大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 楠正成の太刀と、火事場装束 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 切断して送る、直江兼続の密書 | main | 兼続の愛の旗 >>
楠正成の太刀と、火事場装束
またもや、東京国立博物館に、塩留めの太刀を見に行って参った。
今回はブログご常連で、刀剣博士の越後義太郎さまと一緒。
が、以下の太刀は、塩留め〜ではない。



この刀、長船景光(号 小龍景光)と言います。
義太郎さまいわく楠木正成(くすのきまさしげ)の太刀だったそうです。1322年、鎌倉時代の作。
 後には明治天皇も所持したそう。


樋・ひ(飾りや重さ軽減、または曲がり難くする溝)に小さな龍(上写真)が彫られているので「小龍景光」と呼ばれる。
 すりあげ(刀の茎を切りつめて全長を短くする)してあるため、龍が柄に隠れ、龍がちょこっと顔を出しているので、
「のぞき龍景光」の名もある。

 いづなは、鎌倉時代の刀が好きである。
なぜかと言うと、名刀とは名だたる武将が所持し、飾り物でない武器として豪壮さと美しさが宿るからである。
 儀式用の太刀、江戸時代など平和な時代の刀などいろいろあるが、刀剣は、武具であってこそ、その美しい魔力を感じる。
 そして上杉家に多いのも、鎌倉・南北朝時代の備前刀である。

 なぜ鎌倉時代の作に強い魅力があるかと、義太郎博士に尋ねたら、やはり平和な江戸時代の作とは、根本的に違うと言うこと。
 戦乱の時代には、アクセサリーでない実用性と質実剛健さを求めるのである。
刀は武士の魂と言う言葉があるが、刀剣とは持つ人間の心であり、思想なのである。

 
 他に、展示品で面白かったもの。デザインが可愛い大名家の火事場装束。
左は帽子、右は御幣(ごへい)が立体的に飾られた装束。


鳥居がアップリケされているハート可愛いっすハート


これは、女性用火事場装束。
女性消防官が、江戸時代もいたのだ!


 火事装束の話で盛り上がっているところへ、これまたご常連のかな様からメール。
 京都に、ご旅行中だそうです。
京都の景勝町で、景勝消火器発見だそうです。笑


最後に、越後義太郎さまからいただいた、越後のお土産、「継続だんご」と愛バッチ。

いったい何を継続するのか?!
明治36年、直江津の米穀取引所閉鎖に住民が反対したが、やっぱり継続することになったのでお祝いに作った「だんご」だからとの事。笑
 義太郎さま、ご馳走様でございます〜。

【2009.11.19 Thursday 21:54】 author : いづな薫 
| - | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
おはようございます〜。
おや、私のメールはタイムリーだったんですね。こんな取り上げ方をして戴けるとは(^_^)

女性消防隊員ですか・・。じゃあ私は、
「景勝町専任でお願いします!!」
誰より早く、現場に駆け付けてみせましょうぞ♪

しかし伏見区のあのあたり、町対抗の区民運動会をやってたら面白いですよね〜。各町、自分の町ゆかりの大名の家門を旗印に騎馬戦とか。連合組ませたら、if小説以上の夢の関ヶ原決戦が出来そうです♪


それではこれで。
今日から仕事です。気持ちを切り換えて頑張りますp(^^)q
| かな | 2009/11/20 10:09 AM |
かな様

コメント&お写真のご提供ありがとうございます。
そうなんです、なんとタイムリーなお写真。
どこか気持ちが、つながっているのかも知れませんね。笑

>「景勝町専任でお願いします!!」
誰より早く、現場に駆け付けてみせましょうぞ♪

 火事消すだけですよ〜どさくさにまぎれてなにかしちゃいけませんよおお。

>伏見区のあのあたり、町対抗の区民運動会をやってたら面白いですよね〜。各町、自分の町ゆかりの大名の家門を旗印に騎馬戦とか。
 
 かな様、ウマイなあ〜ホントですね。
今も戦国時代の名称があるって、楽しいです。
お仕事、お身体に気を付けて頑張って下さりませ。
 また遊びに来てくだされ〜!
| いづな薫 | 2009/11/20 10:17 AM |
いづな様
 さっそくのアップいただきましてありがとうございます。
ホントに国宝クラスの太刀・打刀に囲まれ、そしていづな様のお話しに魅きこまれて至福のひとときでした(*^。^*)
 やっぱり、太刀は「鎌倉モノ」に限りますね。ル・コルビジュが「最高の美とは、機能を有した美=機能美」と言う通りに、刀工の魂と武士の魂が究極の形となって昇華しているのが「鎌倉モノ」なんですね。う〜ん、あの丁字乱れと沸のすばらしさは鳥肌モンです。(すいません刀フェチゆえにご容赦を…)

 そして、いづな様の凛とした瞳の奥に「サムライ」を感じました。まさに「一文字」という言葉がピッタリですね。
 それにしても、火事場装束デザインの奇抜さにも驚きましたが、偶然タイムリーにかな様から景勝消火器メールとは。本当に、目に見えない「ご縁」を深く感じ入りました。

 越後も急に寒くなりましたのでお気をつけていらして下さりませ。今後もよろしく御願い致します。義太郎でした。m(__)m
| 越後義太郎 | 2009/11/21 12:55 PM |
越後義太郎さま

先日は、大変お世話になりありがとうございます!
 
>国宝クラスの太刀・打刀に囲まれ、そしていづな様のお話しに魅きこまれて至福のひとときでした(*^。^*)

 こちらこそ、大変楽しゅうございました!心よりお礼申し上げます。

>やっぱり、太刀は「鎌倉モノ」に限りますね。ル・コルビジュが「最高の美とは、機能を有した美=機能美」と言う通りに、刀工の魂と武士の魂が究極の形となって昇華しているのが「鎌倉モノ」なんですね。

 コルビジュ、好きですよ私も。特に椅子。
武具が武具であるゆえの美しさが、鎌倉刀にはありますね。
 天地人で、謙信が人が人である美しさと言っていましたね。笑

>あの丁字乱れと沸のすばらしさは鳥肌モンです。

 義太郎さまほどではないにしても私にも分かりますよ〜。

>そして、いづな様の凛とした瞳の奥に「サムライ」を感じました。まさに「一文字」という言葉がピッタリですね。

 過分にお褒めいただき、恐縮です。
 火事場装束、御幣に火が燃え移らないかと心配でしたが。笑。
かな様の景勝消火器も面白いですね。
 おっしゃる如くご縁もあります。

>越後も急に寒くなりましたのでお気をつけていらして下さりませ。

 ありがとうございます、ではまた!
|
| いづな薫 | 2009/11/21 9:34 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1318025
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中