大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 春日山城が、はげ山 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 龍馬 エヘンの手紙 | main | 春日山城が、はげ山 その2 >>
春日山城が、はげ山
 昨年から、気になっていたことがある。
謙信の城・春日山城の木が無残に伐採されていることだ。
何でこんなことをしたんだと、嘆いた。


そして、その答えの記事を読んだ。
伐採計画は、上越市のものである。
大正時代の春日山城の写真があり、それがはげ山だと言う。
それに、近付けるため伐採していると言う。やるなら徹底的にやりたいと言う意見も拝見した。

 何のために、長い歴史におけるそんな最近の写真に近付けようとしているのだ!?
 一説によると、謙信時代、木は生えていなくて、土に塩を混ぜ硬い土塁を作っていたという。

 北陸新幹線開通にあわせ、春日山城・建物そのものの復元の動きもある。
 はげ山にして謙信時代の塩土塁を造り、復元の城を建てても、それはまがい物でしかない。
 私は、これらの動きには、大反対である。
涙が出るほどの憤慨と、言っても良い。

謙信の城跡に、新たに重機が載るのを考えただけでもぞっとする。

  また、春日山城の近くに、上越市による廃棄物処理場設置計画があるという。
 春日山付近は、良い水がたくさん湧く。
 謙信時代の大井戸も、いまだに城の頂上近くに健在である。
大井戸は、周りの山に降った雨水が地下水となり、長い年月をかけて春日山にサイフォン式に湧く。
 遮水シートを施すと言うが、それが破損し地下水に染み込んで、この先何百年と言う長い間に辺り一帯が汚染されないと、言えるのだろうか。
 処理場の建物は、景観的には、良いわけがない。

 私は数え切れないほど、春日山城に行った。歴史好きの友人や、家族と共に、またはひとりでである。
 そんな物が建ったら、新幹線の高い交通費をかけて行かない。ホテルにも泊まらない。
 きっと、おうちで泣いている。
汗
 私の周りには、歴史好きが山ほどいるが、歴史に精通する人間ほど、現代の復元を望んでいない。
 
 風林火山の謙信以来、春日山城の観光客がぐっと増えたそうだが、「苦労して登ったのに(山はわずか180m)謙信の人生も分からないし、城もない。」と言う意見があるという。
 正直、来ないで下さいと申し上げたい。
山のあちこちにに置かれた説明版は、親切すぎるほどである。

 先日、金沢城のガイドさんと話す機会があった。
お城の敷地に入って来て、「お城はどこだ?」と聞く人がいると言う。
天守閣のみ、お城だと思っているのだと言う。

 市や県は、目に見えるお城を建てるのではなく、歴史保存に対する正しい理解を広く求めることこそ重要である。

 奈良の大仏は、出来た時は金箔が施されていた。
今は、銅の地色をさらしているが、金箔を貼り直すのか!?
 古墳は、木が鬱蒼と生えているのが多いが、出来た当時の姿にするため、木を伐採するのか!?

 自然風化したのなら、崩壊の恐れで保存修理が必要でない限り、人の手を加えるべきではない。
 
 長い年月をかけて、生えた樹木を一時の都合で伐採していいのか。
風化もまた貴重な歴史である。
 復元したいのなら、CGで十分である。

 史跡を、アミューズメントパークにしてはならない。
ディズニーは夢の世界だが、歴史的名所は現実の世界なのである。
博物館所蔵物、遺跡すべてそうだ。

 本物を通して、そこに生きていた人を知りたいと思うのである。

【2010.04.21 Wednesday 22:19】 author : いづな薫 
| 春日山問題 | comments(14) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
>風化もまた貴重な歴史である。
>復元したいのなら、CGで十分である。
>史跡を、アミューズメントパークにしてはならない。

深い言葉ですね。
| 晋作 | 2010/04/21 10:26 PM |
いづな様、こんばんは。
おっしゃるとおり、風化もまた歴史ですよね。だからこそ、皆、史跡に行くんじゃないんですかね?

