大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 座談会 関ヶ原 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 戦国カレー | main | 天地人感想 「史上最大の密約」 >>
座談会 関ヶ原
なぜ、上杉家は、前田家や伊達家の如く、徳川家に付かなかったか?

と言う疑問を、わが盟友今参り殿からいただいた。
この議題に付き、急きょ座談会を開きたいと思います。

赤りんご参加諸将

北条家軍師 今参り殿
上杉家御用絵師&同家官房長官 いづな

特別参加
  上杉家当主 上杉景勝
  同家執政  直江兼続


        ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

今参り殿
「自らの力で領土を勝ち取ってきた我らを、オヌシごときが束ねられるわけないずら…」みたいだった?な内府殿の台詞にビッ!ときました。


いづな
 主役側でないので、天地人ではあまり書かれていないけれど、内府の子供時代からジジイに至るまでの苦労は大変なものですよね。
 弱小領主の子に生まれ今川家で送った人質時代や、妻と嫡子を死なせてしまったこと。
そして、北条家の後に新領主として入った関東の領土問題がありますね。今参り殿、良かったらココんとこ、ご解説下され。
この時代の人は皆そうだけれど、家康の人生も、本当に艱難辛苦の連続です。
 彼の言葉通り、”人の一生は、重荷を背負って遠き道を行くがごとし”、ですね。

今参り殿
小さな子供を「跡目じゃ。よろしく面倒みてやってたも」と言われてもね。しかも側室に。


いづな
 毎度思うが、淀って頭わる〜い。
推測する限り、面白みのない愚痴っぽい人物。(菊みたいな奴か)

今参り殿
ただ秀吉の子というだけでまだ何の実績もない、そんな世襲は納得がゆきもうさぬ(歴史の話よ)。しかもこのままいくと、石田治部の権限が益々強くなりそうやし。秀頼を引き立てようというモチベーションは上がらないだろうなと、私は思っちゃいます。


いづな 貴殿に、激しく同感です!
     今参り殿のご指摘、至極ごもっともなり。
     正義だけでは、家はなくなります。

    このお答えは、当家執政筆、直江状に出ていると思います。
(当時使われていない記述があるなど、信憑性は研究余地がありますが。今参り殿は現在ご研究中。)

 しかし、次々と婚姻政策を進め秀吉との約定を破る家康が、
上杉家の築城や道を整えることを責めるのは、上杉家としては承服しかねたはずです。

 その時、景勝、兼続乱入!

景勝 「内府様の、誤解にて候。」
兼続 「てめー家康!約束守んない、おめーに言われたくないぜっ!



いづな 当家執政は口が悪くて、申し訳ござりませぬ。
 
   景勝には、前田利長のように秀頼の御付家老を放棄し帰国などと言う、落ち度もありません。
   浪人を集め戦準備をしていると言われても、「えっ、なにそれ?わかんな〜い。」と、
寝耳に水だったのではないでしょうか。
   現に、関ヶ原の一年前、国づくりに忙しい景勝が、徳川領のご近所を通り帰国するのに、
今いそがしいの、ごあいさつに寄れなくて、ごめんねー。」と、秀忠に宛てた手紙が残っています。

 察するに、諸大名を難癖つけて潰しにかかる家康と、景勝の関係が、その後1年の間に急速に悪化したと思われまする。
 御存じの通り伊達家は、上杉と領国を接し合い争う関係、家康も伊達の力を当てにしたし、子供同士が結婚と、伊達家には家康に傾く強い理由があります。

今参り殿
   越後に戻れるように、治部と相談でもしてたんでしょうか?なら分かるが。


いづな   治部との密約があったか否かは、確たる証拠が現存しません。
     しかし、三成と兼続・景勝は密に連絡を取っていたでしょうな。
     そして、徳川方により、敗者・三成の史料は徹底的に抹殺されたはずです。 
          
   天下は狙わずとも、混乱に乗じて、越後奪還は十分考えていたでしょう。    

    当ブログ以下のページでも取り上げましたが、兼続&娘寄進の奈良春日大社の灯篭には、
「合戦勝利と、越後奪還の願い」が掛けられていたと推測されます。

   http://cafe.kenshingen.fem.jp/?day=20090424 
   http://cafe.kenshingen.fem.jp/?day=20090429

    越後会津を併呑出来れば、とてつもない巨大勢力になります。
   まさに、家康でも豊臣でもない、第3の勢力です。

    謙信の示した「義」に生き、かつ政治的には越後奪還を目指した、これが家康に反目する原因だと考えております。

                             
  赤りんご 以上、お読み下さった皆さま&議題を下さった今参り殿に、感謝申し上げ候。

【2009.09.05 Saturday 16:06】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1286017
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中