大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「将軍誕生」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 上杉景勝のお願い | main | 伊達政宗・知事選 >>
天地人感想 「将軍誕生」
仕事に子育てに走り回る兼続に、熱に浮かされた息子が「母上・・・」と言う。
ふびんじゃった・・・兼続が。笑
ほとんど一緒に暮らしていないけれど、母上なんですかー。

 責任感の強いデキるお船を、長々と京に留まらせるのは酷です。いくらでも、仕事しちゃいそうだもの。

上杉家、貧乏で上洛できないと言うのが、何とも哀れ。
ついこの間まで、大変な富豪大名だったのに。
上洛も大変だから、国造りに勤しめて良いのかもしれないが。

兼続と実頼兄弟の亀裂が、見えて来ましたね。
 兼続の娘・松の婿、本多政重を迎えに来た、使者を斬ってしまい、実頼は高野山に籠もってしまうのですが。
 仲の良かったこの二人が、和解出来ずに亡くなると言う悲劇が何とも痛ましいです。

 兼続が言っていた、
万民こそ天下。民のために何ができるかが大事。
いわば、国民主権で、今でも通ずる政治理念である。
 為政者は誰でもいい、戦がなく民が幸せに暮らせることが大事なのである。
 
 政宗のマント、みたいなんだけどー、笑。
(さっき、とある現代の結婚式写真見ていたら、政宗の衣装を来た花婿がいた。しかも眼帯付き〜。)
 
 駆けつけた夫を突き飛ばした、病身の菊の馬鹿力に笑うたぞ。
甲州夫人と呼ばれた彼女、信憑性のある史料には、嫁いだ事と亡くなった記事しか記録にない。
 兼続夫妻と同じ林泉寺に墓所があるが、埋葬されたのは京都の妙心寺である。
 私は双方お参りしている。

 秀頼の前で、泣いちゃう景勝に替って、挨拶文を付け足す兼続が主従の絆が良く出ていました。

 一子玉丸(定勝)を得た時、景勝は50歳である。
側室もすぐに没し、景勝はその後、正妻も側室もおらず、玉丸を守ってただ黙々と生きる。

玉(宝石)のような、玉丸と名づけた所に、景勝のわが子大事さが感じられる。
 定勝の墓所は、米沢の御廟所、景勝と道を挟んで反対側にある。
こちらも米沢入りした時は、必ず詣でる。
ちなみに上杉定勝、赤穂浪士討ち入りの吉良上野介の舅に当たる。

 五度の川中島を戦った謙信と信玄、晩年にはお互い真情を感じあう仲だったと言う。
 信玄は何かあったら謙信を頼れと勝頼に遺言し、謙信は信玄の死に、湯漬けを取り落として泣いたと言う。 
彼らの子供が夫婦であったことに、不思議な縁(えにし)を感じる。 

【2009.10.18 Sunday 22:03】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづなさま。(>人<;) ご無沙汰しています。
忙しくて、コメントできませんでしたが記事はいつも
拝見させていただいております。
今回も記事も、頷きながら、笑いながら拝見しました。
兼続の息子、”たけまつ”随分長いこと患っていたんですね。
そんで、京都と米沢、めっちゃ速攻で移動していたお船さんに
思いっきりビックリしました。
>景勝はその後、正妻も側室もおらず、
>玉丸を守ってただ黙々と生きる。
この頃、どんどん景勝さまが好きになっちゃってます〜。
| poppy-23 | 2009/10/19 2:27 PM |
poppy-23様

お忙しい中、コメント賜りまして、真に感謝申し上げます。
ありがとうございます。

>兼続の息子、”たけまつ”随分長いこと患っていたんですね。

 実際、息子の療養を心配する直江兼続の手紙が残っています。

>京都と米沢、めっちゃ速攻で移動していたお船さんに
思いっきりビックリしました。

 忍者?笑笑

>>景勝はその後、正妻も側室もおらず、
>>玉丸を守ってただ黙々と生きる。
この頃、どんどん景勝さまが好きになっちゃってます〜。

 何か、タツノオトシゴのお父さんを思い出しました。
波に流されても、子供腹に入れて、ひたすら守っている。笑
| いづな薫 | 2009/10/20 7:09 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1307748
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中