大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「世継ぎの運命(さだめ)」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 栃尾と、兼続・景勝の故郷 | main | 天地人感想 「世継ぎの運命」 虎穴一家の場合 >>
天地人感想 「世継ぎの運命(さだめ)」
さら〜と流されてしまったが、朝鮮行き(文禄慶長の役のうち、今回は文禄の役)をやっていた。

景勝・兼続ら上杉軍は、兵3000、1年3ヶ月も朝鮮に滞在することとなる。
今でこそ、ちょいと行ける海外だが、当時の渡海は相当な覚悟が必要だったろう。
 しかも、旅行ではない、である。
景勝は、朝鮮で熊川城の修復にあたっている。

 それが、拾(ひろい、後の秀頼)が生まれたことで、帰国命令が下るのだが。
それで戦をさせられた人々にとっては、たまったものではない。
 老いた権力者が下らない事を思いつく、「老害」以外なんでもない。

秀吉の養子・秀俊(後の小早川秀秋)は可愛かったなあ〜。
この秀俊、年若くして、あちこち養子にやられる、苦難が出ていて良かった。
それでも、運命に似合わない明るい性格が、なんとも可愛いいです。

 秀俊を景勝の養子に、と言う案が出ていたが。
ありえない話だが、ちょっと面白いと思ってしまった。
 陽気な秀俊と、大人しい景勝の対比が見ていて面白かったです。

 景勝が、自分も上杉家の養子だと言っていた。
景勝と秀俊の「養子談義」が、今回特に気に入っている。
 景勝は、もらいっ子でも実母も一緒だったし、
何より謙信にもらわれたのだから、それは大変恵まれているであろうハート
 謙信没後、御館の乱などで辛酸をなめたが。

秀俊、後の小早川秀秋は、北政所の兄木下家定の五男である。
幼児の時、秀吉夫妻にもらわれ、育てられている。
昨日いきなり出て来たが、秀俊は秀吉とおねが実の親同然である。
昨日の秀俊、実は12歳!
そりゃーいやだわな、よそへ、もらわれるのは。
ちなみに、秀俊、2回目の朝鮮侵略・慶長の役では、総大将を務め、自ら奮戦の上、籠城する日本軍を救出している。

 小早川秀秋、京都本圀寺瑞雲院に墓所がある。
本圀寺は、上杉家や、加藤清正の京都宿泊所だった大寺院である。

京都の景勝町については、以下で書いておりますので、よろしければ御覧下さい。

http://cafe.kenshingen.fem.jp/?day=20090616

【2009.08.10 Monday 11:11】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(8) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
ども〜☆
秀秋、ついにでましたね。ちょっとかわいそうでしたが、上地くん頑張ってますね〜!!期待してます。なんか可愛いんだよなぁ(笑)

今回の最後、三成が白黒っぽい映像でニヤッしたとこ、怖ッ!!三成急に黒くなりましたよ。次回も笑ってたけど怖い(笑)家康たちに嫌味言われた後、寝てる二人がおかしかったです。てか、かねたん。君、一度出ていったのになぜ戻ってきた!!!三成がいるかどうかも分からないのに!…相変わらずすごい子です。

鳥取行ってきました!!最終日は雨だったんですが。砂丘を雨の中登り、日本海まで歩いて、海だー!てなってました。と同時に、越後に繋がってるのだーー!!とも思ってました(笑)それと、ついでに見た美術館がまたすごかったんです。鎧兜、武具、陶器や江戸、桃山時代の物などがめっちゃありました。中には、信玄の兜の写し(白い毛の)、近衛家伝来の横笛、赤備えの鎧兜、さらには上杉景勝使用(伝)の鎧が!!!秀吉より拝領だそうで、胴に桐の家紋が。しかもやっぱり金色(笑)大袖丸胴って名前らしいです(たぶん)。まだまだすごいのはあったんですが…まさかこんなトコとは思わなんだ!!雨でよかったです!!!
長々と失礼しました…
| ルーイ | 2009/08/10 4:55 PM |
ルーイ様

コメントサンキュ〜☆

秀秋、たぶんこういう人じゃないんだろうけれど、この秀秋は可愛いですよね。
 年相応を、演じているのかな。

>三成が白黒っぽい映像でニヤッしたとこ、怖ッ!!三成急に黒くなりましたよ。
>一度出ていったのになぜ戻ってきた!!!三成がいるかどうかも分からないのに!…相変わらずすごい子です。

 ブラック三成でしたね。
かねたんは神出鬼没、主人公だから。笑

>日本海まで歩いて、海だー!てなってました。と同時に、越後に繋がってるのだーー!!

 仰るとおりですね。
太平洋航路が開拓されるまでは、普通に鳥取を周り交易してたんですよね。
 美術館が、充実しているんですね。
どうして、そこにあるのか知りたいです。
 江戸時代の大名間の贈答品交換か、明治か終戦の頃、売られちゃったんでしょうか。
 もしルート分かったら、教えてくださいまし。
| いづな薫 | 2009/08/10 7:46 PM |
こんばんは。いつもありがとうございます。

私も景勝の言葉に酔いしれました。
今の自分があるのは養子であることを受け入れたから…云々。
さすがだわ、と思いました。あーでもない、こうでもない、と文句や感想を言っているうちは物事は進展しないもの。事実をそのまま受け入れることにより、周りや物事は展開して行くものですよね。
景勝くん、ありがとう。しかし、相手が12才となれば、もう少しやわらかな言い方でないと伝わらないかしらね…。
| ぺんた | 2009/08/10 11:50 PM |
いづな様〜!こんばんはっ!
先日はメールの件で大変ご迷惑おかけしました。
その後、フリーメールの方からお返事いたしましたが、無事届きましたでしょうか?本当に申し訳ありません!

