大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 天地人最終回感想  「愛を掲げよ」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 今日の晩ご飯 | main | 義の後継者 上杉鷹山 >>
天地人最終回感想  「愛を掲げよ」
上杉&伊達ツアーをしていたため、今頃感想です。

 直江家食事も少し豊かな物になったら、息子が亡くなってしまいましたね。
兼続夫妻、子をみな亡くした時の心境は400年経った今でもいかばかりであったかと、思う。

天地人の政宗、ヤンキーで猜疑心が強い人物に描かれていましたが、
私が一昨日仙台で感じた政宗は、兼続同様、おのが国のために尽くした領主である。
62万石の大身の政宗を幕府が恐れ、城普請など容赦ない賦役が課せられ伊達家は多額の借金に苦しむ。
政宗は幕府の機嫌を取りながら、新田開発や治水工事に力を入れ、民の暮らしを立ち行くよう苦心している。
 ヤンキーでは勤まらない、大変な名君である。
 
 歴友のゆきさんと話していたんだが、遠山はどうしたんでしょうかね???

 上杉の殿はまだ、お船のことが好きなんですかね。
馬のまねをしたのには、笑いました。
お船、有能で人間的魅力のある人物であったと私も思っている。
北政所同様、好きである。
お船は、兼続の没後20年余りを生きる。
景勝も息子定勝に、「まつりごとは、お船に聞け。」と遺言している。
彼女は、上杉家の実質、家老で、京や江戸にあった時は、外交官の役目であったろう。
 お船と兼続、ドラマでは八海山へ旅していた。
史実、”入り鉄砲出女”の江戸幕藩体制が出来る前、女性は自由に旅をした。
 お船は夫亡き後、高野山、奈良、京都を旅行している。
 
一方、ドラマの三成の言葉。
「日本国を見つめる目を持たねばならぬ。負けるのは一時の運、正義は我らにあり。我らの正義を後の世に伝えよ。」
そう言う、三成と親友であったと言う兼続。
 死にゆく三成との約束をし、兼続が、敵であった徳川家の若者たちに武将達の生き様を語る姿が心にしみた。
敵も味方もなく、は若い世代にしっかりと語り継がれてゆく。

  旅に出たお船と兼続、高砂の翁みたいで素敵でしたね。
本物の兼続もさぞや越後に帰りたかっただろうなと、感慨にふけりながら見ていた。
私は越後に行くたび、車窓から越後の美しい景色が見えると、
還りたくて還れなかった兼続の気持ちになるのである。

 兼続、景勝の400年前の物語を、今年一年ビジュアルで見せていただいた。

 戦ない世を夢見て、70度の戦を闘った謙信、
 謙信の義の精神を受け継いだ、景勝と兼続。

 直江兼続、同僚、友を戦で失い、子供を病で失い、越後を失い、なんと苦難多き生涯かと思う。

 多くの大切なものを失いながら、
兼続は、謙信の義を受け継ぎ、戦がなく民が幸せに暮らせる世を夢見て奮闘したのである。

 歴史とは、人が理想に向かって努力した軌跡である。

謙信、兼続、景勝、

彼らが夢見た未来に、いま私たちが、立っている。








【2009.11.24 Tuesday 11:00】 author : いづな薫 
| 『天地人』感想 | comments(15) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
1年間感想を楽しませていただきました。
 いづなさんの大河ドラマへの愛と上杉への愛は、その深さを感じて楽しかったです。歴史関係も随分くわしくなりました。

 追伸。うちのN坊は、かなりかっとんだ方になっております。お時間がありましたら、遊びに来てください。文字ばっかりですが……。
| kaku | 2009/11/24 12:36 PM |
kaku様

初めまして、いづなです。
この度は、嬉しいコメント賜りまして感謝申し上げます。

>いづなさんの大河ドラマへの愛と上杉への愛は、その深さを感じて楽しかったです。

 お読み下さり、本当に嬉しいです。
来年は坂本龍馬ですが、kaku様とまたご一緒に楽しめたら幸いです。
 これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
ぜひまたお越しくださいね。首を長くしてお待ちしております。
| いづな薫 | 2009/11/24 2:06 PM |
 こんばんは、初めてコメント書かせていただきます。私は妻夫木さんのファンで、検索していたらいづなさんのブログに行き着きました。上杉についてあまり知識がなかった私が、いづなさんのブログで史実を学ぶことができ、より一層歴史に興味を持ち、ドラマを見ることができました。
 ドラマの脚本に批判がある中、妻夫木さんのファンである私は、何とも言えない思いもしましたが、いづなさんの建設的な感想に、救われたことも多々ありました。
1年間、本当にありがとうございました。
| なな | 2009/11/24 7:58 PM |
なな様

