大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「家康の陰謀」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 選挙へ行こう! | main | 政権交代 >>
天地人感想 「家康の陰謀」
秀吉&利家のじじいフレンド、仲良しですね。
兼続&景勝の晩年も、こうなんでしょうか。笑

 三成に三杯お茶を所望し、「わしに仕えぬか。」と言う秀吉。
「ご奉公仕ります。」
その言葉に、自分を引き立ててくれた秀吉が亡くなってしまう、三成の悲しみが出ていたと思います。

 「中納言さま。」と膝ま付き、出奔を謝る真田幸村。
昔のことはよい。息災にしておるか。」と言う、景勝。
幸村の若々しさと、景勝の優しさが際立つシーンでした。

 牙を剥き始めた家康、いいねいいね。わくわくする、笑。
やはり、敵役は強くないと、ドラマが面白くないです。
 
 家康の暴言に対する、兼続も、かっこ良かった!
「上杉家執政直江山城守、申し上げまする。
 天下を操る、不穏な動きの大名とは、どこのどなたでございましょう!?」
 陪臣の身で家康に盾突くのが、いかにも兼続っぽいぞハート

夜討をかけると言う、三成を阻止する兼続。
おおっ出たぞ、島左近!
歴史ファンならたまらない戦略抜群の軍師だが、扱いは地味ですな。笑
 
 「家康に乗せられてはならぬ。」と三成に言う兼続、力強くて素敵ハート
「いずれ、戦になるかもしれないが、今は知恵の限りを尽くす。」 調略を得意とした兼続らしいです。
 最近、どうにも兼続がかっこいいです。

 ただ、四大老五奉行がいくら家康を責めても、力ある家康にはかなわない。
 家康の勢力プラス、反三成派、北政所子飼いの武将らが、家康についているからである。
 いづなはいつもそうだが、西軍か東軍の戦略を、冷静に科学的に見ている。
 どちらかを、贔屓には見ていない。
約束しても、誓っても、法律もない時代、強者である家康を止めることは誰にも出来ない。
 幼い秀頼を中心とした政権の方が、どだい無理がある。

それでも、病身を押して上杉家の頼みに尽力した前田利家が良かった。
刀を突きつけ、「貴殿の言葉を信じる。」と家康の誠意に訴えかけた、利家の誠実さが際立っていた。

 では、選挙速報、見て参りますー!

【2009.08.30 Sunday 20:37】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(7) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
どーもです!!
選挙、民主党すごいっすね。こんなに取っちゃっていいんですかね〜?

今回の天地人、めっちゃ楽しかったです!特に家康VS三成。家康がカッコよすぎます。見てて楽しい〜(笑)さすが松方さん!!でも、三成側もすごいですね。兼続の説得カッコいい。ホント最近兼続カッコいいですよね〜。殿下が亡くなる時の「三献の茶エピソード」、泣けました。三成と共にうるうるしちゃいました。

次回は兼続三成、今生の別れですね…そしてあの東西挟み撃ち作戦も明らかに。分かっちゃいるけど、切なくなります…だんだん楽しくなってきたぞ〜!
| ルーイ | 2009/08/30 9:11 PM |
こんにちは
謙信公祭〜お疲れ様でした

楽しく〜旅日記拝見しました
ありがとうございました

謙信公・殿とイケメンですなぁ♪

「天地人」
いよいよ〜佳境に入り‥見応えがありました

三杯の茶 秀吉と三成の関係の深さが出て‥
涙‥涙 でしたね

家康は いやみや挑発もあからさまになって‥
しかも のらりくらりと‥極悪代官のようです

押さえの利家殿も亡くなり
もう誰にも止められそうにありません

これから 目が離せなくなりますね
「直江状」‥
関が原の戦いに‥

三成・上杉側からの視点の「関が原の戦い」
どのように描かれるか‥楽しみです

大河ドラマも政権交代前夜‥って感じでした
| ム〜ン | 2009/08/31 7:05 PM |

「自らの力で領土を勝ち取ってきた我らを、オヌシごときが束ねられるわけないずら…」みたいだった?な内府殿の台詞にビッ!ときました。

小さな子供を「跡目じゃ。よろしく面倒みてやってたも」と言われてもね。しかも側室に。歴戦の強者の大名達からしてみたらね。もともと太閤殿下は、この強者達の下っ端だったでしょ。確かに秀吉は凄かったから認めるものがある。しかし、その子?ただ秀吉の子というだけでまだ何の実績もない、そんな世襲は納得がゆきもうさぬ(歴史の話よ)。しかもこのままいくと、石田治部の権限が益々強くなりそうやし。秀頼を引き立てようというモチベーションは上がらないだろうなと、私は思っちゃいます。

「そなた治部少輔に肩入れしすぎじゃ」の殿のセリフが好きです。上杉ハウス報道官のいづな殿、本当のところ、上杉は何故、秀吉にそうしたように徳川に対応していかなかったのですか?前田や伊達政宗みたいに。正義感だけじゃ、お家は衰退しちゃうしね。このあと会津へ帰る頃はまだ関係悪くなかったですよね。呼び出しに応じなかった理由は他にもあるんでしょうか。越後に戻れるように、治部と相談でもしてたんでしょうか?なら分かるが。