なんだか自分がどたばたしているうちに、先週の鬚殿動画で見るとかわいい!男前!とか思っていたコメントもできないうちに今週が。
なんだか、この大河、結構なんでもあっさりさっくり進む気がしてちょっと怖いですね苦笑。もうちょっと重厚さが欲しい…。
でも、確かに今回の養子談義は重みがあって、いいシーンでしたね。殿が自分の人生を肯定的に決然と生きてるのが伝わって、かっこよかった〜。
そして金吾ちゃん、12歳?!…そ、それはいくらなんでも!テンションの高さに驚きましたが、その反面繊細で哀しいです。
武将達ばかりの戦国物語で、ひとりバリバリの官僚・三成が私は好きですが、彼もこれから大変なことになっちゃうんでしょうね。その点、兼続くんは、ハイレベルで文武のバランス感覚が素晴らしい!

ちなみに、景勝町景勝橋の話、いづな様のところで初めて知ったんですが、あれには本当に感動しました。なんか、歴史って過去のものじゃなく今に続いてるんだ…と実感できて。しかも、地味なキャラと思ってた(ごめんなさい)殿の名前が、自分の身近に残ってるなんて!と。有り難いです。
| ちこまつ | 2009/08/11 5:59 AM |
ぺんた様

こちらこそ、ご厚意いつも感謝します。

>私も景勝の言葉に酔いしれました。

 景勝のすごさは、(養子の件ではなくて)関ヶ原等の過酷な運命を、黙って受け入れ、かつ、家臣に責任を押し付けないことですよね。
 これは本当に立派だと思います。

>文句や感想を言っているうちは物事は進展しないもの。事実をそのまま受け入れることにより、周りや物事は展開して行くものですよね。

 景勝の生き様と、ぺんた様のお言葉を、今の政治家どもに、聞かせてやりたいです。

>相手が12才となれば、もう少しやわらかな言い方でないと伝わらないかしらね…。

 子供だから分かんなかったんですかね・・・笑。
| いづな薫 | 2009/08/11 6:19 AM |
ちこまつ様

コメントいただき嬉しいです。
メールのお返事、いただいております。
すべて了解です、ありがとうございました!
私も、8月8日に一回お返事さし上げましたが、届いていますよね。

>この大河、結構なんでもあっさりさっくり進む気がしてちょっと怖いですね苦笑。もうちょっと重厚さが欲しい…。

 同感です。
現代ホームドラマ調で、戦国時代にしている意味が奇薄ですよね。
 
>殿が自分の人生を肯定的に決然と生きてるのが伝わって、かっこよかった〜。

 謙信のように華のあるタイプではないけれど、地道で重厚で、己の運命を黙って受け入れる強さがありますよね。

>12歳?!…そ、それはいくらなんでも!テンションの高さに驚きましたが、その反面繊細で哀しいです。

 はい。
12歳(数えで11歳)で、養父母とは言え、実親同然の秀吉おねから、離されるのは大変でしょうな。

 「歴史って過去のものじゃなく今に続いてるんだ」この、ちこまつ様のお言葉、大変好きです。
 その通りですね、私たちの身体にも血脈が延々とつながっている。
 血だけではなく、こうすれば幸せに慣れる、こう政治改革すれば世の中良くなる、いろいろな事を受け継いでいるんですよね。 景勝橋、景勝町、お忙しいでしょうがぜひお出かけ下さい。
| いづな薫 | 2009/08/11 6:34 AM |
連続レス失礼致します。
遅ればせながら、今週の天地人見ました〜。
今回は多少政治的なやり取りもあり、私的には結構楽しく見れました。
そして私の一番の見所は、上杉VS毛利。真っすぐな上杉としたたかな毛利の対比が面白かったですo(^-^)o

毛利は地元という事もあり、上杉の次に贔屓のお家です。だから秀秋養子縁組の件は、毛利の視点で見てました。
秀秋を毛利へ養子に出すというのは、秀吉の、我が子を跡取りにする為だけじゃなく、毛利家乗っ取りも企んでの事。大大名毛利を継がせようというんですから、この時点でも秀秋は秀吉に可愛がられ、また信頼されてたんじゃないかと思うんですが。秀秋と豊臣家の結び付きが強かったからこそ、隆景はさっさと秀秋に家督譲って、自分は毛利家から連れてきた家臣団をねこそぎ連れて出る事で、毛利と小早川の関わりを断とうとしたんだと思うんですけどね。

それにしても、この隆景、渋くて美声でかっこいいですねえ♪(風林火山に出てらした方?)。秀秋に家督譲るシーンとかで、もう一回くらい出てくれないでしょうかo(^-^)o

| かな | 2009/08/13 7:34 AM |
かな様

連続嬉しいです。

>今回は多少政治的なやり取りもあり、私的には結構楽しく見れました。

私もです。
じゃないと時代ものやる意味がないよね。
御地元は、毛利領でしたな。
私も毛利元就好きです。
私は徳川が地元ですが全く贔屓にしておりませぬ。笑
かな様御指摘の通り、毛利家乗っ取り計画があったでしょうね。
それを阻止した名将・小早川隆景。
隆景役の方、風林火山で、北条氏康の重臣清水を演じていましたね。
| いづな薫 | 2009/08/13 10:36 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1274823
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中