確かに、天主閣があってこそお城だ!!って方、いらっしゃいますもんね。私の地元でも「お城って、どこですかー?」ってよく尋ねられましたし。目に見えんとだめなのかな?なんか、ヘンな方向へ行ってるような気がしますね。

産廃問題が出てるんですね。母の故郷も、似たような事になっていて、正直、帰るのイヤなんですよ。うーん、上越市には、是非再考を促したいところです。実行したらね、元には戻せないんですよ、どれだけ努力しても。だから、より慎重にお願いしたいです。

長々と失礼しました。では〜
| sayuri | 2010/04/21 11:21 PM |
いづなさん、初めまして。3年前にひょんなことから歴史小説にはまり、いろいろな小説を読み進めるうちに上杉謙信に惚れこみ、そのうち大河ドラマが「天地人」となり、こちらの日記を読むようになって1年半ぐらいになります。ずっと行きたいと思っていた春日山城に昨年の秋の終わりにひとりで行ってきました。「行きたい!」と思う気持ちを実現に動かした要因のひとつに、いづなさんの日記も含まれています。それほどいずなさんの日記には人の心を動かす歴史への想いがあふれていると思います。

春日山城に登るのは、太ったおばちゃんの私にとっては、とても大変なことでした。それでも木々の間を「ああ、こういうところを謙信公も家臣たちもひょいひょいと登ったのだな」と思いながら登るのはとても楽しく、登り切って眼下の街を観たときにはなんとも言えぬ感動の想いでことばが出ませんでした。このような風景を謙信公は見ていたのかと。

今日のいづなさんの日記タイトル「はげ山」にはショックを受けました。私もおうちで泣きたくなりました。ショックのあまり、書き込みしました。

長々と失礼しました。これからもいづなさんの日記、楽しみにしています。
| ぎんなん | 2010/04/22 10:49 AM |
いづなさん。こんにちは!今、ブログ読んでびっくりしました。
春日山がこんな事になっていたとは、「何を考えてるんだ上越市」と言いたいです。
私は歴史にも、環境問題にも詳しくはないけど、こんな事はすべきではない事位はわかります。

春日山は今のままが良いです。去年、いづなさんに連れて行って頂き、とっても良かったです。又、行って見たいなぁと思いました。
目先の事だけでやろうとしたら、長続きはしないし、良いもの壊すだけなのに
上越市には、もう一度考えてもらいたいですね。
| ruca | 2010/04/22 1:58 PM |
ずっとROMに徹しておりましたが、今回の記事を拝見して、居ても立ってもいられなくなったのでお邪魔します。
「春日山城が、はげ山」というタイトルだけで十分ショックです。
家人にも伝えたところ、憤慨しておりました。

3年前に家族で、またいづな様と初めてお会いしたこの地が今そんなことになっている…悲しいなんて言葉では言い表わせない。
またいつか訪れたいと思っていたのに…。

あの美味しい水がもう飲めなくなってしまうかと思うと、何とかして廃棄物処理場建設は中止して頂きたいものです。
それでも「歴史では飯は食えない」とばかりに市は設置を急ぐのでしょうか。
プラの住む県内も原発建設問題で揺れています。歴史だけでなく、自然環境も人間の欲望によって壊されたくないです。

久しぶりに書き込みするというのに、愚痴になってしまってすみませんm(_ _)m
| プランシェ | 2010/04/22 2:50 PM |
晋作さま

コメントありがとうございます。
歴史ブームで注目浴びるのは嬉しいのですが、史跡がアミューズメントのようになってしまっては、本末転倒ですよね。
晋作さま、またお越しくださいね〜。
| いづな薫 | 2010/04/22 8:37 PM |
sayuri様

コメント&メールいろいろありがとうございます!

>だからこそ、皆、史跡に行くんじゃないんですかね?

 仰るとおりですよ!模造品見に行くわけじゃないんですよね。

>目に見えんとだめなのかな?
 
 sayuri様の所でも、「お城どこですか?」がいますか。
目に見えないとだめって、想像力なさすぎますよね。
 産廃問題は困ったものです。お母さまの故郷もですか。
上越、本当は海の近くに予定したらしいんですが、反対され、春日山城の近くにだそうです。

>実行したらね、元には戻せないんですよ、どれだけ努力しても。だから、より慎重にお願いしたいです。

 本当にそうですわ。もう既に大きな木を相当切ってしまっています。
 視界不良で、人身事故でも起きたかと思いました。
樹木は、何十年〜何百年って大きくなってきたのに。
全く信じられないです。
| いづな薫 | 2010/04/22 9:17 PM |
ぎんなん様

初めまして、いづなです。
戦国カフェをご愛顧いただいていたそうで、今までの分も厚く御礼申し上げます。
謙信公に、惚れ込まれていらっしゃるとか。
私と同じですね。

>いずなさんの日記には人の心を動かす歴史への想いがあふれていると思います。

 書き手冥利に尽きます。過分にお褒めいただき、本当に感謝申し上げます。
 春日山お一人旅は、楽しかったですか。
私も、ひとりでも良く参ります。
 一人で歩いていると、謙信がふと向こうから歩いて来るような気がするんですよね。

