大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「実頼追放」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 天地人ドラマストーリー完結編 | main | 石榴 ざくろ >>
天地人感想 「実頼追放」
 実頼事件、兼続は寿命が縮む想いがしたでしょうな。

ドラマでは、「縁組は、なかったことにしてくれ。」と言っただけだった。
しかし、実際の実頼は、婿・本田政重を迎えに来た兼続の家臣西山庄左衛門と飯田実相坊を、斬ってしまっている。
 
 実頼にしてみれば、長年京留守居役で得る情報も違うし、国許と意見がかけ離れてしまっていたであろう。
 (幕末の、西郷と大久保を思い出した。)

 上杉の命運をかけた縁組を前に刃傷沙汰を起こし、兼続らは窮地に追いやられる。
 関ヶ原時の敗戦責任から、兼続は、
懐に刀を忍ばせるごとき気迫で、徳川方と折衝していたに違いない。
 駆け引きを誤れば、即、改易、死につながる。

 無事お松&政重の婚儀にこぎつけたことに、兼続らの努力を察してあまりある。
 
 政重の父、本多正信は元鷹匠と言う、異色の経歴の持ち主だが、「正信の御異見、御指図に任せ候え。」と家康側近が言うほど、絶大な権力を握った。
 家康隠居後も、秀忠の執権を勤めている。
彼を上杉救済の窓口にした点、兼続と言う男も只者ではない。 

 冒頭、「兼続」と言う星が紹介されていたが、「景勝、岩室温泉、信濃川」と言うのもある。
 みな、実頼の御子孫の大国氏が発見し、名付けていらっしゃる。
実頼から数えて、14代目に当たるそうである。
 この方、晩年の実頼について、古文書研究され、実頼のお墓を突き止めた方でもある。
 奇しくも父・惣右衛門と同じ、米沢関興庵にあり、いづなも何度かお参りさせていただいた。
 見つけて下さった、御子孫のおかげである。

星 発見者は別の方だが、伊達政宗仮面ライダーなんて星もある。
余談だが、いづなは天体観測にはまったことがあり、新潟県胎内市の星祭りにも出かけていました〜。笑

 回想シーンの与六与七は、すごく可愛かった。
幼い与七は特に。
実頼は、兄兼続の没後、米沢に帰って住んだという。

 仲の良かった兄弟は、この世で二度と逢うことはなかったのである。

【2009.10.25 Sunday 21:48】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
はじめまして。
毎回楽しみに読ませていただいております。
いづなさんのお話を読み、遅ればせながら上杉家に興味を持ちはじめ、只今いろんな書物を読みあさっておるところでございます。
このブログを知ったきっかけになったのが、今回の大河ドラマ。それも、もうすぐ終わるかと思うと少し哀しいですね。

今回の感想も「ふむふむ」と思うことが多々あり、それをふまえて録画を(リアルタイムで見れないので)見たいと思っておりまする。

いきなり乱文失礼しました。これからも楽しみにしております。
では。

| sayuri | 2009/10/27 11:09 PM |
sayuri様

コメント頂き嬉しいです、いづなです。
心よりお礼申し上げます。

>只今いろんな書物を読みあさっておるところでございます。

 上杉家の歴史は、興味が尽きないですよね。
信憑性の高い史料が多いという点が、魅力です。
 天地人はもうすぐ終わりですが、あと数回を是非楽しみたいと思います。

 どうぞまた、お立ち寄りくださいね。
sayuri様のお越しを、お待ちしております。
| いづな薫 | 2009/10/29 9:27 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1310552
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中