大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「五人の兼続」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 八王子城址 | main | 八王子城探訪 その1 >>
天地人感想 「五人の兼続」
「上杉のしきりをすべて兼続にゆだねる。わしはその盾となる。」

これぞ、景勝の魅力!
 セリフは創作でも、”責任を部下に押し付けない史実の景勝”、こう考えて、兼続を執政にしたに違いない。
 そーだ、史実通りやればかっこいいのさ。笑

関白秀次の妻子の処刑は、やな感じでしたな。
その後で、秀吉が、”おひろい”を背に乗っけたり、こんな可愛い子はいないと、言っているのが、もう尋常ではない。
 処刑のすぐ後だけに、秀吉の正気を失った様がよく出ている演出だった。
こんな人物に一国が任されていると思うと、ぞっとする。

 この頭がおかしくなったを、巧みにあやつる回し三成&兼続
猿回し三成&兼続が利家とともに、芝居を打つところが面白い。

 うそ泣きする三成に驚き、あわてて慰める秀吉が滑稽である。

おひろいに協力せよ、と諸大名から起請文を取り、大名たちが秀吉におべっかを使うシーンがあった。
そんなもの取っても、すぐ覆されるのに、あほらし。

 景勝にもおべっかを要求する秀吉に、「いえ。(何もござらぬ)」の景勝の答えは小気味良い。

 言葉少ない景勝が、家康に言う。
「あるじの責めを家臣に求めるのは、見当違いも甚だしい。」

 良くぞ言った、景勝! 上杉景勝ならそう言うよ。
家康VS景勝・直江の、構図が早くも見られて楽しいです〜。

 今回、政治的な場面が多く面白かった。
以前、歴女の部屋紹介で、書棚に「女の子らしい恋愛小説がありません!」
とレポートしていた。(誰が、女の子は恋愛小説が好きと決めたのさ。)

 改めて言うまでもなく、私も、歴史が好きである。
歴史とは、まつりごとの変遷であり、人間が理想に向かって生きた軌跡である。
 歴史ドラマで見たいのは、そのまま現代劇に置き換えられるような、簡単なホーム&恋愛ドラマではない。
 現代人が感情移入できるように書くのは、もちろん重要だが。

 ご常連で仲良しのとまとさんが、ドラマは脚本が8割と仰った。
私も、全くその通りだと思う。ドラマも映画も漫画などもである。
ストーリーとは、それほど大事である。
 
 史実以外、創作部分もおおっ良いねと思える脚本が見たい。


PS. 五大老決定の時、「わしもまだ若い汗」と言った景勝が、可愛かったです。

【2009.08.17 Monday 09:07】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(6) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづなさん、こんばんは☆

私も、昨日の放送はとても楽しめました^^
殿の中の人も大好きなので、カッチョいい景勝の姿に惚れぼれしてしまいましたっ♪

戦国ドラマは、史実に創作を加えつつ作っていかなければならない、とは思うのですが、その創作部分があまりにも主人公ヒーローものになってしまうと、観ている側としてはシラケてしまうこともありますね^^;

創作、多いに結構! でも戦国の面白い部分を上手に使って、楽しめるものにして欲しい〜!

本当に、そんな風に願い続ける、今日この頃です^^;

PS.私も「わしも若い」という殿には笑ってしまいましたw
| ひまわり日和 | 2009/08/17 10:10 PM |
ひまわり日和様

お世話になっております。
この回、面白かったですね。

>主人公ヒーローものになってしまうと、観ている側としてはシラケてしまうこともありますね^^;

 主人公は苦労させないと、話は盛り上がりませんね。

>PS.私も「わしも若い」という殿には笑ってしまいましたw

 以前何かの番組で、謙信が景勝は若くないだの何だの言っていたのを思い出しました。笑
 女性陣も、役の年齢相応な老けメイクが欲しいですな。
| いづな薫 | 2009/08/18 6:21 AM |
初めてコメントさせていただきます。

ドラマは脚本が8割>

同感です。
残り2割のうち1割は演出・効果にあると思います。
今年の大河では音楽にも興ざめすることが多く
演技を静かに見たいと思うことも・・・

史実以外、創作部分もおおっ良いねと思える脚本が見たい。>

歴史小説(ドラマ)には、史実と史実の間を「創作」で埋めてくれるのを期待しているんですよね。
今年は、「史実」もよくわかりませんけど。


P.S早々のメール返信ありがとうございました。
   作品をゆっくりと楽しませていただきます。
| なつ | 2009/08/18 8:19 AM |
なつ様

メールいただいた、なつ様なのですね。
こちらにもコメント賜り、ありがとうございます。

>残り2割のうち1割は演出・効果にあると思います。

 ドラマに詳しい友人のとまとさんも、同意見でした。
残り1割が、俳優だそうな。
 
>歴史小説(ドラマ)には、史実と史実の間を「創作」で埋めてくれるのを期待しているんですよね。

 はい。史実と言う動かせない部分があるのが、他の創作物とは違う所なんですよね。
 それが難しくもあり、面白くもあるんです。

なつ様、またお越しくださいませ。
待っています!
| いづな薫 | 2009/08/18 8:36 AM |
おはようございます〜。
先週から面白くなってきましたね。
これだけ変わるなら、お館の乱の頃から脚本補佐つけてくれてればもっとよかったのに、と思わずにいられません(>_<)  

半ば諦めていた隆景の再登場があったのも嬉しかったです。もう一回くらい出てきそうですよね♪


本棚・・自分は歴女じゃないと思うんですが、やっぱり恋愛小説や恋愛漫画は昔からないですよ。初めて自分で選んで買ってもらった本は「UFO全百科」でしたし(笑)
恋愛小説が並んでる本棚って、男性の妄想の中の女の子の部屋だけな気がする(笑)
| かな | 2009/08/18 12:54 PM |
かな様

コメントありがとうございます。

>脚本補佐つけてくれてればもっとよかったのに、
 
 えっ!!脚本補佐ついたんですか?笑
隆景再登場、良かったですね。
毛利家は優秀な人材多いですなー。

>初めて自分で選んで買ってもらった本は「UFO全百科」でしたし(笑)

 「UFO全百科」に大爆笑中。
私は何だったかな。うーん思い出せない。

>恋愛小説が並んでる本棚って、男性の妄想の中の女の子の部屋だけな気がする(笑)

 同感です。
私の書棚もないですね、恋愛モノ、他人の恋愛に興味ないし。笑
私の書棚、骨格標本の本なんかも入っていますね。笑
| いづな薫 | 2009/08/18 2:42 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1278281
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中