大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 料理好き伊達政宗 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 天地人感想 「北の独眼竜」 | main | 『龍馬伝』キャスト >>
料理好き伊達政宗


馳走とは旬の品をさり気なく出し、主人自ら調理して、もてなす事である。
by 伊達政宗チョキ


伊達政宗の料理好きは、有名である。
好きというより、和の鉄人の域である。

 人をもてなすのに料理はとても大切であり、それは主人の仕事である。

そう考えた、政宗は自分で台所に入り、包丁を握り、客に接待したそうな。
 客に出すご馳走を、メニュー、味見、配膳まで政宗が取り仕切り、その凝り性たるやいかにも、B型。笑

 政宗だけではない。
味噌が兵糧にも健康にも重要であるとし、長生きする研究を重ねた健康オタクの徳川家康もいる。
 当時、戦場では兵士たちは普通に料理したし、戦国時代版”男の料理”料理に関する関心
垣間見えて面白い。
 
 
 政宗は、「御塩味噌蔵・おえんそぐら(ごえんそぐら)」と言う、仙台城の一角に味噌製造工場までこしらえている。

 1593年朝鮮侵略の時、秀吉は大名たちに味噌持参の事を命じている。
しかし、大名たちが持って来た味噌は、暑さで腐ってしまった。
 しかし、政宗率いる伊達軍の味噌は腐りもせず美味しいままで、、他大名たちを驚かせた。
 保存方法まで、研究していたのであろう。
信憑性はイマイチの話かもしれないが、政宗が味噌を他の大名たちに分けてあげたそうだ。
 う〜ん、案外良い子な政宗くんハート


 現代も売られている、仙台味噌とは、この「御塩味噌蔵・おえんそぐら」レシピを元に製造されたものである。

 辛口赤味噌、いづなも大変好きで、常に家に買ってある。
コシヒカリで握ったおにぎりに付けると、そりゃー美味い!
米沢のウコギごはんに載せる焼き味噌も仙台味噌で作ったりする。
あ、おにぎりですが、仙台で生まれたササニシキでも美味しいと思いますよ。

【2009.07.13 Monday 20:58】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(6) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづなさん、お帰りなさいませ〜。今回も充実した旅だったのでしょうね(^_^)

すみません、少し場をお借りしてビビアン様に御礼を言わせて下さいm(__)m
ここ読まれるかわかりませんが、ビビアン様、ご回答ありがとうございます。蛍シーズンには間に合いませんが、時間が許せば温泉には立ち寄ってみたいと思います。ありがとうございました。


ところで私の普段の保養地ですが、それは一言で言ってしまえば山!
元々瀬戸内海の島出身で丘のような山にしか馴染みがなかったので、いまでもそこそこの高さや深さの山に行くと「遠くに来た〜!」と思えてリフレッシュできるんです。滝があればさらによし♪近くに温泉があれば言う事なし♪それが車で片道90分で行ける近場の山だったとしても・・!(笑)う〜ん、お手軽♪

政宗公は食にこだわりのある男、というイメージはありますが、自分で料理もしてたんですね。日保ちのよい味噌が作れたのも、トップが兵糧の大切さを知っており、さらに食にこだわりを持っていたから可能だったと思えばカッコイイ。
普段は赤味噌は使わないんですが、欲しくなってきました。デパートなら広島でも仙台味噌を売ってるかな。

しかしいづなさんのブログは歴史ブログの筈なのに、食物に惹かれる事が多いのはどうした事か(笑)
以前紹介されてた焼き味噌も真似て作ってみたんです。白味噌でですけど。でも分量を激しく間違えたらしく、もったりとした、味噌の種類云々以前の似ても似つかぬ代物になりました(笑)今度は仙台味噌で作ってみようと思うんで、大体の比率を教えて下さい〜(>_<)
| かな | 2009/07/14 2:08 PM |
かな様

コメントうれぴーです。ありがとうございます。
いづなさん、お帰りなさいませ〜。

帰ってまいりましたー。

>ビビアン様に御礼を言わせて下さいm(__)m温泉には立ち寄ってみたいと思います。ありがとうございました。

だそうです、ビビアン様。

>そこそこの高さや深さの山に行くと「遠くに来た〜!」と思えてリフレッシュできるんです。滝があればさらによし♪近くに温泉があれば言う事なし♪そ
山に滝に温泉、最高ですね。

>歴史ブログの筈なのに、食物に惹かれる事が多いのはどうした事か(笑)

