を取り、2,3本射て、弦が切れたと言う。
 その後、槍で応戦し、肘に槍傷を負った。
信長は、女性たちに急ぎ逃げるように言い、姿を見せまいとしたのか、殿中深く入り、切腹した。


 死の前日信長は、本能寺で、公卿、僧侶を集めて大茶会に興じている。
茶会の大物ゲストには、謙信大好きで血判まで交わし、越後に追っかけて来ちゃった、近衛前久もいる。 

 ともかく、信長は、49年の生涯を突然閉じた。
奇しくも、謙信と同じ年である。

【2009.05.12 Tuesday 20:02】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
本能寺後を発掘して、何か出てくればいいですけど、無理ですよね。
| yukitann | 2009/05/14 1:58 PM |
ご無沙汰してます。
なかなか来れなかったので、一気に読ませて頂きました。
虎穴の日本史!いいですねぇ。
いつも解り易くかかれていて、勉強になります。

しかし、会社で"風呂椅子"を呼んで、突然声だして笑ってしまいました。コソーリ読んでたのに…。(汗)

今、ようやっと花ケ前盛明さんの「上杉景勝のすべて」を図書館で借りて読み始めましたよー。
天地人も2回程、外出してたので見れてないので一気に見て追いつかなくちゃっ。
| タカセ | 2009/05/14 3:07 PM |
タカセ様

お久しぶりっす。
コメント嬉しいです!お忙しそうですね。
お疲れ様です。

>虎穴の日本史!いいですねぇ。

御贔屓にしていただいてもきありがとうございます。

>会社で風呂椅子を呼んで、突然声だして笑ってしまいました。読んでたのに…。(汗)

タダもんじゃないでしょ、うちの親、笑


>天地人も2回程、外出してたので見れてないので一気に見て追いつかなくちゃっ。

ここ2回は魚津ですごくいいですね。
私は、天地人原作の中で魚津が1番印象に残っています。



| いづな薫 | 2009/05/14 5:12 PM |
yukitannさま

初コメント嬉しいです。
ありがとうございます。

>本能寺後を発掘して、何か出てくればいい

堀や石垣そして、瓦は結構出たようですね。
焼けてない瓦もあり、記録ほど大火ではなかったそうです。
| いづな薫 | 2009/05/14 5:14 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1222616
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中