大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 兼続の愛の旗 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 楠正成の太刀と、火事場装束 | main | 紅葉のような家臣に・・・ >>
兼続の愛の旗


直江兼続が使った、本物の愛の旗です。
 この本物の愛の旗、崩し字でよく分からないが、愛と書いてある。
この旗に見慣れていた私、天地人オープニングを昨年の今頃初めて拝見した時、たまげた。
 例の赤い愛の字の旗を担いで、兼続が田園風景の中にいるではないか。笑
 
 この旗、今は佐久市立近代美術館にあるが、現在公開していないかも。
新しい展示室を建設中なので、また公開すると思います。

赤りんご本日の●HKスタジオパーク、兼続公がゲストでしたね。
 映画のため、染めた金髪に驚きましたが。笑
 朝日新聞の連載小説「悪人」を演じるられると聞き、ややびっくり。
おどろおどろしい絵が印象的だったので。
 兼続公いわく、「殿のような彼女が欲しい。」には笑いました。ひげが生えているのか?猫か?猫
殿は、かいがいしいんだよね。名君だけど小姓の才もお持ちか。笑

【2009.11.20 Friday 21:45】 author : いづな薫 
| 天地人or直江兼続 | comments(0) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1317283
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中