初めまして、いづなです。
暖かいコメント賜りまして、心より感謝申し上げます。
 妻夫木さんファンのお友達、私の周りには結構いらっしゃいますよ。
私は、彼は兼続に合っていたと思います。
 脚本の良し悪しはあるけれど、やはり私の中にあるのは、けっして会うことはかなわない歴史上の直江兼続です。
 それを、ドラマで見られただけでも幸せです。
なな様には、戦国カフェでお付き合い下さり、お礼申し上げます。
| いづな薫 | 2009/11/24 8:25 PM |
いづな様

こんばんは^^
またまた上杉ツアーだったんですね。

天地人がついに終わってしまいました。。。
この一年ありがとうございました。

天地人を演じる人のファンであるわたしが
歴史好きないづなさんの所へお邪魔して
たくさん勉強させていただきましたし・・・
何より 酷評の天地人をエピソードを交えながら
語って下さるいづなさんの文章が大好きでした。
思わず涙した事もしばしば。。。


歴史とは、人が理想に向かって努力した軌跡である。
彼らが夢見た未来に、いま私たちが、立っている。


彼らが導いてくれたこの世で
恥ずかしくない人生を送らなくっちゃ!!




昨年、天地人のロケ情報を知りたくて辿り着いたわたし。
岩手の藤原の里でのロケも同じ日に見ていたようだし、
会津のトークショーも一緒でした。
しかも、いづなさんのお伴の方と同じ高速道路の通行止めで
出遅れたり・・・。

かねたん・・・
春日山・・・

天地人ゆかりの地へ行った時には、
近くにいづなさんがいたりして・・・なんて
きょろきょろしちゃったり・・・。

なんだか知らない人ではないような親近感を覚えつつ
拝見させていただきました。

(長くなってすみません。
 いつかお礼を言いたい!!
 と思っていたもので・・・。)


天地人は終わりましたがこれからも覗かせていただきます。
楽しいお話聞かせて下さいね。





| えび | 2009/11/24 8:29 PM |
えび様

ようこそ、お越し下さいました!
コメント嬉しいです、ありがとうございます。

>この一年ありがとうございました。
>天地人をエピソードを交えながら
語って下さるいづなさんの文章が大好きでした。
思わず涙した事もしばしば。。。

 ご贔屓にしていただき、心より感謝申し上げます。

>彼らが導いてくれたこの世で
恥ずかしくない人生を送らなくっちゃ!!

 そうなんです。
私達の今ある平和は先人たちが、築いたものですものね。
 
>なんだか知らない人ではないような親近感を覚えつつ
拝見させていただきました。

 嬉しいです。
えび様とは、日本各地でご一緒していたのですね。
すれ違っていたのかもしれません。
天地人は終わりましたが、これからも歴史のお話をして参る所存です。
 えび様のお越しを、首を長くして待っています!
ではまた〜。
| いづな薫 | 2009/11/24 9:43 PM |
いずなさん、ありがとうございました。昨年に引き続き、今年もいずなさんにお礼が言えて嬉しいです。
戦国時代は、情けないことに分国法を覚えたぐらいの思い出しかなく、戦いばかりで、なんとな〜くしか知りませんでした。それがそれが、今年一年、いずなさんの手ほどきにより、今じゃ少しは語れる女になりました。(笑)

謙信が語った言葉で、人が人であることの美しさよ、というのがありましたね。深い言葉だなぁ、と今も思っています。その美しさが何か、ということがそれぞれの理想につながり、生きていく指針になっていくのではないかと、今は考えております。
歴史とは…のいずなさんのお言葉を読み、生の!?いずなさんにますますお逢いしたくなりました。
| ぺんた | 2009/11/25 11:58 PM |
こんばんわ、いづな様

思えばドラマを見ていて「もっと景勝や兼続の事が知りたい」と検索した結果、こちらに辿りついたのでした。
そのきっかけを作ってくれた大河ドラマが終了しちゃいましたね。
いづな様のおかげで、今まで知らなかった上杉家の色々な面を知ることが出来、とても有意義な一年だったような気がします。
ご常連さまとの歴史トークも、うらやましくなるようなことが多くて、史実の奥深さをあらためて認識した次第です。

いづな様の中に、謙信、景勝、兼続がいるように、私の中にも、謙信、景勝、兼続が住みはじめました。これから彼らがどんな顔を見せるか、それが楽しみになっています。そして、出来るだけ早く、上杉ツアーに行きたいと思っておりまする。その時は参考にさせていただきますが、よろしいですか?

