大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「家康への挑戦状」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 関ヶ原と上杉家 1  | main | 関ヶ原と上杉家 2 神指城 >>
天地人感想 「家康への挑戦状」
 謙信のお下がりを着まくっていますな、殿。
白い羽織に、鎧マント。鎧は、風林火山の謙信所用です。
会津若松城障壁画セットも、風林火山の春日山城ですね。
謙信セット、いろいろ見られて楽しいです。

「正義は我らにある、このような脅しに屈しては、武門の名折れじゃ。」
ドラマにも出て来たが、この時の景勝の胸中には、亡父謙信が去来したことであろう。

 正義に生きた謙信。
謙信も多大に苦労したが、ただ彼が生きた頃は群雄割拠時代で、謙信は誰にも頭を下げずに生きられた。
 同じ義に生きるのでも、兼続、景勝にはその点、苦しさがある。

 家康、おかしすぎ。
直江状に立腹、革籠原の戦略シュミレーション、硬軟巧みに演じ分け、大変楽しませていただいた。笑

 大谷刑部。
三成の顔を手で触れ、視力の代わりに確認するのが、切ないのう〜。
 この大谷刑部と、島左近は、関ヶ原で亡くなったとされる。
名だたる武将の中で、この二人は、遺体が発見されなかった。
 大谷刑部は切腹後、家臣がどこかに隠したと思われる。
島左近は、生き延びた説もあるが、亡骸がないことから生まれた説話だと推測する。
 
 三成側は、大坂にいた大名夫人を人質として集める。
「危害を加えぬ。」と断言する、毛利輝元。
「つまらぬ芝居じゃ。」と、呪いを吐く様に言う愛姫が、独眼龍の妻らしくて良い。
 ドラマではなかったが、”呪い”は的中する。
細川忠興夫人ガラシャが、人質を拒み、死を選ぶのである。
切支丹であった彼女は、自害は禁じられ、家臣の刃に倒れる。

 一方、西へ引き返す、東国の家康。

追撃したい、直江大国兄弟&上田衆VS殿の攻防が、最高ハート
 ダブル謙信の衣装で、謙信の言葉を言う景勝、謙信がのり移ったようだったぞ。
 上杉家が、徳川と戦わなかった理由は、いろいろ推理はされるが、歴史学上謎である。 
でも、ビジュアルで見られて最高に幸せハート

 「追撃する!」と、出て行った実頼、「連れ戻せ。」と言う、殿。

まてっ!」の兼続の言葉に、グッと来たぜハート
 携帯の、着信音にしたいくらいだ。

 「義の国を作るために、ここまで来たのでございます。
 今撃てば、それがかないまする。」
兼続の言葉に、今まで志途中で亡くなった、兼続の仲間達のことが思い出された。
 「義に叛いて敵を討てば、天はいつか我々を見放す。
それでも追いたくば、わしを斬ってからにせよ!
 
 殿様を斬って家臣が成り上がるのが、当たり前の時代である。
家臣に才能があれば、なおのことである。


 文武あらゆる才能に恵まれながら、あるじを裏切らなかった直江兼続。
そこに、彼の、とてつもない偉さと人間的凄味があるのである。

【2009.09.13 Sunday 21:56】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんにちは。
『直江状』を書き記すことになったいきさつ、じっくりとみさせてもらいました。ふむふむ。

いづなさん、新聞はなにを読まれているのかな?読売新聞の文化ページ、「空想書店」が不定期?にあるんだけど、月1かな?。9月の店主は小和田哲男氏です。オススメの本やお話が掲載されています。私は新聞で見ることしかできないけど、近日中に、丸善丸の内本店の二階で、小和田哲男さんの「空想書店」コーナーが登場するとのことです。
もうご存知でしたら、すみませ〜ん。
| ぺんた | 2009/09/14 4:00 PM |
はじめまして。
数ある天地人ブログの中でも、奥行きの有る、またバランス感覚の優れた記事で、いつも感心しながら拝見しています。

私は天地人を見始めてから歴史に興味を持ち出した、ほんの駆け出しですが、歴史の面白さを教えてもらった大河ドラマに感謝しています。

さてさて重箱の隅をつつく話しで恐縮なんですが、兼続と三成が見ていた勢力図が、36話と37話で書き換えられていたということ、お気づきになったでしょうか?
36話で真田信之だったのが、37話では信幸に変わってるんです。
それでもおかしいですよね。
関ヶ原合戦直前、真田家当主は父昌幸のはずなんですが・・・。
最近、「真田太平記」を見て、素晴らしいドラマだと感激したばっかりで、ついつい真田の文字に引かれ気が付いたというわけです。

取るに足らないこと、すみませんでした。
こんな感想でよかったらまたコメントさせて下さい。

天地人も佳境に入り、目が離せませんね。
楽しい記事を楽しみにしています。失礼しました。

| せかちゅう | 2009/09/14 8:15 PM |
ぺんた様

お返事大幅に遅れ済みませぬ、お許しくだされ。

>『直江状』を書き記すことになったいきさつ、じっくりとみさせてもらいました

 ありがとうございます。

>いづなさん、新聞はなにを読まれているのかな?読売新聞の文化ページ、「空想書店」が不定期?にあるんだけど、月1かな?。9月の店主は小和田哲男氏です。

 おお、そうですか!
新聞は朝日新聞&時々、新潟日報(笑)、大きなニュースの時は海外誌も。
丸善丸の内本店に、あるんですね。
存じませんでした。情報感謝します!
| いづな薫 | 2009/09/17 8:05 PM |
せかちゅう様

当サイトをお褒めいただき、心よりお礼申し上げます。
諸事情により、お返事遅れすみません。
ようこそ、お出で下さいました。

>歴史の面白さを教えてもらった大河ドラマに感謝しています。

 何がきっかけでも、良いですよね。
歴史は知れば知るほど、面白いです。

「真田太平記」も面白いですよね。
小説で読んだことがあります。
  
>天地人も佳境に入り、目が離せませんね。
楽しい記事を楽しみにしています。失礼しました。

 天地人、盛り上がって来ましたね。
兼続の名を天下に轟かした、直江状がとうとう出て来ましたし。
 これからも、当サイトに遊びにいらして下さい。
お待ちしております。
| いづな薫 | 2009/09/17 8:12 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1292027
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中