>謙信公も家臣たちもひょいひょいと登ったのだな」

そうそう!
長野善光寺の裏に、「謙信物見の岩」と言う大石がありますが、彼がいかに身軽か分かります。笑
 まだでしたら、一度お出かけください。

>「はげ山」にはショックを受けました。私もおうちで泣きたくなりました。ショックのあまり、書き込みしました。

 私も泣きました。
こんな記事ばかりでないよう、祈りたいです。
 これからもご遠慮なく、コメントして下さいね。
謙信ファンの同志として、よろしくお付き合いください。
| いづな薫 | 2010/04/22 9:18 PM |
rucaさま

変わらない御贔屓、こころより感謝します。
コメント掲載もご快諾いただきありがとうございます。
春日山を、昨年ご一緒に旅行しましたね。
あの時も、伐採痕に驚きましたが。
ruca様は、歴史にも環境問題にもお詳しいですよ。
正しく認識していらっしゃいます。

>目先の事だけでやろうとしたら、長続きはしないし、良いもの壊すだけなのに

 仰るとおりです。歴史ブームが去ったら、どうするんでしょうね。史跡を壊しただけになったとしたら、ぞっとします。
史跡は、何百年単位で考えないといけませんよね。
| いづな薫 | 2010/04/22 9:19 PM |
プランシェ様

いつもお世話になっております。
メールもありがとうね。
正直、私も今回のことには精神的苦痛を感じました。

 プラ様とは、春日山の街中で待ち合わせて、初めてお会いしましたね。
あのあたりから見える山が、はげています。泣
その後も旅行に行ったり、ご飯食べに行ったり、お付き合いが続き嬉しい限りです。
 ご家族様も反対ですよね。そりゃそうですわ。

>「歴史では飯は食えない」とばかりに市は設置を急ぐのでしょうか。

 だとしたら、間違っていますよね。
プラ様の所も原発建設問題があるのですか。
 歴史保存も実は、環境問題と大きくかかわりがあります。
 メールのやり取りも楽しいですが、「戦国カフェ」も、お書き込みをお待ちしておりますよ〜。
 ぜひお越しください。
| いづな薫 | 2010/04/22 9:19 PM |
上越市議の先生が推進しているのでしょうか?

高田駅も高田城を復刻した
デザインとのことのようですが
どうみても欧州のヒュッテみたいですし

上越市は松平の高田城
(疑似天守=三階櫓は建造済)
掘の越後福島城
そして春日山城を
北陸新幹線脇野田(上越)
開業までに整備する気満々らしいです
| 名無し | 2010/04/23 12:30 AM |
名無し様

コメントどうもありがとうございます!
上越市がやっているようです。

>高田駅も高田城を復刻した
デザインとのことのようですが
どうみても欧州のヒュッテみたいですし

日本スキー発祥の地だからでしょうか。
JR東日本は、脇野田駅に新幹線全停車を避けたいようです。乗降客は日に120〜30人位の駅だそうですものね。
城復元しても、歴史好きな人々には喜ばれず、乗降客も少ないとなると、観光の目玉にはなりにくいですよね。
| いづな薫 | 2010/04/23 10:18 PM |
いづなさんご無沙汰しております・・・。
本当にネット署名集めたいくらい!!
価値をわかっていない人たちに
聖地をいじくりまわされるこの虚しさ・・・。
地元だから見えないことや
わかっていないことがたくさんあると思われます。

「エア城」のみならず
産廃施設で奇跡の春日山サイフォンを台無しにするとな?!!
ありえないありえないありえないぞ〜〜〜!!!(怒)

われらエア城愛好会(?)は
断固として伐採開発&産廃施設建設に反対いたします!

埋蔵文化センターでCGシアターを作り
人の心に届く正しき歴史認識を展示するコーナーを
強化するべきだぁぁ〜〜!!!






| かめこ | 2010/04/24 4:18 PM |
かめこ様

先ほどはお話しできて楽しかったです。
ネット署名、いいですね。
何か行動を起します!!
史跡の価値を、もっと広めないといけませんね。

>断固として伐採開発&産廃施設建設に反対いたします!

 何でこんな前世代的な問題が公然と出てくるんだろうねえ。
これだけエコエコって言っているのに。

>埋蔵文化センターでCGシアターを作り
人の心に届く正しき歴史認識を展示するコーナーを

 仰るとおりです。
豪勢なCG作って欲しいです。
| いづな薫 | 2010/04/24 9:55 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1368902
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と環境に優しい生活、家族を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、クラッシック、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住、今東京/Tokyo

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中