実は、来年の坂本龍馬も楽しみにしているんですよ!私の中の龍馬に、尊王の志士たちにいづな様のお話で、どんな新たな顔が生まれるか。今からわくわくしております!
これからもよろしくお願いいたします。

| sayuri | 2009/11/26 12:28 AM |
いづな様、見事な分析、感動的な言葉の数々、いたく感じ入りまする。民、領国の繁栄のために、艱難辛苦を踏み越え、踏み越え、生きたお屋形様や御家来衆の語り部となり、未来に立つ我々に誠の義、行くべき道を教えてくださり、ただ、ただ、感涙にむせぶ藤次郎でござる。いづな様のファンの皆様のブログにも頭が下がり申した。亡きお屋形様方も、未来から自分達を敬愛する日本人を見て喜んでおられましょうぞ。拍手、拍手。
| 藤次郎 | 2009/11/26 12:30 AM |
ぺんた様

こちらこそ、ぺんた様には大変お世話になりました。
いただいた直江兼続の寄進灯篭のお写真は、ブログで大反響でしたよ。
本当に、ありがとうございます。
 分国法をご存知なのがすごいじゃないですか。

>その美しさが何か、ということがそれぞれの理想につながり、生きていく指針になっていくのではないかと、今は考えております。

 はい。それが昔からずっと続いている。
志半ばに倒れても、その意志は友や次の世代が受け継ぎ、今日まで来ているんですね。
 今私達の平和な暮らしは、先人達の努力の賜物です。

>歴史とは…のいずなさんのお言葉を読み、生の!?いずなさんにますますお逢いしたくなりました。

 来年もどこかの歴史名所に出没しますので、ぺんた様にお声をかけるかもしれませんぞ〜。笑
 
| いづな薫 | 2009/11/27 9:53 PM |
sayuri様

コメントありがとうございます。

>「もっと景勝や兼続の事が知りたい」

おおっそれで当ブログに、いらして下さったのですね。
sayuri様とは、考古学のお話をいっぱいさせていただきましたね。
天地人は終わりましたが、来年遷都1300年だし、「大仏開眼」ドラマもあるので、古代史で盛り上がりそうですね。

>ご常連さまとの歴史トークも、うらやましくなるようなことが多

 どうぞ、いつでもご遠慮なくトークして下さい。
皆さんそれぞれお好きな記事で、参加されておいでです。
 戦国や古代史が好きな方、刀が好きな方、お料理、虎穴ファミリーを愛してくださる方もいらっしゃいます。笑
 sayuri様のお言葉で語っていただければ、幸いです。

>上杉ツアーに行きたいと思っておりまする。その時は参考にさせていただきますが、よろしいですか?

 もちろんですとも!
上杉ツアーいいですよ、ここに謙信、景勝、兼続が生きていたと思うと、感慨が込み上げます。
 ぜひ、sayuri様の中におわす三人に会ってきて下さい。

私も坂本龍馬大好きですよ。
上杉家くらいはまった事もあります。笑
来年も、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。
あっその前に、坂の上の雲があります。司馬さん大好きなので。

PS.今年は、談山神社の蹴鞠は御覧に行かれましたか?
  あれ綺麗ですよね〜。何度か参りました。
| いづな薫 | 2009/11/27 10:08 PM |
藤次郎さま

いつもご丁寧なお言葉いただき、感激しております。本当です。

>語り部となり、未来に立つ我々に誠の義、行くべき道を教えてくださり、ただ、ただ、感涙にむせぶ藤次郎でござる。

 私はそんな大変なことしておりません(笑)、藤次郎さま、褒めすぎでございます。
 でもお気持ちは大変ありがたく、謹んで胸に収めます。
藤次郎さまには仙台のことをたくさん教えていただき、本当に感謝しております。
 政宗公の支倉常長らの海外派遣や船のお話、興味深かったです。
 そして、大きなとんびのお話は、本当に面白いです。
本などに、載っていませんもの。笑
 以前政宗公ビールがあると教えていただきましたが、支倉常長ビールもあるのですね。
 博物館が開いた頃、仙台また参りたいです。
| いづな薫 | 2009/11/27 10:19 PM |
今参り様

今参り様もお疲れ様です。

>いろんな意見を受けながら、一年間自分の感想を発信し続ける、というのは大変なことだと思います。

 ありがたきお言葉、身にしみます。
今年は、今参り様に出会い、何度もお目にかかり、本当に楽しかったです。
 お仕事もブログもご活躍、願っています。
「戦国カフェ」なのに、今後は幕末や飛鳥奈良時代記事が増えていきますが、何卒よろしくお願いいたします。
 ご指摘の通り、戦国カフェ幕末編、古代編とかつけますかね。笑
| いづな薫 | 2009/11/27 10:27 PM |
いづな さん

初めまして。
私も天地人が大好きで、米沢、六日町と何度か
訪問しました。
未だに録画したものを時々見ています。
| アナログ侍 | 2013/11/20 2:14 PM |
アナログ侍様

コメントありがとうございます。
11/12にもコメントいただいた方ですね。
天地人良かったですよね。
米沢、六日町、また参りたいです。
| いづな薫 | 2013/11/20 2:26 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1321783
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、サッカー日本代表、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中