大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 上杉景勝と女性の家族 2 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 龍馬伝 追加キャスト | main | 唐招提寺1200年の謎 >>
上杉景勝と女性の家族 2


 上杉景勝という、人物を考える時、妻妾より密接な女性がふたりいる。
母・仙洞院(仙桃院)と、姉である。
母の仙洞院は、周知の如く上杉謙信の実姉で、2つか6つ違いだと言われている。
仙洞院は謙信の政敵であった長尾政景に嫁いだ後、4人の子を成し、夫を不慮の事故(舟遊び中溺死)で失っている。
 そして、謙信が仙洞院景勝親子を春日山に呼び寄せ、共に暮らしている。
未亡人と独身の仙洞院と謙信、姉弟でありながら、夫婦の如く景勝を育てたように思えてならない。
 景勝への愛情あふれる手紙や、字の手本がそれらを物語る。
春日山には、謙信と仙洞院の実母、虎御前も健在だった。
景勝は、謙信のほか母や祖母の愛情を受けて育った。

 そして、景勝の姉についてである。
名は伝わっておらず、戒名の頭3文字は母と同じ「仙洞院」である。
景勝は、この姉と仲が良かったと推測できる。
 ドラマでも出て来ていたが、上条政繁がその夫である(異説あり)。家来扱いだったが、本当はお義兄さんである。

景勝は姉夫婦に相談事をしたり、アドバイスを求める書状を遺している。

異性の家族に強く愛された人間は、成長してからも、家族以外の愛情におぼれず、さして必要ともしないと言う。
 謙信が独身だったのには諸説あるが、僧侶である宗教上の理由と、母や姉に強く愛されたことが由縁しているだろう。

 天地人では、夫婦愛を描く都合上、兼続夫婦、景勝夫婦を軸としていた。
兼続に関しては、妻子との深い家族愛があっただろうと古文書、記録などから推測できる。
 しかし、景勝は正室側室含め信憑性のある記録は極わずかしかなく、判断しがたい。
 殿様なのに、記録がないということが、冷たい関係を証明しているとも言える。
記録の分量を見ても、景勝には母と姉の方が、妻妾のそれより密接である。
 景勝は、生涯に渡り母と姉を慕い続けたと言っていい。
 
 仙洞院は、景勝正室側室亡き後なお5年生き、86歳の大往生だった。
景勝は55歳になっていた。
姉も元和8年(1622)におそらくは70歳を超えて亡くなり、体調を崩した弟・景勝が半年後、69歳で亡くなっている。
 没した地は3人とも米沢である。
 景勝は、生涯のほとんどを母と姉と生きたのである。

【2009.11.03 Tuesday 19:50】 author : いづな薫 
| ちび勝&上杉景勝 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いづな様
お言葉に甘えて、またまたお邪魔します!

シスコン、いいですね、私は一人っ子なんでうらやましい限り。いいな、あんな弟がいて(^_^;)
最近、ずっと前に読んでいた司馬先生の「街道をゆく」の中に景勝公について「精神の高貴さのようなものがある」とあったのを再発見。あわせて、いづな様のブログを全部読み返し、納得した次第です。また新たな発見があることを楽しみにしておりますので、よろしくお願いします。

ところで、天平時代のドラマ、ご覧になられましたか?私、地元なんですよ。興福寺とか東大寺とか飛鳥とか、語らせたら長くなるので、この辺で失礼します。
厚かましくお邪魔したこと、かつ、乱文失礼しましたm(__)m
| sayuri | 2009/11/04 12:03 AM |
sayuri様

お越し&コメント大変嬉しいです!
ありがとうございます。

>ずっと前に読んでいた司馬先生の「街道をゆく」の中に景勝公について「精神の高貴さのようなものがある」とあったのを再発見。

 私もそれ読みました。
司馬さんは景勝が好きですね。
そう仰る司馬さんは、私の最も敬愛する作家です。

>いづな様のブログを全部読み返し、納得した次第です。また新たな発見があることを楽しみにしておりますので、よろしくお願いします。

 こちらこそ、よろしくお願いいたします。
全部お読み下さり、心より感謝申し上げます。

>地元なんですよ。興福寺とか東大寺とか飛鳥とか、

 なんと、素晴らしい所にお住まいですね!
私もカウントできないほど参りました。まだ行きたいです。
 興福寺も東大寺も、飛鳥も、忘れえぬ地です。
遷都1300年で大いに盛り上がっているでしょうね。
 sayuri様、どうぞまた当サイトにお越し下さいませ。
お越しを楽しみにしています。
| いづな薫 | 2009/11/05 8:31 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1313830
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中