大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「愛の花戦」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 謙信が見た景色 | main | 呑む in 戦国カフェ  >>
天地人感想 「愛の花戦」
兼続と景勝の故郷、南魚沼より「天地人感想」です。

昼間行った、栃尾城があまりに楽しかったせいか、ドラマはイマイチ。

「淀が鶴松を生んでくれたので、楽になった。」と言う優しい北政所に対し、
立腹する菊、感じ悪〜。

「上杉の事なので御心配無用!」と言っていたが、京に行くのを散々拒否したコイツ、そんなに上杉家のこと考えているのか!?

淀は、既製作品に比べると、やや柔らかい人物に書かれているが、淀にしても菊にしても社会性がなく、まつりごとの匂いがしない。
当時の女性はこんなタイプも多かったかも知れないが、ドラマは娯楽作品である。
現代の視聴者感覚に合わせてしかるべきである。

菊は自分も子が出来ないと悩み、淀を励ましていた。
今ならどうと言う事はないが、満足な医学のない時代、菊は悩む年齢はとっくに過ぎているはずである。

お船、仙桃院、北政所はセリフ一つにも政治的意味があり、かつ家(家族)を思っていて共感できる。

殿の前では菊は可愛い妻を演じるが、久々に会った、景勝のほころんだ顔の方が可愛かった。爆

菊も、景勝が惚れるのが納得出来るような人物に書ければ良かったのだが。
実は、これ創作上極めて重要なことである。
なぜなら主人公及びそれに近い人物に視聴者は感情移入し、ドラマを見る視点になるからである。
こんな人なら好きになるよな〜、と思わせる説得力が不可欠なのだ。

兼続夫妻は、それらしく書かれていて、最近特に心地よい。

「朝鮮侵略から生きて帰れぬかも。」と、心配する兼続。
「生きて帰らなくてどうする。」と、叱咤激励するお船。
史料を見る限り、兼続夫妻は同志であり、仕事の上でも良き伴侶だったはずだ。

今回は、南魚沼で我が盟友きり子氏とゆきさんと「天地人」を見た。
兼続の子供が殿に「奥方様に会いたいかっ!」と聞いた時、ゆきさんが言った。

「殿にタメ口。」に爆笑。
タメ口は家系か、笑。

今回は、天地人大奥みたいじゃった。
そうでなく、合戦やそれにいたるまでの調略など、史実をビジュアル化してもっと織り込んでくれ。

なんだかんだ言いながら見て、いづなこの後また温泉にひたる。

鶴松を失った秀吉の如く、慶次郎が出ない事にショックを受けたいづな、南魚沼で癒されてます。笑。

【2009.08.03 Monday 11:21】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんばんは〜
菊姫、確かになんか微妙ですけど、殿は惚れておられる模様ですね。私も、菊にデレデレな殿の方が可愛い〜!!と悶えてました。さらにお松のアレを踏んだり、タメ口きかれる始末(笑)兼続も親バカになっちゃって。女たちは対立を深めて大変だってのに何やってんだか。次回はお涼アゲイン☆かねたんを追っかけて来ちゃったみたいですな。

ウエスギーランド羨ましいです〜!昔誰かが見たのと同じ景色見るのって感慨深いですよね。私は去年長野の諏訪湖見て、由布姫を思い出してました。あの人も見たかも?と思うとより楽しくなります!!今年は7、8、9日と鳥取です。大山を春日山と思って、上杉軍だと思って馬乗って来ますね…新潟無理っぽいんで(笑)
| ルーイ | 2009/08/03 10:04 PM |
ルーイ様

コメントありがとうございます。

>私も、菊にデレデレな殿の方が可愛い〜!!と悶えてました。

あの笑顔は可愛いですよね。

>兼続も親バカになっちゃって。

兼続、良いパパですなー。

>女たちは対立を深めて大変だってのに何やってんだか。

全くです!ルーイ様のおっしゃる通りです!
国が大変な時に、花戦やら大奥みたいなことになっているのがアホらしいっす。

>昔誰かが見たのと同じ景色見るのって感慨深いですよね。

そうなんです〜。
ルーイ様鋭いですな。鳥取大山、いってらっしゃい。
乗馬、気をつけて楽しんでいらして下さい。
| いづな薫 | 2009/08/04 9:20 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1270804
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中