大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「上杉転落」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< イケ面だらけの、会津まつり その1 | main | イケ面だらけの会津まつり その2 >>
天地人感想 「上杉転落」
ドラマでは、家康に謝罪しないんですねー。

家康の兼続景勝への詰問、身を乗り出して見たぞ!

何ゆえ、おぬしらは負けた!?

 獲物をいたぶるような家康のセリフに、ぐうの音も出ない兼続。

実際の兼続、景勝がなんと言われたのか、想像しながら見ていた。

 120万石から30万石となり、家存続が決まった時、兼続が溜飲を下げていた。
 ドラマ前半に、”殿が打ち首、領地も失うかもしれない”の苦悩と緊迫感が欲しいなと思いました。
 そうすれば、兼続の努力と、30万石でも胸をなでおろすのが伝わると思う。
   
 当たり前だが、古文書などに残る史実の方が、格段の迫力がある。
あーもう出勤しなきゃならんので、書けないが。

 上杉家の一家臣である、直江兼続を有名にしたのは、直江状だが、兼続の真の価値は、米沢時代にあると私は思う。
 その人間に価値があるかないかは、苦境の時にこそ、分かる。

 彼は、今より400年も前に、ワークシェアリングし、産業を増やし、6000名の家臣とその家族を4分の一の領地で、悠然と養った。
 関ヶ原時の敗北が彼を、そうさせたに違いない。

己の知略、(本田家と縁組するなど)直江家と言う家柄までも使い、持てる駒はすべて利用し、兼続は、上杉家を救おうとする。
 
 徳川に盾突き、家運を衰退させた兼続を評価しない、時代も人もいた。
18世紀後半に、第9代米沢藩主・上杉鷹山という傑出した人物が出て来て、兼続の功績を再評価するようになる。

赤りんご 価値ある人間を評価できるか、否かも、またその人間の価値である。

【2009.10.05 Monday 08:50】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
昨日はクライマックスだな、と思って見ていました。
私も兼続の一番評価されるところは関ヶ原後の生き方だと思っています。

来週長男とのストーリーがあんなに続くとは、予想していませんでした。
が、考えてみれば、兼続をメインに見たら娘息子の事は一話に取り上げるべき試練ですよね。
| アキ | 2009/10/05 12:53 PM |
アキさま

先日は鼓解説サンキュー、助かりました!
本日はコメント、ありがとうございます。

おっしゃる通り、クライマックスでしたね。
>私も兼続の一番評価されるところは関ヶ原後の生き方だと思っています。

おお、そうですか!

>兼続をメインに見たら娘息子の事は一話に取り上げるべき試練ですよね。

シングルファーザー状態の兼続、奮闘振りが楽しみです。

| いづな薫 | 2009/10/05 4:05 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1301087
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中