大河ドラマ 龍馬伝 幕末 古代 上杉
since 2007.5.21 春日山城問題 | 戦国カフェ
   
 
戦国特に上杉家、幕末、古代、歴史を愛する日記です。時事問題も多いです。
 
<< 龍馬伝感想「怪物、容堂」 | main | 上越市議の滝沢さまより、コメント賜りました。 >>
春日山城問題
この度の春日山城伐採問題で、いろいろご意見、ご尽力をいただいております。
コメント下さった方、ご自身のブログに書いて下さった方、市に陳情して下さった方、実際見に行って下さった方、皆様に心より感謝申し上げます。

現在情報が錯綜しており、市の1日も早い正確な情報公開を望みます。
公開後、皆様、またご一緒にお考えくださいませんか。

私も、また考えをまとめてここにまた記したいと思います。
只今、仕事終了が深夜を回るため、コメントのお返事遅れております。
必ず、お返事申し上げますのでお待ちください。
申し訳ございません。

皆様にいつも感謝申し上げます。

いづな薫

【2010.04.28 Wednesday 12:53】 author : いづな薫 
| 春日山問題 | comments(8) | trackbacks(0)|
この記事に関するコメント
いずなさん、こんにちは。
大変ご無沙汰しております。

私事でバタバタしている間に、春日山が大変なことになっておりました。
なんと! 春日山城の木が切られているっ!
つまりそれは、歴史を刻んできた山自体を破壊している、ということ?!

驚きました…。
もう言葉もありません。

いずなさんの記事を読みふけり、その理由をなんとなくですが把握したものの、納得がいかず。
行きたい、訪れたい、と思いつつも、いまだ行けていなかった春日山城が、もうすでにその姿を変えている。そして今現在も、身勝手な現代人の手によって破壊され続けている。

悲しいです。

私の住む町も古代国府の置かれたところで、史跡があちこちにある町ですが、つい先日、お花見がてら城跡を訪ねたところ、去年まであった桜の木が十数本無残にも切られ、不必要な遊歩道の建設が進んでおりました。

行政は、なぜこんなところに手を加えたがるのでしょうか。
加えるにしても、やり方があるのではないか、と思えてなりません。

どうすれば無意味な開発を食い止められるのか。
わたしも考えつつ、ブログに紹介させて頂きたいと思います。
貴重な情報をありがとうございました。
| ひまわり日和 | 2010/04/29 10:18 AM |
先輩方のコメントには
いつも啓蒙されつつ
楽しく読ませて頂いております

先日のコメントで
ミルキー様が
「建物を復元するのではなく、
精巧なジオラマを建物の中に作って展示する」
というアイデアをご提案なさっていたのを
興味深く拝読いたしました。

米沢藩の支城(中条氏)だった
鮎貝城では600周年の記念に
小さな復元模型を作って本丸の「鮎貝城鞘殿」に飾ってありますね

信長公の安土城も
どこかに縮小サイズの模型があった気がします

学研の歴史ムックにも
全国の大名の居城が
CG再現映像や模型の写真が載っていて
見るだけでもワクワクして充分楽しいですし。

春日山城も木を全部切り
巨大な建造物を多額な費用で復元するより
いくらでも他の方法を検討する余地があると
愚考いたします。
| けろ | 2010/04/29 10:26 AM |
わしにも、出来る事があれば、協力させていただきます。
| 高田城城下人 | 2010/04/29 10:54 AM |
いづなさん、みなさん、ずっと春日山の問題を読んでいます。市議の方のコメントも読みました。これからも読みます。続けてここに記載していただけるとうれしいです。私もできることがあれば、なんらかの形で参加したいと思います。

PS:いづなさん、私、以前の書き込みで「いずなさん」と書いてしまった部分がありましたね。申し訳ありませんでした。
| ぎんなん | 2010/04/29 2:56 PM |
ひまわり日和様

コメントどうもありがとうございます。 お元気ですか?

春日山ね…私もまだ今春確認しておりませんが、木は伐られているようです。

市議の滝沢さまのご意見にあった、上越市の計画書を熟考し、皆様のご意見を参考にしながら、また述べたいと存じます。

>桜の木が十数本無残にも切られ、不必要な遊歩道の建設が進んでおりました。

事前に広く市民に問うべき事柄なのかもしれません。

>わたしも考えつつ、ブログに紹介させて頂きたいと思います。

意見を述べることは、大事ですね。ネット良い手段です。
これからも何卒よろしくお願いいたします。
| いづな薫 | 2010/04/29 7:47 PM |
けろ様

コメント賜り、感謝申し上げます。

>鮎貝城では600周年の記念に
>小さな復元模型を作って本丸の「鮎貝城鞘殿」に飾ってありますね

おおそうですか!
拝見したいです。

>学研の歴史ムックにも
>全国の大名の居城が
>CG再現映像や模型の写真が載っていて

たぶん同じのを私も持っています。笑
そして、時々現地に参ります。
遥か昔の人が築いた城土台を見て感動してます。
けろ様、ぜひまたお話聞かせて下さい。
| いづな薫 | 2010/04/29 7:51 PM |
高田城城下人さま

援軍感謝申し上げます。
江戸住まいの私の方が援軍でしたね。笑
何か情報、アイデアなどありましたらご伝授下さい。
ご一緒に考えて参りましょう。
| いづな薫 | 2010/04/29 7:52 PM |
ぎんなん様

ようこそお越し下さいました。
コメント賜りまして、感謝申し上げます。
皆様と一緒にこの先も考えて参りたいです。
ぎんなん様のお考えアイデアも伺いたいです。
何卒宜しくお願いいたします。

>いづなさん、私、以前の書き込みで「いずなさん」と書いてしまった部分がありましたね。申し訳ありませんでした。

全く気にしておりませんので大丈夫です
〜笑。
お気遣い感謝申し上げます。
| いづな薫 | 2010/04/29 7:54 PM |
コメントする









過去のページへ
この記事のトラックバックURL
http://cafe.kenshingen.fem.jp/trackback/1370668
トラックバック

戦国カフェオリジナルグッズショップです。 戦国カフェオリジナルグッズショップへ
    いづなへメール

 仕事(技術・研究系)と人と環境に優しい生活を愛する普通の人。
時事問題、歴史、環境、料理、欧州サッカー、野球、音楽、登山、茶道、語学、刀剣鑑賞。
かつてはドイツ黒い森地方に学究のため在住→東京→Toronto

   当サイトは、コピー、転載、ダウンロード、直リンク、持ち出しは禁止です。
◆ 著作権はすべて、
いづな薫に属します。
 過去のページへ


   にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
   にほんブログ村。
   ランキングはお休み中