どの小説だったか、どちら方につくのかと誰かに聞かれた景勝殿が、(どちらもなにも)上杉は上杉でいく・・と言うシーンがあったのを思い出しました。カッコイイ、いかにもそう言いそう、と、昔読んだ時思いました。

P.S. 「息災にしておるか」の後、「ご飯は食べておるか。寝る前に歯をみがいておるか」って言わなかった。編集でカットされたのかな。
| | 2009/08/31 9:09 PM |
ルーイ様

コメントありがとうございます!
予想していたとは言え、民主党躍進すごいですね。

>特に家康VS三成。家康がカッコよすぎます。見てて楽しい〜(笑)

 たぬき家康の本性が、出て来ました。
楽しいです。
 
>殿下が亡くなる時の「三献の茶エピソード」、泣けました。三成と共にうるうるしちゃいました。

 私も、三成の気持ちになって見てしまいました。

>次回は兼続三成、今生の別れですね…そしてあの東西挟み撃ち作戦
だんだん楽しくなってきたぞ〜!

 私も、気分盛り上がってきました。
本で読むだけでなく、映像で見る関ヶ原、もえますな〜。
ルーイ様、またお越し下され〜。
| いづな薫 | 2009/09/01 9:32 AM |
ム〜ン様

コメントありがとうございます。
謙信公祭、今年はゆる〜く穏やかでございましたよ。笑
今年も、楽しめました。

>三杯の茶 秀吉と三成の関係の深さが出て‥
涙‥涙 でしたね

 三成の思いが良かったですね。

>押さえの利家殿も亡くなり
もう誰にも止められそうにありません

 家康、寧猛な感じがいいですよね。

>大河ドラマも政権交代前夜‥って感じでした
 
 上手いですなム〜ン様!
まさに、仰る通りでございます。
| いづな薫 | 2009/09/01 9:43 AM |
いづな様こんばんはっ!
ご無沙汰しております〜。

三成擁護派の私めは、もうもう今週は…ううう。ちなみに家族のなかでも三成人気です。彼には平和な時代に好きな官僚の仕事をたっぷりやらせてあげたかったです。治世の能臣だけど、乱世の奸雄にはなりきれなかったですね。

殿もすっかり貫禄がついて、ご衣裳もえらく華やかに…誰チョイスでお召し物選んでるんでしょうか。家康にたてつく主従はほんとに男前!文句いう許可を殿にもらう兼続、あっさり堂々と許可しちゃう殿。素晴らしい信頼関係だ、と惚れ惚れです。幸村との一件を見てても、ほんと景勝様は人を信じる天才だと思いました。あと…絶対年下にもてますよね…。

いよいよ、対立の構図が明確になって、戦乱の兆しが。
血わき肉踊るドラマも悲しいドラマもあるんだろうなぁと思うと、こっちも気合いが入ります。
いづな様の「西軍か東軍の戦略を、冷静に科学的に見ている」になるほど、でした。上杉家を見ていても、最後は冷静に時流と情勢を読み、理想と現実のバランスを考えての決断が求められる。じゃないと、生き残れなかったというか。その中で、いかに自分の信念を曲げずにやりぬくか、が大事なんだと思いました。
今の日本の政治もかくあるべし??

蛇足ですが、しまさこにゃん出てきたときに
「え、あれ??…島左近??」
はい、私の頭の中の島左近様は、いづな様が描かれた島左近でばっちり固まっておりました。…意外とロマンスグレーな配役でしたね。
アップされていた作品の感想、書いたら終わらなくなっちゃったので、また別便にいたします…。毎度長くてすみません。
| ちこまつ | 2009/09/05 12:59 AM |
ちこまつ様

毎度お世話になっております。
おおっちこまつ様のおうちでは、三成が人気ですか。

>殿もすっかり貫禄がついて、ご衣裳もえらく華やかに…誰チョイスでお召し物選んでるんでしょうか。

 パパ謙信が着てた着物ですよね。
お下がり。笑

>家康にたてつく主従はほんとに男前!文句いう許可を殿にもらう兼続、あっさり堂々と許可しちゃう殿。

 そうそう、あれはカッコ良かったです。
兼続だから、またとんでもないこと言っちゃうんだろうなーと思いつつ、「言ってやってよドンドン!」みたいな。笑

>景勝様は人を信じる天才だと思いました。あと…絶対年下にもてますよね…。
 
 人を信じるのが難しい時代に、よい主従関係を持ったものです。いいですよねーこういう上司。

>いづな様の「西軍か東軍の戦略を、冷静に科学的に見ている」

 歴史って、科学的な学問だとおもうんです。
あくまで、証拠から推測しますもの。

>「え、あれ??…島左近??」
はい、私の頭の中の島左近様は、いづな様が描かれた島左近でばっちり固まっておりました。

 仰るとおり島左近が、ロマンスグレーすぎましたね。笑。
じゃあ別の俳優で誰?と言われても、思い当たりません。
こういうタイプの男性って、絶滅したかなって言う感じがしないでもないです。爆
| いづな薫 | 2009/09/05 8:44 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1284965
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中