大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 龍馬伝感想「怪物、容堂」 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 春日山城が、はげ山 その3 | main | 春日山城問題 >>
龍馬伝感想「怪物、容堂」
自分は名君だと思っている暗君・容堂、怪物ぶり発揮してましたね。
ブラック武市の以蔵を使った、暗殺と言う手法は、恨みが連鎖するだけでおおよそ何の改革も生まない。
 以蔵の、疑問を抱きながら、手を汚す姿が哀れだ。

 武市も、妻富(とみ)とのおしどり夫婦ぶりが有名で、本来は決して悪い人間ではない。
 土佐勤皇党で脱藩した人物に、吉村寅太郎と言う人物がいる。
吉村寅太郎は、武市半平太&富夫妻に子供がいないので、富に言い含めて実家に帰し、半平太に女性を送り込む。
 昔、跡継ぎがいないのは禄がなくなり家が廃るので、一大事とされた。
 しかし、半平太はその女性とは浮気せず、ひたすら富の帰りを待ったと言う。
 富が帰ってきた時、半平太があんまり喜ぶので、富が驚いたと言うような話が伝わっている。

 一方龍馬は、進むべき道を見つけ、幸せそうですね。
ここでも、龍馬が山内容堂に会った時の、やり取りの緊迫感にはらはらした。
 ドラマならではの、見せ場である。
 これから描くのかもしれないが、史実では、勝海舟が、容堂に働きかけ、龍馬の脱藩罪は許されている。
 龍馬は、脱藩罪を赦され、晴れて土佐の家族に手紙を書くことが出来たのである。 
 
 佐奈や千葉家の人々は、もうあまり出て来ないのかな?
佐奈は浮世絵になるほどの美人で、腕も立ち、武士のような心栄えで、当時有名な女性だった。
 龍馬が手紙の中に、加尾より佐奈が美人だと書いている。笑
ドラマでは、どらちらも綺麗だが。
 佐奈のことを龍馬は姉乙女に宛てて、「心栄え大丈夫にて、男子など及ばず、それにいたりてしづかなる人なり」と褒め称えている。

 龍馬と佐奈は結婚することはなかったが、ふたりの間に恋があったのは確かだろう。
 
 佐奈は、龍馬の婚約者だったと、晩年語り、千葉家のもうひとつの家業・鍼灸を生業として、その生涯を閉じた。
 墓は、甲府市内の清運寺にある。享年59才。

【2010.04.26 Monday 13:01】 author : いづな薫 
| 龍馬伝 | comments(4) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
はじめまして。洋の東西問わず歴史大好き人間です。
「龍馬伝」で検索して辿り着きました。
歴史に関する多岐に渡る知識に感服つかまつりました!
実は「龍馬」については、通り一遍の歴史的事実と
小説やドラマから得た情報しか存じませんので
こちらで勉強させて頂きとうございます。

「龍馬伝」は歴史的事実とのズレが有るようですが、
ドラマとしては中々面白く観ております。
怪物・容堂は迫力でした。東洋亡き後の怪物キャラ担い手?
これから武市&土佐勤皇党の身に降りかかる悲劇が、
あの復讐心に萌えた・・・もとい、燃えた暗い眼に見えました。
持ち上げ喜ばせてからドン底に叩き落とす。恐いです。

先がわかっちゃいるけど展開を楽しみにしてしまう、
歴史ドラマって本当に魅力的です。
長々のコメントで失礼しました。
今後とも宜しくお願い致しまする。
| 湛 | 2010/04/28 3:00 PM |
湛さま

初めまして。いづなです。
この度は、嬉しいコメント賜り、心より感謝申し上げます。

歴史お好きですか。私と一緒ですね。

>こちらで勉強させて頂きとうございます。

もったいないお言葉です。
ご一緒に歴史を楽しんで参りましょう。
ドラマ龍馬伝、面白いですよね。
よく出来ています。

容堂、不気味ですね。

>先がわかっちゃいるけど展開を楽しみにしてしまう、
>歴史ドラマって本当に魅力的です。

おっしゃる通りです。
こちらこそ宜しくお願い致します。
湛さま、ぜひまたいらして下さいね。
首を長くして、お待ちしております!
| いづな薫 | 2010/04/28 5:38 PM |
容堂さん、酔っ払いすぎだよ(T〇T)

武田鉄也は山内家が大っ嫌いなのはしっていましたが、その理由がわかる気がします。

藩主の座にあぐらをかく傲慢さ、身分制度による差別意識。

戦国時代の山内一豊と千代の手と手を取り合う愛の絆はもはや見る影なし...幕末の山内家が一種の「華麗なる一族」?状態

築きあげた藩主の座はあくまで一豊と千代の汗と涙の積み重ねが基本になっているはずなのに...それは単にもちあげすぎかな?

 史実ではどうかは知りませんが、容堂さんの評判は身分制度から考えてあまりよろしくない気がします。いづな様の意見はどうでしょうか?
| zebra | 2010/04/29 7:51 AM |
zebraさま

コメント嬉しいです。ありがとうございます!

>武田鉄也は山内家が大っ嫌いなのはしっていましたが、

そうなんですか、笑。
龍馬ファンだから、さもありなんです。

>戦国時代の山内一豊と千代の手と手を取り合う愛の絆はもはや見る影なし

一豊と千代の家系と言うのが不思議ですよね。

>華麗なる一族??状態

華麗なる、は、こういうドラマだったんですか。

容堂は開明派だったけれども、優秀だったのは龍馬を始めとする主に下士たちです。
長州のように、「そうせい、そうせい」と言ってくれる害のない殿様でもなく、島津斉彬のような名君でもないです。
詩は上手かったらしいですが。笑
| いづな薫 | 2010/04/29 9:21 AM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1370062
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中