笑、なんででしょう?笑

>仙台味噌で作ってみようと思うんで、大体の比率を教えて下さい〜

かな様の御地元は、白味噌ですものね。
確かに、白味噌だと京都・今宮神社のあぶり餅みたいになりますな。笑
あれも好きで、家でも作りますが。

 ★仙台味噌の焼き味噌レシピです。
辛口赤味噌と書きましたが、八丁味噌のような黒い味噌でなく、山形味噌でも新潟味噌でも、辛口赤味噌ならOKです。

 砂糖は、味噌と同量くらい用意します。
白味噌だったら、砂糖なくてもいいかも。
要は、”ご飯にのせて美味しいと思う甘辛バランス”です。

クルミ、ネギ、大葉などを刻み(クルミとネギはあった方がいいが、あとは適当)、油で炒め、砂糖と味噌も入れ、火を止めます。
最後に削りぶしを入れて出来上がり。
くるみも、ネギも、大葉も、重さでなく、見た目で同量くらいの比率です。

 味噌大さじ2、砂糖大さじ2、油大さじ1
クルミ、ネギ、大葉 刻んで各大さじ2、
| いづな薫 | 2009/07/15 8:54 AM |
いづな 様

初めまして。
「清野長範」検索から飛んで参りました。
とってもためになる、そしてお勉強になるサイト様で感動致しております。上杉好きには堪りませんw
戦国初心者の私には、様々な史実・逸話がある戦国時代なので、混乱してしまうこともしばしばなのですが、いづな様のお話はどのお話もとても楽しく拝見致しました。
仙台は我が地元。確かに実家の両親は味噌にうるさいです^^
また立ち寄らせて頂きたいと思います。
| ひまわり日和 | 2009/07/16 5:54 PM |
ひまわり日和さま

初めまして、いづなでございます。
コメント心より感謝申し上げます。

>「清野長範」検索から飛んで参りました。
とってもためになる、そしてお勉強になるサイト様で感動致しております。上杉好きには堪りませんw

 お褒めいただき光栄です。ありがとうございます。
清野君ですか〜そうですか〜うふふ。

>仙台は我が地元。確かに実家の両親は味噌にうるさいです^^
また立ち寄らせて頂きたいと思います。

 仙台は美味しいものがたくさんありますよね。
魚介類はもちろん、ぷりぷりの笹カマ、かもめの卵、仙台味噌、ずんだもち、牛タン・・・止まらないいづなです。笑。
 当サイトに、ぜひまたお越しくださいませ。
| いづな薫 | 2009/07/16 8:26 PM |
いづな様、立て続けに失礼します。
焼き味噌、レシピ有難うございますv便乗ですが、私も作ってみます〜♪
政宗さんて、いわゆる「キャラが立っている」人で、どんな戦国モノでもネタに事欠かないイメージでしたが、ほんとイメージを裏切りませんね〜。多彩だわぁ。
私が今までの人生で一番必死に見た大河は独眼竜です。もちろん演じてた役者さんは今も好きです。
そして今、景勝様にはまって「北の王国」に続き噂の「群雲、」を。遅ればせながら。もちろん、演じてる役者さんも大好きなので、過去の出演作ニヤニヤ見てます。ええ、ハマるとねちこいんですよ。

私、B型なので。笑

ちなみに、もうイラストの後ろの虎穴様親子がかわいいてかわいいて!!なんか、あの二人だけだとちょっと危険な感じがしませんか。料理上手な男にころっとひっかかって、騙されて、親子そろっておいしく料理されちゃいそうで。
特に、息子さん。涎て無防備にもほどがある。
だれか、だれかガードマンつけてあげてください!

| ちこまつ | 2009/07/19 12:08 AM |
ちこまつ様、連投嬉しいです。

焼き味噌はお勧めですよ。
ご飯やお豆腐、茄子のしぎ焼き、油げに挟んで焼いたり、何でも使えます。

>政宗さんて、いわゆる「キャラが立っている」人で、どんな戦国モノでもネタに事欠かないイメージでしたが、ほんとイメージを裏切りませんね〜。多彩だわぁ。

 なるほど。
今回も、存在感ありますものね。

>もうイラストの後ろの虎穴様親子がかわいいてかわいいて!!なんか、あの二人だけだとちょっと危険な感じがしませんか。料理上手な男にころっとひっかかって、騙されて、親子そろっておいしく料理されちゃいそうで。
特に、息子さん。涎て無防備にもほどがある。

 ”料理されちゃう虎穴親子”に、大爆笑!!
ちこまつ様、上手すぎるわー。
しばらく、楽しませていただきます。笑
 料理されないためのガードマンは、愛の人でしょうか?!笑
| いづな薫 | 2009/07/19 1:36 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1258397
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中