大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人感想 「大坂の陣へ」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< ジョージア 戦国時代の武将シリーズ | main | 美味いもの >>
天地人感想 「大坂の陣へ」
 淀と兼続の娘を失った話には、イマイチ感情がこもってなかったが、兼続&毛利輝元のセリフは、
重みがあり良かったです。

「負けたことを悔いても始まりませぬ。
生きていれば、辛い事もままならぬ事もあり、それでも慈愛の一念を持っていれば、天はいつか良き報いをくれます。」

 私は、史実のさらに苦難の多かった兼続を想い、聞いていました。
 互いに4分の1の領土になった毛利と上杉、新たな生き方を模索する二人が感慨深いです。

 仙洞院、若いな〜景勝と同じくらいに見えるんですけど。笑
仙洞院86歳、景勝55歳。
たぶん景勝が生まれる前から居るであろう侍女2人も、えらく若いし。笑
いつもながら、NHKって女性の年齢が変です。

景勝も”ええっびっくり”て顔していましたが、

「仙洞院が謙信公のご遺言は真実ではなく、母の願いだった」と言うセリフに、引き込まれました。
 その願いに、十分そなた(景勝)は答えた、とも。
 仙洞院は、子供可愛さに跡継ぎを選ばなかった所が良い。
 ここが、淀とは雲泥の差がある。
 為政者及びその側の者は、男であろうと女であろうと、当たり前のことだが一個人である前に公人である。
 自分可愛さに保身に走り、子供可愛さに地盤を譲る政治家が今でもいるが。

 少し大きくなった玉ちゃん、キューピーみたいで可愛いですな。
 景勝と一緒に剣の稽古をしている時、景勝がしゃがんでふたりで突きしている所で笑いました。
 親子とも可愛すぎハート
回想で出て来た、謙信が景勝をおぶっているような乗馬シーンも可愛いな〜。
 謙信と景勝、景勝と定勝(玉丸)、シングルファーザーの系譜が継承されているよ。

「国家安康・君臣豊楽」の鐘について。
京都方広寺に今も残るこの鐘、よくもまあこんな小さな文字に気が付いたなって位のものです。
 機会があればせひ、御覧にお出かけくだされ。
 家康がイチャモンをつけた銘文は、呪詛とは考えにくい。
 巨大鐘に字がびっしり書かれ、「国家安康・君臣豊楽」の部分に、白くしるし付いています。
鐘は東大寺の梵鐘より大きく、高さ420cm 外径280cm厚さ27cm重さ82.7tもあります。

【2009.11.08 Sunday 23:10】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(2) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いずなさま★こんばんは。
「天地人」の放映もあとわずかとなり、淋しいです。
早めの終了が、スペシャルドラマ「坂の上の雲」のためだと
知った時は、いささかショックでした。
(でも、「坂の上の雲」は好きです〜)
成長した竹松の激変ぶりに比べて、婿殿の変化のなさに
びっくり。清史郎君の面影全然無しですね〜。
>仙洞院86歳、景勝55歳。
仙洞院さま、お若いですね〜。特に、臨終の床に
ついて髪の毛を出したところなんて、よけいに若く見えました。
せめて、もう少し白髪のカツラでもよかったんじゃない?
とか、つまらないところでツッコミを入れてましたよ。
>少し大きくなった玉ちゃん、キューピーみたいで可愛いですな。
たまちゃん〜〜。かわいい、かわいい。
あの赤ちゃん、すごい演技派です〜〜。
>景勝と一緒に剣の稽古をしている時、
>景勝がしゃがんでふたりで突きしている所で笑いました
景勝さまが、たまちゃんと仲良くしているところを見て、
本当にうれしかったです。小さな子供相手に、子供の目線まで
下がって語り合うというのは、とても大切なことです。
景勝の愛情が本当に良く描かれていたシーンで、肉親すべてを
失って、唯一のたまちゃんに愛情を注ぐ姿が切ないやら
うれしいやら。(本当だったら孫くらいの年でしょうか?)
>「国家安康・君臣豊楽」の鐘について。
あの悪役の「榊原」でしたっけ?
景虎の時から、したり顔の?最後まで、しっぺ返しが
ないのかしら?彼がこのままで、終わってしまっては
後味が悪いです〜〜。
| poppy-23 | 2009/11/09 2:35 AM |
poppy-23さま

コメント嬉しいです。
ありがとうございます。

「坂の上の雲」、司馬作品なので私も楽しみです。
直江景明役の子、風林火山の時上杉憲政の子を演じてましたよね? 北条家で亡くなった子。

>臨終の床について髪の毛を出したところなんて、よけいに若く見えました。
もう少し白髪のカツラでもよかったんじゃない?

 仰るとおりですよ。
男性陣は老けるのに。兼続が珍しく老けないですが、笑。

>たまちゃんと仲良くしているところを見て、
本当にうれしかったです。小さな子供相手に、子供の目線まで
下がって語り合うというのは、とても大切なことです。

 お言葉胸に刻みます。笑
たま&景勝は可愛かったですねー。
剣の稽古になってんだかどうだか、わかんないけど、笑。

>肉親すべてを失って、唯一のたまちゃんに愛情を注ぐ姿が切ないやらうれしいやら。(本当だったら孫くらいの年でしょうか?)

 孫の年ですね。これも謙信と似てます。
末っ子の謙信も親にとっては孫みたいなものでしたもの。

>あの悪役の「榊原」でしたっけ?
景虎の時から、したり顔の?最後まで、しっぺ返しが
ないのかしら?
 
 国家安康の鐘のところの悪役は、遠山ですわ。
榊原はもう少し若くて、兼続にたまちゃんを江戸に差し出せ、と言った人。
 しかし、なんであんなに徳川は極悪グループにしたのか不思議ですよね。笑
 poppy-23さま、またおいで下さいね。お待ちしております〜。
|
| いづな薫 | 2009/11/09 10:25 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1316021
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中