大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天神山城 与七の城 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 七夕の歴史 | main | 天地人ドラマストーリー後編 >>
天神山城 与七の城
今日は、与七が城主となった天神山城(てんじんざんじょう)について話したい。

読み仮名に、留意されたい。
富山県魚津市にあり、信長の魚津城侵攻の時、景勝ら救援部隊が陣を張った、てんじんやまと読む天神山城とは、別の城である。

与七の天神山城は、弥彦や、現・新潟に近い。
海抜234m、中世遺構がそのまま残っている。
尾根には空堀が複数配置され、春日山城と同じく、山城なのに枯れない水源・瓢箪池がある。

12世紀に、源頼政の弟頼行が、小国氏を名乗り、天神山に城を築いている。
14世紀には、新田義貞と共に足利尊氏を戦ったりもしている。
1554年には川中島にて、上杉謙信の家臣として武田信玄と戦った。
以後、京都から無事帰ってきた謙信に太刀を贈り祝ったり、1575年の上杉軍団の動員名簿には、与七の義父となった、小国重頼の名が見える。

 謙信の重臣として、小国氏はその名を留めていく。

1582年、与七は小国氏の養子となり、天神山城主になるのである。
禄高、9041石、かなりの大身である。
直江家と小国家、越後の名族に婿入りした、樋口ブラザース、彼らの才腕ぶりが伺える記録である。

【2009.07.08 Wednesday 22:20】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
はじめまして。
与板の近所に住んでいる与板のご近所と申します。
自分の家の近所にこんな歴史があったのか!と、こちらで勉強させていただいてます。
天神山城の麓には岩室という温泉地があります。
来月は長岡で天地人花火も上がります。
いづな様も是非お越しくださいませ。
| 与板のご近所 | 2009/07/10 1:46 AM |
与板のご近所さま

はじめまして、いづな薫です。
この度はコメント賜りまして、大変嬉しいです。
ありがとうございます。
与板のお近くとは、素敵なところにお住まいですね。
謙信の若き日、城主であった栃尾も近いですよね。
うらやまし〜です。
はい、岩室存じてますよ。
あと、長岡といえば、私は河井継之助や山本五十六のお話が好きです。いろんな時代の歴史が残る町ですね。
与板のご近所さま、どうぞまた、当サイトに遊びいらして下さい。
コメントも、心よりお待ちしております。
| いづな薫 | 2009/07/10 9:14 AM |
いづな様こんばんは!

いづな様のどのエントリーもいっつも何かしらツボをつかれるので、たっくさんコメントしたいことがあったのです。
「景勝&兼続と、秀吉のベッド」って見た時は、3人で同衾するのかと思って焦ったこととか。
「与六と与七」の回見た時、気づくと随分殿がご立派に頼もしくなられてて、ちゃんと年月を感じさせられるのに驚いたこととか!(殿にかかる手が少し離れたぶん、世話焼き兼続は与七が気になるのかと(笑))
バタバタ忙しかったらタイミングを逃し…。

やっと一息ついたところで。
ええ、ばっちりワタクシ、
「てんじんやまじょう」と読んでおりました。
いづな様のご指摘にばっちりはまるワタクシでした。
テレビで出た時、ちゃんと読まれていたはずなのに。
「てんじんざんじょう」
ひらがなで書いてあっても読めません、この名前。
絶対かむ。ごめん、小国家の皆様。
ドラマでは結構与七くんは甘い坊やっぽい描かれ方の気がするんですが、実際はご家中きっての優秀な兄弟だったんですね。才色兼備立国上杉家にときめきます。
地元は摂津の国、人生の主戦場が京の都、出自は長州と、関ヶ原が越えられません。いづな様の旅のエントリーをみて、今の憧れはずばり北陸・東北萌の旅です。
| ちこまつ | 2009/07/11 12:43 AM |
ちこまつ様

いつもご贔屓にして下さり、ありがとうございます。

>いづな様のどのエントリーもいっつも何かしらツボをつかれるので、

 それは、脳みその構造が似ていらっしゃると言う事かしら。笑

>「景勝&兼続と、秀吉のベッド」って見た時は、3人で同衾するのかと思って焦ったこととか。

 3人でなにするんですか?!爆
主従はともかく、女色オンリーの秀吉は?

>殿にかかる手が少し離れたぶん、世話焼き兼続は与七が気になるのかと(笑))
 
 みんな兼続の子供みたいですね。笑

>今の憧れはずばり北陸・東北萌の旅です。

 どうぞお出かけ下さい。
昨日までの、越後旅も近々UPしますので、ご覧くださいませ。
| いづな薫 | 2009/07/13 9:30 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1255705
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中