大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 慶次郎 in 風呂屋 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< お屋形さまの休日 | main | 関ヶ原と上杉家 1  >>
慶次郎 in 風呂屋
 山城歩きして、温泉でも入りたい季節になって来ました。

 今日は、前田慶次郎の風呂屋でのエピソードのご紹介。
風呂屋発祥は、800年ほどさかのぼるが、それはさておき、
慶次郎の時代、すでに京や江戸には風呂屋(湯屋)が普通にあった。
 京都の妙心寺や西本願寺には、当時の風呂が残っていて、それはそれは興味深い。

 大名家一門であり、高禄を食む前田慶次郎だったが、そこは天下御免の傾奇者の彼、街中の風呂屋に普通に行ったらしい。
 そこで、威勢を張ったどこかの大名家の家来どもに出くわす。
 慶次郎は、それをからかってやりたくなった。
 
 当時の風呂は、蒸し風呂である。
狭い入り口からサウナ室に入り、あとで、かいた汗を洗い流すのだ。 
慶次郎は、褌に脇差を差し込み、中へ。
 驚いたのは、威張り散らした大名家家臣たち。

 何せ、無防備なになる風呂場に刀を持ち込んだのだから、ギョッとするのも無理はない。
 慶次郎は、何がおかしい?と言わんばかりの面つきで、風呂に入り続ける。
 ビビッた、侍達は、翌日から刀持参で風呂に入って来たと言う。
慶次郎もやはり刀を褌に差して、風呂に入って来る。

 そして、シャキーン!と刀を抜いた慶次郎。
 抜いた刀身は竹みつ(竹製の刀)で、それを使い、足の垢を擦り始めたとさ。

 う〜ん今秋は、謙信の隠し湯に行きたいハートハートハート



【2009.09.10 Thursday 21:20】 author : いづな薫 
| 前田慶次郎 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1290672
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中