大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 歴史上人物の干支 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 坂の上の雲 感想 「留学生」  | main | 戦国宴会 >>
歴史上人物の干支
あけまして、おめでとうございます。
昨年中は、『戦国カフェ』にひとかどならぬご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。
 今年もどうぞよろしく、お願い申し上げます。
越後の龍・上杉謙信より、みなさまに、年賀状が届いております。


毘とん:虎穴御用達ブランド。以下参照。
    http://cafe.kenshingen.fem.jp/?day=20091010

 
 で、新年なので、歴史上の人物の干支を調べてみます。

まずは、虎穴ファミリーから。

われらがお屋形さま、上杉謙信が40回前の寅年の生まれなんです。
息子・三郎景虎が、1554年生、38回前の寅年。

上杉景勝は1才下の、卯年。

武田信玄は、1521年生まれ、巳年。

             日の出鏡もちかどまつお年玉凧

後は年齢順

毛利元就、1497年生まれ、巳年。
北条氏康、1515年、亥年。
明智光秀、1526年、戌年
織田信長、1534年、午年。 
豊臣秀吉、たぶん1536年、申年、ほんとにサルだああああ。
前田利家、北条氏政、1538年、戌年。
前田慶次郎、1541年、丑年。(生没年不詳なので、信用してはいけない、笑)
徳川家康、天文11年12月26日(1543年1月)生まれ、寅年。
竹中半兵衛、1544年、辰年。
黒田官兵衛、1546年、午年。
片倉小十郎、1557年、巳年。
直江兼続、石田三成、1560年、申年。
森蘭丸、1565年、丑年。
伊達政宗、真田幸村、1567年生まれ、卯年。景勝より一回り下。


さて、幕末編

勝海舟1823年、未年。
西郷隆盛、山内容堂、1827年、亥年。
松平春嶽、大浦のお慶、1828年、子年。
武市半平太1829年、丑年。
大久保利通、吉田松陰、1830年、寅年。
桂小五郎1833年、巳年。
岩崎弥太郎1834年、午年。午年がいると家が栄えるというが、典型例か。

坂本龍馬、小松帯刀、1835年、未年
龍馬は生まれた時、背中に毛が生えていたから龍馬と名付けたと言われています。

徳川慶喜1837年、酉年。
中岡新太郎1838年、戌年。
高杉晋作1839年、亥年。

ほかに調べた人おいででしたら、教えてちょ。

【2010.01.01 Friday 15:59】 author : いづな薫 
| 虎穴ブログ | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は色々とお世話になり誠に
有難うございました。
本年も旧年同様お付き合いくださりますよう
よろしくお願いいたします。
| ニャン太夫 | 2010/01/02 7:20 AM |
ニャン太夫さま

あけましておめでとうございます。
今年もご一緒に、あれこれ歴史語りをしましょうね。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
明日は早速、「龍馬伝」ですね。
番宣だけで、かなり見たい気満々なので、本当に楽しみです。
紅白は、結局どちらが勝ったのでしょうか。
| いづな薫 | 2010/01/02 10:44 AM |
はじめまして。 天輪0416と申します。
管理人さんのブログを拝見させていただきました。
私も歴史上の人物は干支と重ね合わせて覚えるようにしています。そうすると忘れませんし、人物像もはっきりしてきます。
私はブログを作り始めたばかりです。これからもよろしくお願いします。また来ます
| 天輪0416 | 2011/04/21 10:55 PM |
天輪0416様

初めまして、管理人いづな薫です。
コメント賜り、大変嬉しいです〜。

>私も歴史上の人物は干支と重ね合わせて覚えるようにしています。そうすると忘れませんし、人物像もはっきりしてきます。

おおっ素晴らしいですね!干支で特徴的な性格ってあるんでしょうか。笑
ブログ運営お互い頑張りましょう。
最近私は原発記事が多いですが、本当は歴史ブログです、汗。| 天輪0416様ブログにも後日遊びに参りますね。
| いづな薫 | 2011/04/22 10:36 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1335860
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中