大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 かねたん&殿 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 景勝&菊姫トークショー in 米沢 | main | ダークチェリーモカ >>
かねたん&殿




 昨日のトークショー絵が好評だったので、調子に乗って描いています。笑
日本史ボタン押してくださった方、メール&コメント下さった方、心よりお礼申し上げます。

 本日は、殿が米沢の御廟所や林泉寺にお参りしたニュースを拝見しました。
 素敵な映像見せて下さったお友達の朧さま、感謝です!

 殿が、謙信公のお墓や、景勝公のお墓に丁寧にお参りする姿は、しみじみと感動しました。
 感無量です。じーん。
 何度訪れたか知れませんが、謙信や景勝、鷹山のお墓がある限り、いづなもまた参ります。笑

【2009.05.15 Friday 21:30】 author : いづな薫 
| 米沢 | comments(6) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづなさん、素敵。。。
私のツボの二人をありがとうございます。

あの日の殿の姿が蘇るようです♪
かねたんがどんなに羨ましかったことでしょう(笑)
というか、かねたんと殿に挟まれて退場したかったです〜。
| Yumiko | 2009/05/15 9:39 PM |
Yumikoさま

毎度お世話になっております!

>私のツボの二人をありがとうございます。

 ツボなんですか!笑

>あの日の殿の姿が蘇るようです♪

 もう記憶があやふやになって来ていて、殿の髪こんなんだっけか、とか考えて描きました。(景勝姿以外あまり見たことがないので)笑
 かねたんと殿、手をつないだ姿が可愛かったですねー。
| いづな薫 | 2009/05/15 10:11 PM |
いづなさま★なんてキュートな景勝さま。。。
そっか、”愛”の下あたりに空気穴があるのね?
そんで、そっから覗きこめるのね。覗き込んで、
兼続がこっそり中でピースサインとかしてたら…
(殿、どこまでもラブですぅ。)とか。。。
めっちゃ(妄想)萌えです〜〜。
景勝(北村)さま、すごい良く似てる〜。雰囲気バッチリです。
いづな様って、文章だけじゃなくてお絵かきも
素晴らしいけど、似顔絵もとっても上手ですよね〜。
わたしも、”かねたん”の中に入りたかったです。
素敵な、レポートをありがとうございました〜。
| poppy-23 | 2009/05/16 7:36 PM |
poppy-23様

お待ちしておりましたわん。

>なんてキュートな景勝さま。。。

かねたんと並んでいると可愛いですよね。

>兼続がこっそり中でピースサインとかしてたら…

 かねたんの中に兼続ですか、笑。
かねたん、横に大きいけれど身長はそんなにあるわけではないので、いったい誰が入っているのか不思議です。
 三月に、伝国の杜で、子連れパパが、「人は入ってないよねー。」とか言っていたのが可笑しかったですが。 

>景勝(北村)さま、すごい良く似てる〜。

 えーそうですか。
実は、似ないようにイラスト風に描いているんですよ。笑
 poppy-23様、またお越しくださいね〜待っています。
| いづな薫 | 2009/05/16 10:28 PM |
殿(の中の人)を目の前で見るときは
着グルミに入っていたいと常々思っていた自分でしたが
「空気穴」から覗かれるなんて!
これはしたり・・・
もう、透明人間しか手はないぞ(笑)
| 朧 | 2009/05/17 1:02 AM |
朧さま

毎度お世話さまです!

>着グルミに入っていたいと常々思っていた自分でしたが
「空気穴」から覗かれるなんて!

 このコメントを拝見し、殿の頭の空気穴から中の人を覗く朧さまを連想してしまいました。爆
 殿と言う着グルミ?その場合、”皮”は私に下さい。笑
| いづな薫 | 2009/05/17 9:21 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1224519
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中