大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「女たちの上洛」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 南魚沼日記4 おまけ | main | 夏のひんやりスープ >>
天地人感想 「女たちの上洛」
「頭を下げてでも、守らねばならぬものがある。」景勝
「頭を下げたら、守れぬものもございます。」 利休
 
 多くの民のために生きる国主・景勝と、孤高の芸術家として生きる利休。
どちらの考えも、重みがあります。

 茶室の中では身分がなく、刀も持って入ることも許されず、狭小の室内でまつりごとが進められたことも多かったはずである。
当時の”茶の湯”の流行もあいまって、名だたる大名たちがこぞって茶を習い、利休の弟子となっている。
 それら大名たちの師となった利休は、町人でありながら、政権中枢に影響を及ぼしていた。
 その力は多大で、天下人秀吉には次第に目障りになったに違いない。

 権力者は、学者や芸術家を嫌う。
なぜなら、彼らは正直だからである。
権力者のウソも暴くし、理想を掲げるからである。
 
 利休をしに追いやった秀吉&三成を責めて、兼続が「人には情がある!」と憤っていた。
 全くもって、その通り。
どんな良い計画を立てても、人の情感に訴えかけなければ失敗する。
 いつの世も、政治も、ビジネスもだ。

「女たちの上洛」でなくて、政治家兼続・景勝と、芸術家利休で、ドラマが見たかったな。
 千利休、好きです。一芸を極めた人物の言動は、美しい。学ぶものが多くあります。

 史実が好きなので、史実にない鬼嫁菊が駄々をこねるシーンは、イマイチ。
 だいたい自分が武田信玄・正室の子でなく側女の子で、しかも実家が既に亡いのに、景勝が側室を持つ・・・うんぬんを言うのか。
 仙洞院が、「関白に逆らえば、上杉が危ない!(だから行ってくれ)」と言った時は、正直菊のケツを蹴飛ばしたくなったぞ。
 
 上杉家の実質家老だったお船、子はなくとも秀吉や諸大名に影響力絶大だった北政所、自ら人質になる策を講じ家を救った前田利家正室お松、功績を以て、歴史に名を残した女性たちとは比べるべくもないが・・・。
 
 さて、これから、「エジプト発掘ツタンカーメン 王妃の墓の呪いハート」 見てきます。呪いにハートつけるな。笑
 世界史も大好きなんです〜。 

【2009.07.26 Sunday 20:44】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづな様こんばんはっ!
利休さんと殿の対話、じっくり聞きいっておりました。
前回の対話の時も思ったんです、この二人、もっとたっぷり描いてもいいんじゃないかと。いづな様のおっしゃる、政治家兼続・景勝と、芸術家利休のドラマ是非見てみたかったな〜!
私故あってちょっとの間京都は大徳寺に滞在していた時期があって、お茶の世界に触れる機会も多かったので(自分の腕前は全然ですが)千利休さんには頭があがらない気分です。
一文化を築きあげる芸術家、天下を手にして動かす独裁者。
そのせめぎ合いは凄まじかったろうなぁ。

ちなみに、最近読んだ「群雲、」のせいでちょっと三成が好きになりまして。今回の冷酷な政治家っぷりに「ああもう、あんたはそういうこと言っちゃうからっ!」と独り言が。彼なりに、いいとこ沢山あるんだけど〜…うう。

菊様はなんかちょっと?でしたね。あれは良くない作りかただと思いました。ああいう描かれ方、お菊様がかわいそうです!今だに嫁と理解しあえてない、みたいなイメージの殿もかわいそう!史実だと、鬼嫁タイプなんでしょうか?強くたくましい女性だといいな。そうすると主従揃って女傑嫁?

あ、蛇足ですが、私もその後エジプト見てました。
| ちこまつ | 2009/07/26 11:50 PM |
ちこまつ様

コメントありがとうございます!

>利休さんと殿の対話、じっくり聞きいっておりました。
前回の対話の時も思ったんです、この二人、もっとたっぷり描いてもいいんじゃないかと。

そうなんです。
利休だけでも、ドラマ書けますからね。
利休邸の包囲を命ぜられたのが上杉家なのだから、その葛藤たるやいろいろ書けるはずですよね。
 ましては、架空の人物のお涼まで使っているんだから。

>大徳寺に滞在していた時期があって、お茶の世界に触れる機会も多かったので

 素晴らしいご経験を、なさっておいでなのですね。
羨ましいです。
 
>一文化を築きあげる芸術家、天下を手にして動かす独裁者。
そのせめぎ合いは凄まじかったろうなぁ。

 そう言うの見たいです。

>今回の冷酷な政治家っぷりに「ああもう、あんたはそういうこと言っちゃうからっ!」と独り言が。

 笑笑笑。

菊は、嫁いで来たのと亡くなったのしか、信憑性のある史料には記述がありません。
 「他の大名夫人が京都に早々と乗り込んで、政治の面でも夫を助けていると」与七が言っていましたが、菊は自分の感情を優先するタイプに見え残念です。
 菊と似たような境遇の大名夫人も、京都に行っているはずですものね。

PS.エジプト面白かったですよね。
| いづな薫
| いづな薫 | 2009/07/27 6:52 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1266217
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中