大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「哀しみの花嫁」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< パンプキンスープ | main | 龍馬伝 追加キャスト >>
天地人感想 「哀しみの花嫁」
謎の婿養子・本多政重の回でしたな。

加賀藩の記録によれば、政重は、「直江山城守兼続婿養子の時、前妻は兼続女也、
後妻は兼続弟小国大和守実頼女と也」とある。
読み方、解釈:女→むすめ、小国→大国
 スパイ説もあります。

 家康と榊原ら極悪グループに、掃き溜めに鶴の秀忠登場。
 なんであんなに、家康ら特に榊原を極悪に書くんだろうか。笑

 雨で決壊の猿尾堰(さるおぜき)、今は、のどかな散歩コースですが、昔は巨石が沈むほど荒れたそうです。
 兼続が祈願した、巨石・龍師火帝の碑がその地に建っています。
こちらで、詳しく書いています。
http://cafe.kenshingen.fem.jp/?day=20090505

 治水工事の教えを請いに兼続が伊達政宗を訪ね、政宗が、気が向いたら詳しい者を派遣するかもよ、と言う。
 詳しい人って、政宗本人だったのね?笑

 オレの故郷をこんなに変えやがって!でも、ひとつの天下をなしている、と街づくりをほめる政宗。彼らしいほめ方が良い。
 最初の頃はヤンキー過ぎてでどうしようかと思いましたが、天地人の政宗も好きになりました。

 直江姉妹は、残念なことです。
出来たお船の涙を見て、もらい泣きしてしまいました。

 竹松&謎の婿養子、年齢も立場も違うのに対等に話していて面白い。
愛の兜をこっそり見ていて、竹松にばれる謎の婿養子。
姉ふたりが早世し、自分が父母のそばにずっといなければと言う竹松がいじらしい。
 竹松がまた早世してしまうのが、何とも辛いが。

竹松と、謎の婿養子のその後。

 竹松は、政重の実父(本多正信)の媒酌で妻を迎え、政重は兼続弟実頼の娘阿虎を、後妻に迎えます。
 その後、政重は上杉家を去り、加賀前田家に3万石で仕え、代々家老を輩出しました。
 兼続との間も不和ではなく、前田家に行った後も兼続との交流は続き、兼続の見事な鎧が、本多家に代々伝わっています。
 前立てが変っていて、「奈を江山しろ」(なおえやましろ)と、兼続の名が記されています。

本多家は明治期には男爵になっています。
 この家系は、政重&阿虎夫婦の家系ではなく、阿虎没後、公家西洞院氏を後妻に迎え出来た子。
 しかし、政重&阿虎にも子がいて、この子孫からは、前田慶次郎の逸話を書いた、「可観小説」の著者が出ます。 

【2009.11.01 Sunday 21:52】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんばんは。いつもありがとうございます。政重さんも、夫婦運があるというのかないというのか…。でも三度も結婚できるのは、運があるというべきなのかな。。いづなさんの解説、楽しませていただきました。ありがとうございます。
秋の夜長、楽しむと言えば読書でしょうか。今朝の新聞にも載っていましたが、私も数日前に『もういちど読む山川日本史』を購入しました。懐かしく読んでいます。文章に太文字がなく、欄外に小さく書いてあった補説もない。でも、欄外と言う形ではなく本文に少し小さめの字で補説もあり読み応えあります。乙巳の変という言い方が増えたり、薬子の変とは言わなくなったり…新しい発見もあるし、その補足もあるからありがたい。いづなさんはもう読まれたかな?懐かしい教室の匂い(臭い!?)を思い出せます。
| ぺんた | 2009/11/01 10:22 PM |
ぺんた様

コメントありがとうございます!

本田政重、良いんだか悪いんだか、ドラマティックな人生ですよね。笑

>『もういちど読む山川日本史』を購入しました。

 面白そうですね。私はまだ拝見していないです。
歴史好きな大人が読む、教科書ですね。
 今度本屋さんで見てみます。
ネットでも買えるかな。
 面白い情報、感謝します。
| いづな薫 | 2009/11/01 10:52 PM |
米沢つながりの政宗公、いい味出しておりまするな。大河で主役政宗を務めた渡辺謙の娘さんが、愛姫役?なのでしょうか、面白いです。そういえば謙さまは新潟出身で謙信公の謙を名前にいただいた、と何かでよみました。家康、本当に可哀相なほど悪者ですね。風林火山のように、長尾にも武田にも感情移入できるように描いて欲しいものです。小さい頃から人質として苦労し天下太平を渇望したお方ですよね。雪齋様の薫陶を受けたことでも、江戸幕府の長さを考えても、もっとリスペクトして深く書いてほしいです。ところで天地人、ドラマ冒頭はすっかり大河伊達政宗のパクリでございますな。DVDを見て驚きです。あ、本多様以外の話になり申した。ご容赦くだされい。
| 藤次郎 | 2009/11/02 1:16 AM |
藤次郎さま

コメントありがとうございます!

>米沢つながりの政宗公、いい味出しておりまするな。

 本当ですね。政宗、いい人なんだーと実感できました。笑

>大河で主役政宗を務めた渡辺謙の娘さんが、愛姫役?なのでしょうか、面白いです。

 似ていらっしゃいますか?
私、この愛姫好きです。
 三成が関ヶ原の前に、夫人たちを人質に取るけれど、「つまらぬ芝居じゃ。」と真意を見透かす頭の良さ、動じない感じがいかにも政宗の妻でした。
 昨日は、政宗を兼続に会いに行かせたり、出番少ないけれど印象的です。

>謙さまは新潟出身で謙信公の謙を名前にいただいた、と何かでよみました。

 そうなんですよね。
原作の火坂さんも、渡辺氏を謙信に考えていたとか。

>小さい頃から人質として苦労し天下太平を渇望したお方ですよね。雪齋様の薫陶を受けたことでも、江戸幕府の長さを考えても、もっとリスペクトして深く書いてほしいです。

 そうそう、家康ってもっと立派な人だったと思うんです。
側近も有能でしょうし。
 
>ドラマ冒頭はすっかり大河伊達政宗のパクリでございますな。DVDを見て驚きです。
 
 えーそうなのですか。同じ局だから良いのかしら、笑。
DVDをお持ちとはさすがです。
| いづな薫 | 2009/11/02 7:49 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1313389
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中