大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 龍馬伝・中岡慎太郎役 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 天地人と、宮城カンガルー | main | ヤナセライフプレジール、トランヴェール >>
龍馬伝・中岡慎太郎役
中岡慎太郎役は上川隆也さん
龍馬ご贔屓の長崎芸者、お元(もと)に蒼井優さん、
のちの陸奥宗光、陸奥陽之助に平岡祐太さんだそうな。

 坂の上の雲で、壮年期の陸奥宗光が出ていますね。
大杉さんの陸奥宗光、好きです。
 昨日、陸奥宗光が亡くなったお屋敷に行って参りました。

大浦のお慶は、誰が演じるんじゃろーか。
いづな、大浦のお慶がとっても好き。
 
 彼女は、龍馬より7つ年上で長崎の旧家の生まれ。
しかし油屋だった家業は傾いていた。
そこで、25歳のお慶、起死回生の建て直しを図る。
商品は、油ではなく、日本茶。
当時、西欧諸国では、日本茶を飲むのが流行っていました。

 オランダ商船に積まれた大きな箱に隠れ、インド、上海に密航。
見つかれば、死罪はまぬがれまい。
 この密航お慶自身が行ったと言うので、行ったことは確かなのだろうが、残念ながらその目的は資料がなく明らかではない。
 お慶の家系が途絶えてしまっているので、史料も散逸したらしい。
しかし、日本茶が海外で好まれているのを知り、命がけの視察に行ったと言うのは想像に難くない。
 
 お慶は、長崎にいたオランダ商人オルトに、買ってくれないかと、日本茶の見本を渡します。
オルトは、アメリカ、イギリス、アラビアに見本を送り、3年後日本茶6tの、巨額の注文を携えて来日。
 
お慶は、かき集めた嬉野茶を海外輸出し、巨万の富を得ました。

 密航に失敗すれば、家も命もない。
家も命も、一か八かの運にかける勇気、成功させる運の強さ、商売の才覚、国際感覚、ビジネスで大成するに必要な才能をすべて兼ね備えています。
 この時代で言えば、長崎でしか生まれない女かもしれん。


 龍馬や大熊重信のスポンサーになって、幕末の志士たちを庇護したことでも有名です。
 志士たちは、お慶の屋敷に出入りしていたわけだが、
お慶は30代の若さで豪商で、若き志士たちのとの恋の噂もちらほら。
お慶がお風呂に入る時、志士の中から、背中を流してもらう人を指名するのだが、志士たちはその役目を奪い合ったとか。
 何だか、逆大奥みたいだな。笑
 上記の陸奥陽之助(宗光)も、背中流しやらされてます。

 頭が良くて決断力があって、いい女だったんだろうね〜。
ドレスなぞ着て、美形の龍馬と長崎でダンスなぞ踊る所を、ドラマで見せて欲しいぜよ。

【2009.12.22 Tuesday 11:57】 author : いづな薫 
| 龍馬伝 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
こんちわです。

個人的に上川さん大好きなんでかなり期待しております。

しかし僕は…

幕末〜明治〜近代にとても弱いので
お勉強するつもりで
来年の大河を見るつもりです。

| ニャン太夫 | 2009/12/22 12:40 PM |
ニャン太夫さま

お越しいただき、心より感謝申し上げます。

上川さんの中岡慎太郎、楽しみですね。
演技も上手いです。
中岡は、龍馬と共に散った人ですから、注目度も高いですね。
私も、彼らのお墓参りに何度か参りました。
 実写版で見られる龍馬&中岡が、とても楽しみです。
ニャン太夫さま、ぜひまた当サイトにいらして下さいね。
お待ちしております。
 
 

| いづな薫 | 2009/12/22 3:41 PM |
こんばんわ、いづな様

中岡慎太郎、来ましたね〜上川隆也さん!
大好きな役者さん、しかも中岡役なんでうれしくて、うれしくて。ごはん、あと5杯はいけますな(笑)

>大浦のお慶
誰なんでしょうね。これまた、いいキャスティングを期待したいですわ。

>彼等のお墓参りに何度か参りました。
龍馬&中岡のお墓参り、行きましたよ。相変わらず、お花の量が違いすぎるのが、なんとも。来年の今頃は、同じくらいになってるかな?その前に、涙涙で、大変なことになってるでしょうけど。


| sayuri | 2009/12/22 10:48 PM |
sayuriさま〜

お待ちしておりました!

>中岡慎太郎、来ましたね〜上川隆也さん!
大好きな役者さん、しかも中岡役なんでうれしくて、うれしくて。ごはん、あと5杯はいけますな(笑)

 お好きな役者さんで、めでたしめでたし。
演技力のある方なので、安心して見てられますね.
 大浦のお慶、楽しみです。

>相変わらず、お花の量が違いすぎるのが、なんとも。来年の今頃は、

 先ず、龍馬の方へ行っちゃいますからね。笑
中岡が2日長く生きてくれたおかげで、事件の真相が少しわかったので、その点大変興味深いです
| いづな薫 | 2009/12/23 9:45 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1331728
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中